*

「OM-D E-M5」と「PEN E-P5」の比較

公開日: : 最終更新日:2013/07/31 オリンパス, ミラーレスカメラ比較 ,

オリンパスから「E-P5」が2013年6月28日に発売されます。

 

OLYMPUS マイクロ一眼 PEN E-P5 17mm F1.8 レンズキット

 

OLYMPUS マイクロ一眼 PEN E-P5 17mm F1.8 レンズキット(ビューファインダー VF-4セット)

 

シリーズは違いますが、5軸手ぶれ補正を内蔵しているなど「OM-D E-M5」と「PEN E-P5」など、スペック的に似ています。

 

そこで、「OM-D E-M5」と「PEN E-P5」の比較をこの記事ではしていきますね。

 

 

「PEN E-P5」のみに搭載されている機能

 

「PEN E-P5」は「OM-D E-M5」が発売されてから、1年以上経過していますので、「E-P5」の方が進化している所が多いです。

 

 

1 内蔵フラッシュがある。

 

これは、デザインや大きさなどを除けば、一番大きな違いです。

 

しかし、「E-M5」には、防塵防滴のフラッシュが同梱されていますので、必要な時は、そのフラッシュを付ければいいだけですので、内蔵か外付けかの違いになります。

 

 

2 WiFiを内蔵している!

 

この機能を使うことで、スマートフォンへの画像転送が簡単になっただけではなく、スマートフォンにカメラのライブビュー画面を表示し、AFポイントを指定して、シャッターを切ることまでできるようになりました。

 

更に、カメラ内写真に、スマートフォンで取得したGPSのタグも書き込むことができるようになりましたので、旅先で撮影した写真の場所を後日、確認することも可能になりました。

 

ただ、東芝のフラッシュエアー(Flash Air)のSDカードを使えば、よく似たことはできますので、一番大きなメリットは、スマートフォンで「ワイヤレス タッチAFシャッター」が利用できることかもしれません。

 

三脚などにカメラを取り付けた時に、そのカメラのライブビュー画面をスマートフォンで見ることができて、更にシャッターボタンを押すこともできるのです。

 

集合写真だけではなく、その他にいろいろな活用ができそうです。

 

 

3 ボディー内手ぶれ補正が流し撮りに対応!

 

手ぶれ補正が流し撮りに対応しましたので、この機能を使えば、流し撮りの成功率がかなりアップすると思います。

 

流し撮りは、慣れていないと難しいので、成功率が低い方も多いと思います。

(管理人も成功率が低いです。)

 

そのため、流し撮りに挑戦することを諦めている方も多いかもしれませんが、この機能が追加されたことで、流し撮りの成功率が格段にアップするかもしれません。

 

E-P5を購入した場合は、この機能を使って、流し撮りをしてみたくなりますね。

 

 

4 フォトストーリー機能を搭載している!

 

 

これは、「XZ-10」から搭載された新機能です。

 

具体的には「時間軸で発生する物語を一枚の写真として留める」ことができるようになります。

 

オリンパスの説明では「何気ない日常のワンシーンを複数の視点で撮影して1つの作品にすること」を目的に搭載された機能です。

 

ちなみに、スマートフォンなどで、同様のアプリが人気ですので、この機能は、スマートフォンをあまり使わない方は、カメラで作品作りを楽しめますので、かなりうれしい機能になると思います。

 

 

5 フォーカスピーキング機能を搭載している!

 

これは、マニュアルフォーカスを使う方には、特に便利な機能です。

 

Fnボタンを押すだけで、画面内のシャープな部分を黒や白で表示できるようになるので、マニュアルでのピント合わせが劇的に楽になります。

 

 

6 インターバル撮影機能を搭載している!

 

設定した間隔でシャッターを切っていくインターバル撮影機能を搭載しています。

 

最大枚数は99枚ですが、撮影枚数と間隔(1秒~24時間)を設定すれば、自動で連続撮影ができるようになります。

 

特に、日の出や日の入り、そして、星空を撮影するには、便利な機能です。

 

 

7 タイムラプス動画機能を搭載している!

 

これは、インターバル撮影機能と組み合わせて使いますが、インターバル撮影で撮影した写真をつなぎ合わせて、自動で動画にする機能です。

 

今までは、パソコンでソフトを使う必要がありましたが、カメラ内で合成する機能が搭載されましたので、撮影した後に、すぐにタイムラプス動画を見ることができるようになりました。

 

それだけではなく、wifiとスマートフォンを組み合わせれば、撮影後、すぐにユーチューブなどに、タイムラプス動画をアップすることができるようになりました。

 

 

8 「ISO LOW」を搭載している!

 

ISO100相当になる「ISO LOW」を搭載しています。

明るい日中で開放F値で撮影したい時には役立ちそうです。

 

 

9 「高速リレーズタイムラグモード」を搭載している!

 

最速で、約0.44秒のタイムラグで撮影することができますので、動いている被写体の撮影をする場合は、このモードはかなり役立ちそうです。

 

今までの機種では、タイムラグによって、シャッターチャンスを逃してしまったことが何回もありますので、スナップ写真などでは、特にこの機能を使えば、シャッターチャンスを逃すことが、かなり減りそうです。

 

ただ、バッテリーの消耗は早くなりますが、これは仕方がないですね。

 

 

10 スーパースポットAF機能を搭載

 

「E-M5」よりも、小さな枠で、オートフォーカスをすることができます。

 

指定したポイントを拡大し、その中心部分のみをAFポイントにすることができます。

しかも、拡大表示時は自動で手ぶれ補正が働き、ファインダー像も安定します。

 

マクロ撮影や望遠撮影時には、かなり便利な機能です。

 

 

11 スモールAFターゲット機能を搭載

 

「E-P5」は、AFターゲットサイズを小さくできるスモールAFターゲットを搭載しています。

 

通常の35点のエリアAFでは、少し大きすぎると感じる時がありますが、この機能を使うことで、1点あたりのフォーカスエリア面積を小さくしたAFエリアを選択することができます。

 

これは、じっくりと撮影する時には、非常に便利な機能です。

 

 

12 背面モニターが104万ドットの液晶を搭載!

 

「E-M5」は約61万ドットの有機ELモニターでしたが「E-P5」は、104万ドットの液晶を搭載しています。

 

解像度が高いだけではなく、有機ELモニターは、色の再現性が低かったため「E-P5」の方がより正確な色で表示されると思います。

 

ただ、有機ELモニターの方が明るい場所でも見やすいと感じますし、より正確な色は、144万ドットのEVFで見ることができますので、「E-P5」の方が優れているとは一概には言えません。。。

 

 

12 アートフィルターで「リーニュクレール」を搭載!

 

アートフィルターで「リーニュクレール」を使うことができます。

 

エッジラインを強調し、イラストテイストを写真に付加するアートフィルターですので、イラストのような写真を作りたい時には、このアートフィルターを使うといいかもしれません。

 

 

OLYMPUS マイクロ一眼 PEN E-P5 17mm F1.8 レンズキット

 

OLYMPUS マイクロ一眼 PEN E-P5 17mm F1.8 レンズキット(ビューファインダー VF-4セット)

 

 

 

「OM-D E-M5」のみの機能

 

PENの最新機種である「E-P5」が発売されることで、スペック面では多くの機能が「E-M5」を超えてしまいます。

 

とは言え、もちろん、「E-M5」が勝っている部分もありますので、その部分に焦点をあてて書いていきます。

 

 

1 防塵防滴のマグネシウムボディー

 

オリンパスのフラッグシップ機である「E-5」と同等の防塵防滴性能があります。

 

つまり、台風が来ている時や砂漠などでの撮影でも「E-M5」は耐えられるように設計されているのです。

 

もちろん、レンズが防塵防滴である必要がありますが、レンズキットの「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ」のレンズを付けていれば大丈夫です。

 

雨の中で撮影をすることがある方や、雪の中で撮影をすることがある方、砂埃など埃が多い所で撮影をすることがある場合は「E-M5」の方が安心して撮影ができます。

 

ただ、ペンタックスの「K-5」シリーズなどのように、耐寒性は保証されていませんので、その点は注意が必要です。

もしかして、本体は大丈夫でも、バッテリーが耐えられないのかもしれません。

ペンタックスの一眼レフと違って、バッテリーがかなり小さいですので。。。

 

また、「マグネシウムボディー」なので、PENシリーズよりも頑丈です。

 

管理人は「E-PL3」では、すこしの衝撃でカメラの背面モニターのガラスが割れてしまった経験がありますし、「E-PL5」では、カバンに入れて持ち運びをしていただけなのに、シャッターボタンが取れてしまった経験もあります。

 

「PEN Lite」は、コスト削減の結果だと思うのですが、頑丈に作られていません。

 

「Lite」シリーズと比べると、通常のPENの場合、「E-P1」は、管理人が落としても壊れませんでしたし、「E-P3」もトラブルとは無縁です。

 

通常のPENシリーズは「Lite」シリーズより頑丈に作られていますが、「OM-D」シリーズは、マグネシウムボディーですので、PENシリーズよりも更に頑丈に作られているはずです。

 

壊れたり、故障する確率などは、OM-Dの方が遙かに低いと思います。

 

 

2 EVFを内蔵している!

 

「OM-D E-M5」には、外見からも分かるとおり、EVF(電子ビューファインダー)が付いています。

 

解像度は約144万ドットになります。

 

この情報だけを読めば「E-P5」でも外付けのEVFを付けることで、同等以上の機能を得ることができますが、大きな違いは「OMスタイル」など3種類のファインダー表示ができることです。

 

もちろん「OMスタイル」でのファインダー表示ですので、PENシリーズではできません。

 

フィルムの「OM-D」を所有されていた方は「OMスタイル」のファインダー表示が使えますので、違和感なく使うことができます。

 

ただ「E-P5」には、新発売される外付けのビューファインダーの「VF-4」を付けることができます。

http://camera-hikaku.com/archives/1075

 

また、「E-P5」のレンズキットを購入すれば「VF-4」が同梱されています。

 

「VF-4」の解像度は約236万ドットになりますので、OM-DのEVFのスペックを大幅に上回ります。

 

また、ファインダーの倍率も「E-M5」が約1.15倍に対して、外付けファインダーの「VF-4」は1.48倍になりますので、「VF-4」の方が、かなり見やすいかもしれません。

 

 

3 シャッターの耐久性がある!

 

「E-M5」は約10万回のシャッターの作動耐久試験をクリアしています。

 

「E-P5」では耐久性が明記されていませんので、恐らく、数万回ではないでしょうか?

 

連写を良く利用していると、数万回のシャッターは、あっと言う間に過ぎ去ってしまいますので、連写を良く利用する場合は「E-M5」の方が安心して撮影ができます。

 

 

OLYMPUS デジタルマイクロ一眼カメラ OM-D E-M5 レンズキット

 

OLYMPUS デジタルマイクロ一眼カメラ OM-D E-M5 レンズキット ブラック 1605万画素 144万ドット電子ビューファインダー 5軸対応手ぶれ補正 防塵 防滴 OM-D E-M5 LKIT BLK

 

 

まとめ

 

「E-P5」のレンズキットは「VF-4」が同梱されていますので、レンズキットを購入すれば、スペック的には、ほとんどの面で「E-M5」を上回ることになります。

 

しかし、防塵防滴のボディーは「E-M5」だけですので、防塵防滴のボディーが必要な方は、「E-M5」に決まりです。

 

マイクロフォーサーズのレンズで防塵防滴は、現在の所、レンズキットになっている「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ」の1本だけですが、フォーサーズのレンズは防塵防滴のレンズが多いですので、フォーサーズのレンズを所有されている方は、「E-M5」の方がフォーサーズのレンズの性能を発揮できます。

 

また、フラッシュをほとんど使わない方で、ファインダーで撮影をよくされる場合も「E-M5」の方がいいと思います。

 

「E-P5」にEVFを付けると、EVFの部分が出っ張りますので、カバンに入れて持ち運び(収納)をする時は、少し不便です。

 

EVFを付けなければ、ボディーがコンパクトなので、どんなカバンでも、たいていは収納できるのですが、EVFを付けると、収納できるカバンが限られてきます。

 

ちなみに、管理人は、EVFが必要な場合は、EVFを取り外して持ち運び、必要な時だけPENに取り付けています。

 

本当はずっと付けっぱなしにしたいのですが、EVFを付けると、カバンの中でデッドスペースが多くなり、たくさんの物が入らなくなるからです。

 

そのようなことを考えると、フラッシュをあまり使わず、EVFを頻繁に使用する場合は、持ち運びのことを考えて、E-M5を選んでおいた方がいいような気がします。

 

また、耐久性も「E-M5」の方がありますので、連写を良く使う場合も「E-M5」を使った方がいいですね。

 

あとは、デザインです。

 

デザインは好き嫌いがありますので、OM-Dのデザインが好きな方は「E-M5」を購入した方が、スペックを超えた「持つ喜び」があります。

 

「E-P5」が発売されることで、スペック的には多くの機能が「E-M5」を上回ってしまいますが、このように比較すると「E-M5」には、スペックには現れない「カメラの基本性能」が高いことがよく分かります。

 

やはり、どのような状況でも安心して使えるのは、PENシリーズではなく、OM-Dシリーズだと思います。

 

また、「E-M5」は、だんだんと値段が下がってきましたので、今が買い時かもしれません。

 

今後、大幅に値段が下がることはないと思いますし、後継機が発売された場合、後継機の値段は「E-P5」よりも高くなることは確かですので。。。

 

OLYMPUS デジタルマイクロ一眼カメラ OM-D E-M5 レンズキット

 

OLYMPUS デジタルマイクロ一眼カメラ OM-D E-M5 レンズキット ブラック 1605万画素 144万ドット電子ビューファインダー 5軸対応手ぶれ補正 防塵 防滴 OM-D E-M5 LKIT BLK

本日のバーゲン情報
【緊急値下げ】 Canon / Nikon / OLYMPUS / PENTAX

【タイムセール】 一眼レフ・ミラーレス一眼・ビデオカメラ

【70%OFF】 コンパクトデジタルカメラ



adsense

adsense

関連記事

olympus

オリンパス 「OM-D E-M1」のセンサーのメーカーは?

オリンパスの「OM-D E-M1」は、オリンパスのフラッグシップ機になります。 OLYMPUS

記事を読む

nikon

ニコン 「Nikon 1 AW1」と「Nikon 1 J3」の比較

ニコンが、ミラーレスカメラ「Nikon 1」の新商品である「Nikon 1 AW1」を2013年10

記事を読む

pentax

ペンタックス 「MX-1」とオリンパス「XZ-2」の比較

PENTAX「MX-1」の商品紹介をご覧になられた方でしたら、オリンパスの「XZ-2」と共通点が非常

記事を読む

olympus

オリンパス 超望遠での鳥撮影などが簡単にできる「SP-100」を海外発表

オリンパスが2014年1月29日、ドットサイト(照準器)を搭載した高倍率コンパクトカメラ「SP-10

記事を読む

olympus

オリンパス 「E-M1」と「E-5」の比較

オリンパスは、2013年9月10日、フラッグシップ機の「E-M1」を発表しました。  

記事を読む

olympus

ライブコンポジットとは?

オリンパスの「OM-D E-M10」には、新機能の「ライブコンポジット」機能が搭載されました。 O

記事を読む

no image

「回折ぼけ補正機能」を備えたレンズ交換式カメラ一覧

フィルムカメラと違い、デジタルカメラの場合は、絞り込むと、ぼけてしまう「回折ぼけ」が発生してしまいま

記事を読む

nikon

ニコン 「Nikon1 V2」と「Nikon1 V3」の比較

ニコンは、2014年3月13日に、「Nikon1 V2」の後継機になる「Nikon1 V3」を発表し

記事を読む

olympus

オリンパスの「STYLUS SH-50」が販売を再開

オリンパスが販売休止になっていた「STYLUS SH-50」を6月下旬に販売開始することを発表しまし

記事を読む

olympus

オリンパス 「E-P5」と「E-PL6」の比較

オリンパスが2013年5月10日に、ミラーレス一眼カメラの「E-P5」と「E-PL6」を発表しました

記事を読む

写真ブログ


本日の女性ポートレイト・ランキング

本日のデジタル一眼レフカメラ・ランキング

本日のカメラ・レンズ・撮影機材・ランキング

お祭りやイルミネーションの写真集



ツイッター


ちょっと気になるカメラ情報はツイッターでお届けしています。
素敵な写真はリツイートしていますので、是非、フォローして下さいね。

カメラ比較.com の管理人のツイッター



コメント


カメラ比較.com では、コメントやメッセージを受け付けています。
ご意見やご要望、気がついたことなどは、下記から投稿して下さいね。
メールアドレスとウェブサイトは省略可能です。
コメントは承認後に表示されます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

adsense

no image
ポートレイト写真集(栗原優梨亜)Part.2

2015年3月28日に、フレッシュ撮影会にてポートレイト撮影をしてきま

no image
ポートレイト写真集(栗原優梨亜)Part.1

2015年3月28日に、フレッシュ撮影会にてポートレイト撮影をしてきま

panasonic1
パナソニック 「LUMIX GH4」の空間認識AFは他社製レンズでは機能しない。

パナソニックは「LUMIX GH4」を2014年4月24日に発売しまし

nikon
ニコン1で「FXレンズ」に要求される解像度は1億画素以上

ニコンは、2014年3月13日に、「Nikon1 V2」の後継機になる

nikon
ニコン 「1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6」は「土星の輪」も解像する。

ニコンは、2014年6月30日に、「Nikon1」用の望遠レンズ「1

→もっと見る



PAGE TOP ↑