*

Power Shot SX50 HS レビュー Part.2

公開日: : 最終更新日:2013/08/22 キャノン, コンパクトカメラ・レビュー ,

Power Shot SX50 HS のレビューの2回目は「飛行機」です。

 

Canon PowerShot SX50HS

 

Canon デジタルカメラ PowerShot SX50HS 約1210万画素 光学50倍ズーム ブラック PSSX50HS

 

飛行機を近くで見ることができるのは、空港かその周辺だけですので、街中で飛行機を撮影する場合は、超望遠レンズが必要です。

 

しかし、飛行機を撮りに出かけた場合を別とすれば、通常、超望遠レンズを持ち歩くことはありません。

 

ところが、このカメラをバッグに入れておけば、遠くに飛行機が見えた!

と思った時に、カメラを出して準備をすれば、飛行機を「大きく」撮ることができるのです。

 

もちろん、クリアーに写るかどうかは、大気の状況にも左右されますし、超高倍率ズームですので、画質に関しては細かいことを言ってはいけません。

 

が、今まで撮れなかった(撮る気が起こらなかった)被写体を撮ることができますので、このカメラを持つと、写真を撮る楽しみが増えますよ。

 

というわけで、50倍ズームというものがどれだけ驚異的かをこのレビューではお伝えしていきます。

 

この写真は、35ミリ換算で95mmです。

右側の中央に、小さく飛行機が写っています。

(クリックすると拡大します。)

 

IMG_0382

 

 

この写真は35ミリ換算で1200mmです。

(クリックすると拡大します。)

 

IMG_0385

 

 

一眼レフの場合、レンズを交換しないといけませんが、このカメラを使うと、レンズ交換なしに、このような写真を撮ることができます。

 

小型飛行機の場合は、「デジタルズーム」を使って撮りました。

 

この写真は、35mm換算で145mmです。

空の中に、小さな点で写っているのが飛行機です。

 

(クリックすると大きくなります。)

 

 

IMG_0388

 

 

この写真をデジタルズームを使って撮ると、ここまで大きくなります。

 

※写真に記録される焦点距離は望遠側(35ミリ換算で1200mm)で止まっていましたので、デジタルズームを使った焦点距離は不明です。

 

ちなみに、下記の小型飛行機の写真は、もっとデジタルズームの倍率を上げれば、更に大きく撮ることはできるのですが、飛行機は動いている被写体ですので、ズーム倍率を上げれば上げるほど、フレームに納めるのが、困難になりますので、これがデジタルズームの最大倍率ではありません。

 

(クリックすると大きくなります。)

 

IMG_0391

 

 

記録サイズが「L」の場合、画質の劣化があまりない「プログレッシブファインズーム」のデジタルズームを使うと100倍、そして、画質の劣化があるデジタルズームを使えば、200倍の4800mmまで、ズーム倍率を上げることができます。

 

ただ、サイズが「L」で200倍となると、画質の劣化が激しいので、サイズを落として「M2」で撮影するのがお勧めです。

 

サイズを「M2」(約200万画素)にして撮影すれば、トリミング撮影になりますので、100倍の「L」と画質が同じになりますので、あまり画質は落ちません。

(葉書以上の大きさで印刷しない限りは問題ない画素数です。)

 

今回は、着陸態勢に入っている飛行機を撮影していますが、大きな飛行機ほど、動きが安定していて、ゆっくりと着陸態勢に入りますが、小型飛行機は、動きが安定せずに、着陸態勢に入っていても、スピードがあまり落ちません。

 

そのため、倍率をどこまで上げることができるかは、撮影者の腕にかかっています。

 

また、「飛行機を撮るぞ!」という時は、気合いが入っているので、デジタルズームを使っても撮影できるような気がしますが、気合いが入っていない時に撮影する場合は、光学ズームの望遠側である1200mmまでで十分です。

 

デジタルズームを使うか使わないかは、設定で変更できますので、通常の撮影では、デジタルズームをオフにして、飛行機を気合いを入れて撮る場合は、デジタルズームをオンにするのがいいと思います。

 

ただ、デジタルズームを使う場合は、JPEGのみになりますので、その点は注意して下さいね。

 

「Power Shot SX50 HS」を使って、飛行機を撮るお勧め設定については、次のレビューでお届けします。

 

Canon PowerShot SX50HS

 

Canon デジタルカメラ PowerShot SX50HS 約1210万画素 光学50倍ズーム ブラック PSSX50HS

 

本日のバーゲン情報
【緊急値下げ】 Canon / Nikon / OLYMPUS / PENTAX

【タイムセール】 一眼レフ・ミラーレス一眼・ビデオカメラ

【70%OFF】 コンパクトデジタルカメラ



adsense

adsense

関連記事

canon

キヤノンが一眼レフカメラの「EOS 70D」を発表

キヤノンが2013年8月29日にデジタル一眼レフカメラ「EOS 70D」を発売することを発表しました

記事を読む

canon

Canon PowerShot N レビュー Part.5

PowerShot N のレビューの5回目をお届けしていきます。   これまで

記事を読む

canon

キャノンがEOS M用レンズ「EF-M 11-22mm F4-5.6 IS STM」を発表

キヤノンがミラーレス一眼の「EOS M用」の交換レンズである「EF-M 11-22mm F4-5.6

記事を読む

canon

PowerShot 「S120」と「S110」の比較

キヤノンが「PowerShot S120」を2013年9月下旬に発売することを発表しました。「Pow

記事を読む

canon

Canon PowerShot N を正式発表

キヤノンは、アメリカのラスベガスで2013年1月8日に開幕したイベント「2013 Internati

記事を読む

canon

Canon PowerShot N レビュー Part.1

キャノンのオンラインショップ限定販売の「PowerShot N」。 本日、届きましたので、外観

記事を読む

canon

キャノン 「PowerShot S200」と「S120」の比較

キャノンが、1/1.7型のCCDセンサーを採用したコンパクトデジタルカメラ「PowerShot S2

記事を読む

canon

キヤノンが「EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS STM」を発売

キヤノンが「ステッピングモーター(STM)を採用した「EF-S 18-55mm F3.5-5.6 I

記事を読む

canon

キャノン EOS 70D と EOS 60D の比較

キヤノンが2013年8月29日にデジタル一眼レフカメラ「EOS 70D」を発売することを発表しました

記事を読む

canon

キャノン EOS 7D の後継機(EOS 7D Mark Ⅱ)について

デジカメWatch の昨年のインタビューによると、2013年に発売予定で開発されていたはずのEOS

記事を読む

写真ブログ


本日の女性ポートレイト・ランキング

本日のデジタル一眼レフカメラ・ランキング

本日のカメラ・レンズ・撮影機材・ランキング

お祭りやイルミネーションの写真集



ツイッター


ちょっと気になるカメラ情報はツイッターでお届けしています。
素敵な写真はリツイートしていますので、是非、フォローして下さいね。

カメラ比較.com の管理人のツイッター



コメント


カメラ比較.com では、コメントやメッセージを受け付けています。
ご意見やご要望、気がついたことなどは、下記から投稿して下さいね。
メールアドレスとウェブサイトは省略可能です。
コメントは承認後に表示されます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

adsense

no image
ポートレイト写真集(栗原優梨亜)Part.2

2015年3月28日に、フレッシュ撮影会にてポートレイト撮影をしてきま

no image
ポートレイト写真集(栗原優梨亜)Part.1

2015年3月28日に、フレッシュ撮影会にてポートレイト撮影をしてきま

panasonic1
パナソニック 「LUMIX GH4」の空間認識AFは他社製レンズでは機能しない。

パナソニックは「LUMIX GH4」を2014年4月24日に発売しまし

nikon
ニコン1で「FXレンズ」に要求される解像度は1億画素以上

ニコンは、2014年3月13日に、「Nikon1 V2」の後継機になる

nikon
ニコン 「1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6」は「土星の輪」も解像する。

ニコンは、2014年6月30日に、「Nikon1」用の望遠レンズ「1

→もっと見る



PAGE TOP ↑