*

SONY 「α99」の後継機(上位機種)について

公開日: : 最終更新日:2014/05/11 ソニー ,

SONYは、デジタル一眼カメラのフラッグシップモデルである「α99」を2012年の10月に発売しました。

ソニー デジタル一眼カメラ α99

ソニー デジタル一眼カメラ α99 ボディ SLT-A99V

しかし、それ以降、気になるレンズが発売されています。

それは、「70-400mm F4-5.6 G SSM II」( SAL70400G2 ) と 300mm F2.8 G SSM II (SAL300F28G2 )です。

SONY  300mm F2.8 G SSM II

ソニー αマウント交換レンズ SAL300F28G2

SONY 70-400mm F4-5.6 G SSM II

SONY 70-400mm F4-5.6 G SSM II 

この2つのレンズの特徴は、動体追従能力が、従来のレンズの4倍にアップしていることです。

特に、「70-400mm F4-5.6 G SSM II」( SAL70400G2 ) は、「連写時の動体追随性能が大幅に向上」と言うことを大きく訴えています。

http://www.sony.jp/ichigan/products/SAL70400G2/feature_1.html#L2_10

そして、「スポーツ撮影」や「動物撮影」など、動きの速い被写体にも高い精度でAFが追従します。

とスポーツ撮影を具体例にあげています。

スポーツ撮影をミラーレスで撮影された経験がある方は、分かると思うのですが、望遠レンズを使った「スポーツ撮影」は、ミラーレスカメラでは、あまり向いていません。

SONYのミラーレスカメラのフラッグシップである「NEXー7」や「NEX-6」でも、オートフォーカスが早くなった「NEX-5R」でも同じです。

その理由は、ファインダーのブラックアウトの時間が長いからです。

シャッターを何回も押すと、ファインダーが真っ黒になるブラックアウト現象があります。

連写の設定をしていると、連射の途中で、パラパラ漫画のように、被写体がカクカクと動いていきます。

そのため、被写体が素早く動くスポーツ撮影や動物撮影で、ミラーレスカメラ(特に望遠レンズ)で、被写体をファインダーの中に捉え続けるのは、かなり難しいのです。

そして、それは、ミラーレスカメラだけではなく、有機ELファインダーを採用した α99 (SLT-A99V )や α77(SLT-A77V)でも同じです。

もちろん、NEXシリーズと比べると、かなり被写体を捉えやすいことは確かですが、光学ファインダーと比べると、被写体を正確に捉えることが難しく、一瞬のチャンスを逃してしまう可能性が高いのです。

これは、一度、ニコン(NIKON)のD4 や キャノン(CANON)のEOS-1DX で撮影すれば、光学ファインダーのアドバンテージがすぐに分かります。

もちろん、ソニーも、スポーツ撮影や動物撮影などにおいては、光学ファインダーの方がアドバンテージが多いことを100も承知だと思います。

もちろん、将来は、有機ELファインダーでも、光学ファインダーと同様の撮影ができるようになる日が来るかもしれませんが、かなり先のことになると思います。

つまり、動体追従能力に力を入れたレンズを開発しても、ボディー側がレンズの性能に追いつかない可能性が高いのです。

ニコンのD4やキャノンのEOS-1DXなどで撮影すると、動体追従能力が発揮できるようなレンズを α99 や α77 で撮影しても、人間が被写体を捉えることが難しいため、思った構図で一瞬を捉えることはかなり困難です。

また、α99やα77では、RAWでの連続撮影枚数が少なすぎます。

α99の場合、最大15枚ですが、撮影条件などが厳しいと、連続撮影枚数が10枚になってしまいます。

しかし、それにも関わらず、ソニーがニコンやキャノンのプロ機で使うようなレンズを発売するのには、何か理由があるような気がします。

特に、「70-400mm F4-5.6 G SSM II」( SAL70400G2 ) は、たった4年でⅡ型にリニューアルしています。

ニコンの「AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR」は、リニューアルに12年間もかかっていることを考えると、どう考えても早すぎます。

ということは。。。

この2つのレンズから導き出した カメラ比較.com の予測ですが、ソニーは光学ファインダーのプロモデルを開発しているのではないでしょうか?

レンズは、プロが使うような価格帯ですので、ボディーはもちろん、ニコンのD4 や キャノンのEOS-1DX に匹敵するようなカメラを開発しているのではないかと思います。

α99 は、発売されたばかりですので、α99の後継機 というよりかは、上位機種という方が正しいかもしれませんね。

ソニーは光学ファインダーのモデルは発売しないと思っていましたが、プロがオリンピックなどで撮影をするには、やはり、光学ファインダーでないと使ってもらえないと思います。

ソニーは、素晴らしいファインダーを作る技術がありますので、光学ファインダーのカメラが作れないわけではなく、他社との差別化のために「作っていない」だけなのです。

もちろん、カメラ比較.com の独断と偏見による予想ですけれど、次のオリンピックに間に合うように、開発をしているのではないでしょうか?

やはり、光学ファインダーの需要はかなり多いと思いますので、今後のソニーのフラッグシップモデルには注目です!

関連商品情報

ソニー デジタル一眼カメラ α99

SONY  300mm F2.8 G SSM II

SONY 70-400mm F4-5.6 G SSM II

本日のバーゲン情報
【緊急値下げ】 Canon / Nikon / OLYMPUS / PENTAX

【タイムセール】 一眼レフ・ミラーレス一眼・ビデオカメラ

【70%OFF】 コンパクトデジタルカメラ



adsense

adsense

関連記事

sony1

ソニー レンズスタイルカメラ「DSC-QX100」の後継機について

ソニーは2013年10月25日に、レンズスタイルカメラの「DSC-QX100」と「DSC-QX10」

記事を読む

sony1

ソニー カタログに掲載されていない「α7」と「α7R」の詳細スペック

デジタルカメラマガジンの2014年1月号を購入してきました。   デジタルカメラマガジン

記事を読む

sony1

ソニー 「α77」と「α77Ⅱ」の比較

ソニーは、2014年5月1日、「α77」の後継機となる「α77Ⅱ」を海外で発表しました。 SONY

記事を読む

sony1

ソニー 「α77Ⅱ」の価格について

ソニーは、2014年5月1日、「α77」の後継機となる「α77Ⅱ」を海外で発表しました。 SONY

記事を読む

sony1

ソニー 「α5000」を国内発表

ソニーが2014年1月22日、ミラーレス一眼の「α5000」を国内で発表しました。 1月7日に

記事を読む

sony1

ソニーのレンズ型デジカメ「QX100」のレビュー

ソニーが2013年9月12日にレンズ型デジカメ「DSC-QX100」と「DSC-QX10」が10月2

記事を読む

sony1

ソニー FEレンズの超広角レンズ「FE 16-35mm F4 ZA OSS」をロードマップに追加

ソニーは2014年5月16日、FEレンズのロードマップに、超広角レンズの「Vario-Tessar

記事を読む

sony1

ソニー 海外で発表された「α3000」の特徴

ソニーが、Eマウントを採用したミラーレス一眼「α3000」を2013年9月に海外で発売することを発表

記事を読む

sony1

ソニー 「α7」と「α7R」の比較

ソニーは2013年10月16日、フルサイズのミラーレス一眼「α7」と「α7R」を2013年11月15

記事を読む

apple

ソニー「Xperia Z1」とアップル「iphone5s」の比較

  ソニーモバイルコミュニケーションズは、2013年9月4日、スマートフォンのフラッグシ

記事を読む

写真ブログ


本日の女性ポートレイト・ランキング

本日のデジタル一眼レフカメラ・ランキング

本日のカメラ・レンズ・撮影機材・ランキング

お祭りやイルミネーションの写真集



ツイッター


ちょっと気になるカメラ情報はツイッターでお届けしています。
素敵な写真はリツイートしていますので、是非、フォローして下さいね。

カメラ比較.com の管理人のツイッター



コメント


カメラ比較.com では、コメントやメッセージを受け付けています。
ご意見やご要望、気がついたことなどは、下記から投稿して下さいね。
メールアドレスとウェブサイトは省略可能です。
コメントは承認後に表示されます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

adsense

no image
ポートレイト写真集(栗原優梨亜)Part.2

2015年3月28日に、フレッシュ撮影会にてポートレイト撮影をしてきま

no image
ポートレイト写真集(栗原優梨亜)Part.1

2015年3月28日に、フレッシュ撮影会にてポートレイト撮影をしてきま

panasonic1
パナソニック 「LUMIX GH4」の空間認識AFは他社製レンズでは機能しない。

パナソニックは「LUMIX GH4」を2014年4月24日に発売しまし

nikon
ニコン1で「FXレンズ」に要求される解像度は1億画素以上

ニコンは、2014年3月13日に、「Nikon1 V2」の後継機になる

nikon
ニコン 「1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6」は「土星の輪」も解像する。

ニコンは、2014年6月30日に、「Nikon1」用の望遠レンズ「1

→もっと見る



PAGE TOP ↑