*

オリンパスがミラーレス一眼「E-P5」を発表

公開日: : 最終更新日:2013/07/03 オリンパス

オリンパスがミラーレス一眼「PEN」のフラッグシップモデルである「E-P5」を6月下旬に発売することを発表しました。

 

OLYMPUS マイクロ一眼 PEN E-P5 17mm F1.8 レンズキット(ビューファインダー VF-4セット) ブラック E-P5 17mm F1.8 LKIT BLK

 

OLYMPUS マイクロ一眼 PEN E-P5 17mm F1.8 レンズキット(ビューファインダー VF-4セット) ブラック E-P5 17mm F1.8 LKIT BLK

 

 

特徴は「5軸対応手ぶれ補正機構」「Wifi搭載」「1/8000秒のシャッター速度に対応」などです。

 

2011年7月に発売された「E-P3」の後継機ですので、2年ぶりのモデルチェンジになります。

 

前回の記事で書いた通り、今回は5軸対応手ぶれ補正機構を内蔵しているなど、「E-PL5」とは明確な差別化をしたフラッグシップモデルになりました。

 

※オリンパスが「E-P3の後継機」を展示

http://camera-hikaku.com/archives/1002

 

カラーは「シルバー」「ブラック」「ホワイト」の3種類。

 

キットレンズとのセットは、下記の3種類です。

 

1 ボディーキャップレンズセット (10万円前後)

2 17mm F1.8レンズキット (14万円前後)

3 14-42mmレンズキット (12万円前後)

 

2と3のレンズキットには、電子ビューファインダーの最新機種である「VF-4」が同梱されています。

 

※オリンパスが236万ドット液晶のビューファインダー「VF-4」を発表

http://camera-hikaku.com/archives/1075

 

注目は「17mm F1.8レンズキット」ではないでしょうか?

 

このレンズは、F値が非常に明るいですし、E-P5の5軸対応手ぶれ補正機構と組み合わせれば、今までは撮影ができなかった薄暗い所でも、手持ちで撮影ができそうです。

 

17mm F1.8 のレンズを既に購入されている方は、必要がないかもしれませんが、持っておられない方にとっては、これが一番いいかもしれませんね。

 

また、電子ビューファインダーも同梱されていますので、別途購入する必要がありません。

 

晴れた日に撮影をする場合、電子ビューファインダーがあれば、非常に撮影が楽になることは分かっていても、別売で購入するとなると、値段が少し張りますので、購入をためらう方が多いのではないでしょうか?

 

そのようなことを考えると、レンズキットとして購入することで一緒に手に入れておく方が精神的にも楽ですよね。

 

また、オリンパス恒例の発売記念キャンペーンとして、17mm F1.8レンズキットを購入すれば、レンズフード「LH-48B」とプロテクトフィルター「PRF-D46 PRO」をプレゼントで受け取ることができますので、購入する場合は、キャンペーン期間中に、購入するといいと思います。

 

レンズフードも別途購入するとなれば、フードに何千円もかける方は少ないので、やはり、付けずに撮影される方が多いと思います。

 

その点、キャンペーンで手に入れておけば、精神的にも得した気分になりますので、キャンペーン期間中に購入するのがお勧めの買い方だと思います。

 

 

ちなみに、E-P5の「プレミアムモデル」も数量限定で発売されます。

 

OLYMPUS マイクロ一眼 PEN E-P5 14-42mm レンズキット(ビューファインダー VF-4セット) ホワイト プレミアムモデル E-P5 14-42mm LKIT WHT PR

 

OLYMPUS マイクロ一眼 PEN E-P5 14-42mm レンズキット(ビューファインダー VF-4セット) ホワイト プレミアムモデル E-P5 14-42mm LKIT WHT PR

 

 

これは、E-P5のグリップが「ウッドグリップ」になっています。

 

このグリップはカナダ産のカーリーメープルを採用したグリップということもあってか、見た感じでは高級感があります。

 

E-P5は、E-PL5と違って、グリップ交換ができないため、ウッドグリップ付きのE-P5が欲しい場合は、プレミアムモデルを注文して下さいね。

 

※E-P3,E-PL5 大型グリップ

http://camera-hikaku.com/archives/811

 

プレミアムモデルは、受注販売になり、どのレンズがついているモデルでも注文ができます。価格は、ベースとなるモデルに6000円アップで注文ができます。

 

 

ここでは、前モデルである「E-P3」についての使用感などをコメントしておきます。

 

カメラ比較.com では、「E-P3」と「E-PL3」を発売と同時に購入し、両機種とも使用しています。

 

が、実際の所、「E-PL3」の方が圧倒的に持ち出す回数が多かったため、「E-P3」は、2年経ったにも関わらず、ほぼ新品に近い状態で保存されています。

 

その理由は「E-P3」はフラッグシップモデルでありながらも、「E-PL3」と大きな違いがなかったからです。

 

まず、画質は「E-PL3」と全く同じです。

 

そして、E-PL3は液晶が可動式であるにも関わらず、「E-P3」は固定式の有機ELを採用していました。

 

ローアングルで撮影をする時は、可動式の液晶は本当に便利なのですが、フラッグシップであるにも関わらず「E-P3」は可動式ではないので、その点が不満でした。

 

また、カメラ比較.com の管理人は、フラッシュをほとんど使わないにも関わらず、フラッシュが内蔵されていますので、その分、大きく重くなっているのも、少し不満でした。

 

そのため、同じ持ち出す場合、小型軽量で液晶が可動する「E-PL3」ばかりを持ち出していたのです。

 

一眼レフを持ち出して撮影をする時は「今から撮影に行くぞ!」という気分で、撮影のために持ち出すのですが、PENを持ち出す時は、撮影に行く時よりも、常に持ち歩く時に、カバンの中に入れておくという感じになります。

 

いつもは「PEN」をカバンの中に入れておき、撮影に出かける時は光学ファインダーがついている一眼レフを持ち出しますので、少し大きめのミラーレス一眼である「E-P3」は立ち位置が微妙なため、どうしても稼働日が少なくなってしまいました。

 

もし、「OM-D E-M5」を購入していたら、E-PL3 とはセンサーも違いますし、画質もワンランク上ですので、撮影に出かける時に、一眼レフの代わりとして持ち出したかもしれません。

 

しかし、E-PL3があれば、E-P3と同じ写真が撮れてしまいますので、どうしても、少し大きくて重い「E-P3」の稼働日数は少なくなってしまいました。

 

が、今回発表された「E-P5」は、「E-PL5」を持っている方でも「5軸手ぶれ補正」や「Wifi内蔵」など、明確な違いがありますので、撮影状況などによって、棲み分けができそうです。

 

まず、薄暗い所で撮影する可能性がある場合は、5軸対応手ぶれ補正機構がある「E-P5」と「17mm F1.8」や「ED 12mm F2.0」、「45mm F1.8」などの単焦点レンズとの組み合わせ。

 

それ以外にも「フラッシュ」を使って撮影をする場合は、フラッシュ内蔵の「E-P5」の出番になります。

 

また、マクロ撮影の時も、5軸対応手ぶれ補正機構が使えますので、「E-P5」と「ED 60mm F2.8 Macro」の組み合わせが有効です。

 

望遠撮影の時も、5軸対応手ぶれ補正機構が効果を発揮しますので、「ED 75-300mm F4.8-6.7 Ⅱ」との組み合わせの時も、「E-P5」がベストです。

 

さらに、SNSに投稿する写真を撮る場合なども、Wifi内蔵の「E-P5」の出番になります。

 

逆に言えば、それ以外の時は、小型軽量である「E-PL5」を持ち出すといいですね。

 

昼間に撮影する場合など、明るい所での撮影や、広角レンズ「ED 9-18mm F4.0-5.6」や標準レンズ「14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R」「ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ」との組み合わせの時などです。

 

「E-PL5」を所有されている方にも、魅力たっぷりの「E-P5」だと思います。

 

OLYMPUS マイクロ一眼 PEN Lite E-PL5 レンズキット ホワイト E-PL5 LKIT WHT

 

OLYMPUS マイクロ一眼 PEN Lite E-PL5 レンズキット ホワイト E-PL5 LKIT WHT

 

 

「E-P5」と「E-PL5」の比較記事は、下記のURLをクリックして読んで下さいね。

 

 

※「E-PL5」と「E-P5」の比較

http://camera-hikaku.com/archives/1117

本日のバーゲン情報
【緊急値下げ】 Canon / Nikon / OLYMPUS / PENTAX

【タイムセール】 一眼レフ・ミラーレス一眼・ビデオカメラ

【70%OFF】 コンパクトデジタルカメラ



adsense

adsense

関連記事

olympus

オリンパス OM-D 「E-M1」と「E-M5」の比較

オリンパスは、2013年9月10日、フラッグシップ機の「E-M1」を発表しました。  

記事を読む

olympus

オリンパス 「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO」の特徴

オリンパスは2013年9月10日、マイクロフォーサーズ用の望遠ズームレンズ「M.ZUIKO DIGI

記事を読む

olympus

オリンパス 「E-PL5」と「E-PL6」の比較

オリンパスが2013年5月10日に、ミラーレス一眼カメラの「E-PL6」を発表しました。 OLYM

記事を読む

olympus

オリンパス 「広角ズーム」と「超望遠レンズ」をロードマップに追加

  「デジカメWATCH」のホームページに、オリンパスが「OM-D E-M1の発表会」の

記事を読む

olympus

オリンパス 300mmF2.8相当のレンズ搭載デジカメ「STYLUS 1」の発売日を発表

オリンパスは、35mm換算で「28~300mm相当」の全域で、F2.8の大口径高性能レンズを搭載する

記事を読む

olympus

オリンパス 「ローパスフィルター」について

オリンパスは「ローパスフィルター」がないことを公式に明言しているのは、先月発表されたフラッグシップ機

記事を読む

olympus

オリンパスが「17mm F1.8」「45mm F1.8」「ED 75mm F1.8」のブラックカラーを発表

オリンパスが既に発売している「17mm F1.8」「45mm F1.8」「ED 75mm F1.8」

記事を読む

olympus

オリンパスが「ボディーキャップレンズ」のシルバー、ホワイト、レッドを発表

オリンパスがマイクロフォーサーズ用に、現在はブラックカラーのみで発売をしている「ボディーキャップレン

記事を読む

olympus

オリンパス 「M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8」の最新ファームウェアを公開

オリンパスは、2013年9月10日に「M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8」の最新版の

記事を読む

olympus

オリンパス 「E-M1」の特徴

オリンパスは、2013年9月10日、ミラーレス一眼のフラッグシップ機「E-M1」を発表しました。

記事を読む

写真ブログ


本日の女性ポートレイト・ランキング

本日のデジタル一眼レフカメラ・ランキング

本日のカメラ・レンズ・撮影機材・ランキング

お祭りやイルミネーションの写真集



ツイッター


ちょっと気になるカメラ情報はツイッターでお届けしています。
素敵な写真はリツイートしていますので、是非、フォローして下さいね。

カメラ比較.com の管理人のツイッター



コメント


カメラ比較.com では、コメントやメッセージを受け付けています。
ご意見やご要望、気がついたことなどは、下記から投稿して下さいね。
メールアドレスとウェブサイトは省略可能です。
コメントは承認後に表示されます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

adsense

no image
ポートレイト写真集(栗原優梨亜)Part.2

2015年3月28日に、フレッシュ撮影会にてポートレイト撮影をしてきま

no image
ポートレイト写真集(栗原優梨亜)Part.1

2015年3月28日に、フレッシュ撮影会にてポートレイト撮影をしてきま

panasonic1
パナソニック 「LUMIX GH4」の空間認識AFは他社製レンズでは機能しない。

パナソニックは「LUMIX GH4」を2014年4月24日に発売しまし

nikon
ニコン1で「FXレンズ」に要求される解像度は1億画素以上

ニコンは、2014年3月13日に、「Nikon1 V2」の後継機になる

nikon
ニコン 「1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6」は「土星の輪」も解像する。

ニコンは、2014年6月30日に、「Nikon1」用の望遠レンズ「1

→もっと見る



PAGE TOP ↑