*

キヤノンが「EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS STM」を発売

公開日: : 最終更新日:2013/10/23 キャノン

キヤノンが「ステッピングモーター(STM)を採用した「EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS STM」 を4月下旬に発売する。
気になる価格は、37,800円です。

 

もちろん、この焦点距離と開放F値から分かる通り、キットレンズ用です。

 

4月下旬に発売される「EOS Kiss X7」と「EOS Kiss X7i」のレンズキットやダブルズームキットとして同梱されるレンズになります。

 

 

それでは、従来のレンズ「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS II」との比較をしていきます。

 

1 最大撮影倍率

 

従来のレンズでは、0.34倍 でしたが、0.36倍にアップしました。

マクロレンズを除けば、最大の撮影倍率です。

 

フルサイズ対応の標準レンズでは「EF24-70mm F4L IS USM」が最大撮影倍率0.77倍で驚きましたが、このレンズもかなり寄ることができます。

 

標準レンズで料理などを撮影していると、あと一歩近づけたらなぁ~と思うときが良くありましたが、ここまで近づけたら十分です。

 

 

2 フルタイムのマニュアルフォーカスに対応

 

通常、キットレンズの場合、マニュアルフォーカスは重視されません。

そのことを考えると、大きな進化です。

 

また、キットレンズでは、フォーカスをすると、前玉が「ぐるん」と回るレンズが多いのですが、このレンズは前玉が回転しなくなったのです。

 

そして、インナーフォーカスになったので、ピント合わせだけでは、全長が変わりません。(もちろん、ズームをすると、全長は変わります。)

 

ライブビュー撮影や動画撮影に対応させるために、フォーカス関係がかなり改良されていますので、従来のレンズをお持ちの方は、このレンズに買い換える価値はありそうです。

 

もちろん、単体で発売されますので、買い換えの需要はかなりあるかもしれませんね。

 

 

カメラ比較.com の今後の予想

 

キャノンは、APS-C用のレンズをSTMを採用して、リニューアルしていくのではないかな? と思います。

 

その理由は。。。

 

スマートフォンやコンデジになれた方は、ライブビューで撮影するのに慣れていますし、ミラーレスの「EOS-M」は、ライブビュー撮影です。

 

ユーチューブやSNSなどにアップするために、動画撮影も一般的になってきました。

 

しかし、STM以外のEFレンズは、ライブビューや動画の撮影では、オートフォーカスが遅いですし、駆動音も大きいので、あまり実用的ではありません。

 

EOS-Mを購入した方にも、APS-C用のEFレンズを購入してもらい、その後、EOS Kiss X7 などにステップアップしてもらわないといけませんが、そのためには、ライブビューや動画撮影のオートフォーカスの速度を上げないといけないですよね。

 

そのことを考えると、APS-C用のレンズの多くは、今後、STM対応になるのではないかな? と思います。

 

カメラ比較.com では、USM(超音波モーター)が採用されていない「EF-S18-200mm F3.5-5.6 IS」や「EF-S55-250mm F4-5.6 IS II」が、STM対応になって、リニューアルされるのではないかな? と予想しています。

 

動画を撮影する場合、10倍くらいのズームが必要ですので、そのことを考えると、「EF-S18-200mm F3.5-5.6 IS」が、次にリニューアルされるかもしれませんね。

 

今後のAPS-C用のレンズのリニューアルが楽しみです。

 

Canon EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM EF-S18-55ISSTM
Canon EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM EF-S18-55ISSTM

本日のバーゲン情報
【緊急値下げ】 Canon / Nikon / OLYMPUS / PENTAX

【タイムセール】 一眼レフ・ミラーレス一眼・ビデオカメラ

【70%OFF】 コンパクトデジタルカメラ



adsense

adsense

関連記事

canon

Canon PowerShot N レビュー Part.5

PowerShot N のレビューの5回目をお届けしていきます。   これまで

記事を読む

cosina

コシナが「カールツァイスApo Sonnar T* 2/135」の発売日を発表

コシナが「カールツァイス」の交換レンズ「Apo Sonnar T* 2/135」のキャノン用とニコン

記事を読む

canon

Canon PowerShot N レビュー Part.3

PowerShot N のレビューの3回目です。   3回目となるこの記事では

記事を読む

canon

キャノン 「EOS-1D X」の新ファームウェアを発表

キャノンは、フラッグシップ機であるデジタル一眼レフカメラ「EOS-1D X」の新しいファームウェアを

記事を読む

canon

キャノン EOS 70D と EOS 60D の比較

キヤノンが2013年8月29日にデジタル一眼レフカメラ「EOS 70D」を発売することを発表しました

記事を読む

canon

キャノン 超広角ズーム「EF 16-35mm F4L IS USM」を発表

キャノンが2014年5月13日、フルサイズカメラ用のレンズ「EF 16-35mm F4L IS US

記事を読む

canon

キャノン 新商品の「自分撮りカメラ(iVIS mini)」の特徴

キヤノンは、自分撮りカメラ「iVIS mini」を2013年9月中旬に発売することを発表しました。

記事を読む

canon

キヤノンが「EOS 6D」の最新ファームウェアを公開

キヤノンが2013年4月9日に「EOS 6D」の最新ファームウェアを公開しました。 http://

記事を読む

canon

Power Shot SX50 HS レビュー Part.3

Power Shot SX50 HS のレビューの3回目は「飛行機」を撮るための設定です。 &

記事を読む

tamron

タムロン 「SP 150-600mm F5-6.3 Di VC USD」キャノン用の発売日を発表

タムロンが「SP 150-600mm F5-6.3 Di VC USD」のキャノン用を2013年12

記事を読む

写真ブログ


本日の女性ポートレイト・ランキング

本日のデジタル一眼レフカメラ・ランキング

本日のカメラ・レンズ・撮影機材・ランキング

お祭りやイルミネーションの写真集



ツイッター


ちょっと気になるカメラ情報はツイッターでお届けしています。
素敵な写真はリツイートしていますので、是非、フォローして下さいね。

カメラ比較.com の管理人のツイッター



コメント


カメラ比較.com では、コメントやメッセージを受け付けています。
ご意見やご要望、気がついたことなどは、下記から投稿して下さいね。
メールアドレスとウェブサイトは省略可能です。
コメントは承認後に表示されます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

adsense

no image
ポートレイト写真集(栗原優梨亜)Part.2

2015年3月28日に、フレッシュ撮影会にてポートレイト撮影をしてきま

no image
ポートレイト写真集(栗原優梨亜)Part.1

2015年3月28日に、フレッシュ撮影会にてポートレイト撮影をしてきま

panasonic1
パナソニック 「LUMIX GH4」の空間認識AFは他社製レンズでは機能しない。

パナソニックは「LUMIX GH4」を2014年4月24日に発売しまし

nikon
ニコン1で「FXレンズ」に要求される解像度は1億画素以上

ニコンは、2014年3月13日に、「Nikon1 V2」の後継機になる

nikon
ニコン 「1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6」は「土星の輪」も解像する。

ニコンは、2014年6月30日に、「Nikon1」用の望遠レンズ「1

→もっと見る



PAGE TOP ↑