*

オリンパス 「E-PL5」と「E-P5」の比較

公開日: : 最終更新日:2013/06/04 オリンパス ,

オリンパスが2013年5月10日に、ミラーレス一眼カメラの「E-P5」を発表しました。

 

OLYMPUS マイクロ一眼 PEN E-P5 17mm F1.8 レンズキット(ビューファインダー VF-4セット) ブラック E-P5 17mm F1.8 LKIT BLK

 

OLYMPUS マイクロ一眼 PEN E-P5 17mm F1.8 レンズキット(ビューファインダー VF-4セット) ブラック E-P5 17mm F1.8 LKIT BLK

 

 

そこで、早速ですが、「E-PL5」と今回発表された「E-P5」の比較をしていきますね。

 

「E-PL5」と「E-PL6」の比較は下記をご覧下さい。

http://camera-hikaku.com/archives/1116

 

また、「E-PL5」から「E-PL6」へのバージョンアップで追加された機能は、すべて「E-P5」に搭載されています。

 

そのため、「E-PL6」にあって「E-P5」にはない、という機能はありませんので、大きくて重たくなることを除けば、性能面で「E-P5」が「E-PL6」に劣っている所はありません。

 

そのため、「E-P5」を購入した後に、やっぱり「E-PL6」にしておいた方が良かった。。。と後悔することはないと思います。

 

「E-PL5」と「E-P5」はシリーズが違いますが、それでも比較する理由は、「E-PL5」を既に購入された方の多くは、少しだけ機能が多くなった「E-PL6」よりも、大幅に機能アップされている「E-P5」の方が興味があると思うからです。

 

「E-PL5」から「E-PL6」のアップグレードは、追加機能がメインですので、比較記事で書いたとおり、買い換えや買い増しをされる方は、少ないと思います。

 

しかし、「E-PL5」と「E-P5」は、全く違うモデルですし「E-PL5」をお持ちの方でも「E-P5」を購入したいと思うモデルだからです。

 

というわけで、「E-PL5」と「E-P5」の比較記事を書いていきますね。

 

まずは、共通点から書いていきます。

 

 

共通点

 

1 センサーが同じ

 

両機種とも、1605万画素で、アスペクト比が4:3のセンサーを搭載しています。

 

2 画質が同じ

 

両機種とも「OM-D」画質です。

 

 

「E-P5」だけにある機能

 

 

1 5軸手ぶれ補正機構を内蔵

 

「E-P5」は5軸手ぶれ補正機構を内蔵しています。

しかも、「OM-D E-M5」にはなかった流し撮りにも対応しています。

 

5軸手ぶれ補正機構を内蔵することによって、「E-PL5」の手ぶれ補正機構では困難だった下記の状況でも、手ぶれ補正機構が大幅に強くなります。

 

「マクロ時」の手ぶれ補正が強力に。

「シャッタースピードが遅い時」の手ぶれ補正が強力に。

「動画撮影時」も手ぶれ補正が効く。

「望遠撮影時」の手ぶれ補正も強力になった。

「流し撮り」の時でも手ぶれ補正が強力に効く。

「ライブビュー撮影時」に手ぶれ補正が効いた画面を見ることができる。

 

他にもあるかもしれませんが、まずは、上記の状況では確実に、5軸手ぶれ補正の効果が現れると思います。

 

そのため、マクロ撮影をする時、薄暗い所で手持ち撮影をする時、動画撮影をする時、望遠レンズで撮影をする時、流し撮り撮影をする時、正確なフレーミングをしたい時などは、「E-PL5」よりも「E-P5」を使う方がシャッターチャンスを物にする確率が高いです。

 

 

2 Wifiを内蔵

 

「E-P5」はwifiを内蔵していますので、SNSなどに写真をアップする時に、かなり便利になります。

 

また、スマートフォンでのGPSタグをカメラ内の写真に追加することも可能ですので、旅先で撮影した場所が分かりますので、旅行の時には活躍します。

 

そして、スマートフォンで、E-P5のシャッターをリモート操作することも可能になります。

 

「E-PL5」でも東芝のFlashAir を使うことで、スマートフォンに撮った写真を転送することは可能ですが、「E-P5」になると、上記のこともできるようになります。

 

 

3 最高1/8000秒の高速メカニカルシャッターを搭載

 

「E-PL5」は最高1/4000秒ですが、「E-P5」は最高1/8000秒の高速メカニカルシャッターを搭載しています。

 

そのことで、明るい場所でも、絞り開放で撮影できることが多くなります。

 

特に、単焦点レンズを使う方には、絞り開放が使えることが多くなりますので、うれしい機能です。

 

 

4 「2×2ダイヤルコントロール」を搭載

 

「E-P5」は「2×2ダイヤルコントロール」とオリンパスが名付けていますが、ダイヤルを2つ搭載しています。

 

そして、撮影時によく使う「絞り/シャッター速度」「露出補正」「ISO感度」「ホワイトバランス」などの機能をダイレクトにダイヤル操作ができるようになりました。

 

「E-PL5」や「E-PL6」はダイレクトではなく、メニュー画面を出してから設定しないといけなかったので、「2×2ダイヤルコントロール」があれば、操作が劇的に改善されそうです。

 

 

5 「フォトストーリー」機能を搭載

 

「E-P5」は、時間軸で発生する物語を一枚の写真として留める、オリンパスの新しいアート機能である「フォトストーリー 」を搭載しています。

 

「フォトストーリー」は、アートフィルターとはまた違った写真の表現方法です。

「E-PL5」では、できなかった表現も「E-P5」ではできるようになりました。

 

 

6 スーパースポットAF機能を搭載

 

「E-PL5」よりも、小さな枠で、オートフォーカスをすることができます。

 

指定したポイントを拡大し、その中心部分のみをAFポイントにすることができます。

しかも、拡大表示時は自動で手ぶれ補正が働き、ファインダー像も安定します。

 

マクロ撮影や望遠撮影時には、かなり便利な機能です。

 

 

7 スモールAFターゲット機能を搭載

 

「E-P5」は、AFターゲットサイズを小さくできるスモールAFターゲットを搭載しています。

 

通常の35点のエリアAFでは、少し大きすぎると感じる時がありますが、この機能を使うことで、1点あたりのフォーカスエリア面積を小さくしたAFエリアを選択することができます。

 

これは、じっくりと撮影する時には、非常に便利な機能です。

 

 

8 「フォーカスピーキング機能」を搭載

 

画面内のシャープな部分を黒もしくは白で表示でき、どこにピントが合っているかを一目で確認できます。

 

 

9 フラッシュを内蔵

 

ガイドナンバー7・ISO100/ガイドナンバー10・ISO200のフラッシュを内蔵していますので、外付けフラッシュを持ちあるく必要がなくなります。

 

「コマンダー機能」も搭載していますが、「E-PL5」や「E-PL6」に付属のフラッシュでも対応していますので、これは特に明確な違いではありません。

 

 

10 約104万ドットのアスペクト比が3:2の液晶を搭載

 

「E-PL5」は、約46万ドットでアスペクト比が16:9の液晶に対して、「E-P5」は約104万ドットとドット数が2倍以上も多いです。

 

また、通常、写真を撮るときは、3:2のアスペクト比を使うことが圧倒的に多いですので、撮影した写真を見る時は「E-P5」の方が、はるかに大きく再生できますので、ピント確認が容易です。

 

11 約9コマ/秒の連写機能

 

ピントと露出は連写1コマ目で固定されますが、手ぶれ補正をオフにした時は、「E-PL5」が約8コマ/秒に対して、「E-P5」は約9コマ/秒の連写機能があります。

 

 

 

「E-P5」と「E-PL6」の共通機能

 

PEN Lite シリーズが「E-PL5」から「E-PL6」にマイナーチェンジしましたが、その時に「E-PL6」に追加された機能は、すべて「E-P5」に搭載しています。

 

「E-PL6」にあって「E-P5」にはない、という機能はありませんので、「E-PL5」をお持ちの方は「E-P5」を買っておけば、後悔することは、まずないと思います。

 

 

1 「ISO LOW」を搭載

 

ISO100相当になる「ISO LOW」を搭載しています。

明るい日中で開放F値で撮影したい時には役立ちそうです。

 

 

2 「高速リレーズタイムラグモード」を搭載

 

最速で、約0.44秒のタイムラグで撮影することができますので、動いている被写体の撮影をする場合は、このモードはかなり役立ちそうです。

 

今までの機種では、タイムラグによって、シャッターチャンスを逃してしまったことが何回もありますので、スナップ写真などでは、特にこの機能を使えば、シャッターチャンスを逃すことが、かなり減りそうです。

 

ただ、バッテリーの消耗は早くなりますが、これは仕方がないですね。

 

 

3 「インターバル撮影」機能を搭載

 

最大で99枚なのが少し残念ですが、最長24時間まで設定できる「インターバル撮影機能」が搭載されました。

 

 

4 「タイムラプス動画」の自動作成機能を搭載

 

撮影した画像から、約10秒(99枚撮影時)のタイムラプス動画を自動で生成する機能が搭載されました。

 

こちらも、最大99枚というのが少し残念なのですが、タイムラプス動画がパソコンを使わなくても、自動で作成できるのはうれしい機能です。

 

すぐにできあがった画像を確認することができますし、ユーチューブなどにアップする時も「E-P5」なら、Wifiを使って、すぐにアップができそうですね。

 

 

5 「デジタル水準器」を搭載

 

「あおり」と「水平傾き」の2軸に対応しているデジタル水準器が搭載されました。

 

風景写真などを三脚などに固定して撮る場合、水準器は必須ですが、それが画面の中で確認できるとなれば、本当に便利ですね。

 

 

「E-P5」が「E-PL5」や「E-PL6」に劣っている所

 

1 モニター画面を見ながら、自分撮りができない。

 

「E-PL5」は上方向に約170度の可動式液晶を搭載していますが、「E-P5」は上が約80度の可動式液晶ですので、モニター画面を見ながら、自分撮りをすることができません。

 

 

まとめ

 

「E-P5」ですが、機能面を比較すると、「OM-D E-M5」のミニバージョンみたいなスペックですね。

 

しかも、「E-M5」よりもスペックで上回っている所もあります。

 

ちなみに、自分撮りができない所も「OM-D」譲りです。(^^)

 

OLYMPUS デジタルマイクロ一眼カメラ OM-D E-M5 レンズキット ブラック

 

OLYMPUS デジタルマイクロ一眼カメラ OM-D E-M5 レンズキット ブラック 1605万画素 144万ドット電子ビューファインダー 5軸対応手ぶれ補正 防塵 防滴 OM-D E-M5 LKIT BLK

 

 

「E-PL5」をお持ちの方が「E-PL6」への買い換えや買い増しの場合、違いは下の方に記載した5点だけになりますが、「E-PL5」から「E-P5」への買い換えや買い増しの場合、なんと、10点以上も機能アップをすることができますし、小さなOM-Dを手に入れたような「所有する喜び」も手に入れられるのではないでしょうか?

 

特に、「E-M5」をお持ちでない方にとっては、物欲がそそられると思います。

 

「E-P5」は外観も非常にいいですし、使わなかったとしても、飾っておいたり、持っているだけでうれしくなるようなモデルですね。

 

「E-PL5」を持っていても「E-P5」とは使い分けをすることができますので、「E-PL5」をお持ちの方は、買い増しが良さそうです。

 

ちなみに、「E-PL5」をお持ちの方が「E-P5」を購入された場合の使い分けは、下記の記事の下の方に書きましたので、興味がある方は読んでみて下さいね。

 

オリンパスがミラーレス一眼「E-P5」を発表

http://camera-hikaku.com/archives/1059

本日のバーゲン情報
【緊急値下げ】 Canon / Nikon / OLYMPUS / PENTAX

【タイムセール】 一眼レフ・ミラーレス一眼・ビデオカメラ

【70%OFF】 コンパクトデジタルカメラ



adsense

adsense

関連記事

olympus

オリンパス 「OM-D E-M5」と「E-M10」の比較

オリンパスは、ミラーレス一眼の新製品「OM-D E-M10」を2014年2月28日から発売予定です。

記事を読む

olympus

オリンパス 「TG-3」について

オリンパスは、防水タフモデルのフラッグシップモデル「TG-3」を海外で発表しました。 「TG-

記事を読む

olympus

E-P3,E-PL5 大型グリップ

E-PL5 に標準で付いているグリップは、厚みがあまりありません。   そのた

記事を読む

no image

ペンタックス WG-3 と オリンパス TG-2 Tough の比較

夏の季節になれば、海などに出かけた時に、防水デジカメが役に経ちますよね。  

記事を読む

olympus

オリンパス 「E-M1」のEVFについて

オリンパスが10月に発売されたフラッグシップ機「OM-D E-M1」について、デジカメWatch に

記事を読む

olympus

オリンパス 「E-P5」のレンズキットについて

2013年5月10日に、オリンパスは、ミラーレス一眼「PEN」のフラッグシップモデルである「E-P5

記事を読む

olympus

オリンパス 「TG-3」を発表

オリンパスは、2014年5月13日、防水タフモデルのフラッグシップモデル「TG-3」を国内発表しまし

記事を読む

olympus

オリンパス「OM-D E-M5」の最新ファームウェアを公開

オリンパスは2月19日に「OM-D E-M5」の最新ファームウェアを公開しました。Ver.1.6 に

記事を読む

olympus

オリンパスのテレコン「TCON-17X」がパナソニックの「FZ200」に使えるレビューがamazonに多数掲載

オリンパスの「STYLUS 1(スタイラス ワン)」などに使うことができるコンパクトデジタルカメラ向

記事を読む

olympus

オリンパスが「OM-D E-M1」の予約キャンペーンを発表

オリンパスは、新商品のフラッグシップ機「OM-D E-M1」の予約キャンペーンを行うことを発表しまし

記事を読む

写真ブログ


本日の女性ポートレイト・ランキング

本日のデジタル一眼レフカメラ・ランキング

本日のカメラ・レンズ・撮影機材・ランキング

お祭りやイルミネーションの写真集



ツイッター


ちょっと気になるカメラ情報はツイッターでお届けしています。
素敵な写真はリツイートしていますので、是非、フォローして下さいね。

カメラ比較.com の管理人のツイッター



コメント


カメラ比較.com では、コメントやメッセージを受け付けています。
ご意見やご要望、気がついたことなどは、下記から投稿して下さいね。
メールアドレスとウェブサイトは省略可能です。
コメントは承認後に表示されます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

adsense

no image
ポートレイト写真集(栗原優梨亜)Part.2

2015年3月28日に、フレッシュ撮影会にてポートレイト撮影をしてきま

no image
ポートレイト写真集(栗原優梨亜)Part.1

2015年3月28日に、フレッシュ撮影会にてポートレイト撮影をしてきま

panasonic1
パナソニック 「LUMIX GH4」の空間認識AFは他社製レンズでは機能しない。

パナソニックは「LUMIX GH4」を2014年4月24日に発売しまし

nikon
ニコン1で「FXレンズ」に要求される解像度は1億画素以上

ニコンは、2014年3月13日に、「Nikon1 V2」の後継機になる

nikon
ニコン 「1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6」は「土星の輪」も解像する。

ニコンは、2014年6月30日に、「Nikon1」用の望遠レンズ「1

→もっと見る



PAGE TOP ↑