*

メモリーカードの入れ忘れを防ぐ方法

公開日: : 最終更新日:2013/08/29 デジタルカメラ全般, メモリーカード

先日、カメラ比較.com では、撮影のためにデジカメを持って行ったのですが、メモリーカードを入れ忘れるというあってはいけないミスをしてしまいました。

 

その時は、特に画質を求めるような撮影ではなかったため、アイフォンのカメラで切り抜けましたが、今後、同じ失敗をしないためにも、また、このブログの読者の皆さまが同じ失敗をしないためにも、メモリーカードの入れ忘れを防ぐ方法を書いておきます。

 

 

1 カバーを空けておく。

 

メモリーカードを入れていない時は、デジカメのメモリーカードを入れる所のカバーを空けておきましょう。

 

ほとんどの方は、メモリーカードを取り出すと、その時に、メモリーカードを入れる所のカバーを閉めてしまうと思います。

 

しかし、カバーを閉めてしまうと、メモリーカードが入っていないデジカメを、そのままバッグなどに入れて、持ち出す可能性が非常に高くなります。

 

メモリーカードを入れる所のカバーが開いていれば、デジカメを持ち出すときに、メモリーカードを入れ忘れていることに、必ず、気がつきます。

 

埃が入るかもしれない点が、この方法の欠点ですが、デジカメは埃がある所に置いておくことはあまり良くないので、この方法を導入すると同時に、埃があまりない所でデジカメを保管するようにしましょう。

 

ちなみに、この方法は、電池の入れ忘れを防ぐ時も使えます。

 

実は、カメラ比較.com では、電池の入れ忘れを、電池のカバーを開けておくことで防いでいますので、電池を入れ忘れたことは、1回もありません。

 

しかし、メモリーカードのカバーは、いつも閉めていましたので、先日、ミスをしてしまったのです。

 

電池とメモリーカードは、取り出したら、カバーを空けておくようにしましょう。

 

もちろん、埃があまりない所にデジカメを保管して下さいね。

 

 

2 財布に1枚入れておく。

 

デジカメに、メモリーカードを入れていても、予備のメモリーカードを忘れてしまうこともあります。

 

その時は、本当に撮影が大変です。

 

予備のメモリーカードを忘れたことに気がつくと、常に残りの撮影枚数をチェックしながら、撮影をしないといけませんし、写真を撮る枚数をセーブしたり、必要がない画像を頻繁に消去したりしないといけません。

 

また、撮影枚数がゼロになってしまうと、撮影を継続することができません。

 

急いで、必要がない画像を消していかないといけませんが、この方法は時間がある時はできますが、時間がなければ、撮影を諦めないといけません。

 

その場合のために、32GBのSDカードを購入した時に付いているケースに入れて、財布の中に1枚入れておきましょう。

 

なぜ、32GBかというと、SDHCの規格の上限の容量だからです。

 

32GBあれば、RAWで撮影をしても、通常のスナップ写真でしたら、その日の撮影は継続できると思います。

 

また、スポーツ写真などで大量に写真を撮る場合でも、JPEGだけにすることで、その日の撮影は継続できると思います。

 

また、64GBや128GBなどは、SDXCの規格に対応していないデジカメもありますので、せっかく予備のSDカードを持っていても、使えない可能性があります。

 

そのことを考えると、32GBのSDカードを財布に1枚入れておくのが一番いいと思います。SDHCに対応していないデジカメは、ほとんどありませんので。

 

並行輸入品だったら、サンディスクの32GBの45MB/Sの商品でも、3000円代で購入できます。

 

電池もメモリーカードもカメラも、万が一のために、常に予備を持ち運ぶようにしましょう。

 

カメラ比較.com と同じようなミスをしないように、この記事を読んだ後は、必ず、予備のメモリーカードを財布に入れておいて下さいね。

 

最後に注意点ですが、上記は「SDカード」を例に書きましたが、上位機種の場合は、メモリーカードがコンパクトフラッシュ(CFカード)の場合があります。

 

また、最近のコンパクトカメラの場合は、マイクロSDカードの場合もあります。

数年前のソニーのデジカメの場合、メモリースティックのみ対応の機種もあります。

 

予備のメモリーカードに関しては、デジカメのメモリーカードの種類を必ず確認をして下さいね。

 

違う種類のメモリーカードを財布に入れていても、使うことができませんので。。。

本日のバーゲン情報
【緊急値下げ】 Canon / Nikon / OLYMPUS / PENTAX

【タイムセール】 一眼レフ・ミラーレス一眼・ビデオカメラ

【70%OFF】 コンパクトデジタルカメラ



adsense

adsense

関連記事

no image

夏に使うカメラバッグの選び方

先日、お祭りの写真を撮りに行ってきました。 天候に恵まれましたので、少し太陽にあたると日焼けす

記事を読む

no image

イコニワークスが自分で組み立てるデジタルカメラ「Bigshot」を発売

海外で2013年8月に発売されたデジタルカメラの自作キット「Bigshot」を10月下旬に国内で発売

記事を読む

no image

「阿波おどりのためのストロボライティング講習」をニッシンが開催

ニッシンジャパン株式会社は8月18日に、ニッシンジャパンセミナールームで「阿波おどりのためのストロボ

記事を読む

no image

GeChic がIPS液晶のモバイルディスプレイ「On-Lap 1502」を発売

テックウインド株式会社は、台湾GeChic製のIPS液晶のモバイルディスプレイ「On-Lap 150

記事を読む

toshiba

東芝「FlashAir」とペンタックス「FLUCARD O-FC1」の比較

ペンタックスの無線LAN機能付きのSDカード「FLUCARD O-FC1」の発売が2月下旬になること

記事を読む

no image

「蔵Cura 光学レンズ専用クリーナー」のレビュー

クリーナーのレビューの2回目として、今回は「蔵Cura 光学レンズ専用クリーナー」のレビューをお届け

記事を読む

no image

保護フィルターの役割について

  保護フィルターは、必要という方もいれば、必要でない、という方もいます。 そこで、本

記事を読む

no image

プロ写真家のアドバイス Part.2 テーマについて

2013年8月18日(日)に、ニッシンジャパン内セミナールームで行われた「阿波おどりのためのストロボ

記事を読む

no image

寒いところでも快適に撮影ができる撮影用グローブ

カメラ比較.com の管理人は、5年連続で札幌の雪祭りと旭川の冬祭りに行きました。 その年の気

記事を読む

no image

デジタル一眼レフのピントを補正できる「Spyder Lenscal」について

カメラ比較.com では、ペンタックスの「K-5」を2台所有していますが、最初に購入した「K-5」の

記事を読む

写真ブログ


本日の女性ポートレイト・ランキング

本日のデジタル一眼レフカメラ・ランキング

本日のカメラ・レンズ・撮影機材・ランキング

お祭りやイルミネーションの写真集



ツイッター


ちょっと気になるカメラ情報はツイッターでお届けしています。
素敵な写真はリツイートしていますので、是非、フォローして下さいね。

カメラ比較.com の管理人のツイッター



コメント


カメラ比較.com では、コメントやメッセージを受け付けています。
ご意見やご要望、気がついたことなどは、下記から投稿して下さいね。
メールアドレスとウェブサイトは省略可能です。
コメントは承認後に表示されます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

adsense

no image
ポートレイト写真集(栗原優梨亜)Part.2

2015年3月28日に、フレッシュ撮影会にてポートレイト撮影をしてきま

no image
ポートレイト写真集(栗原優梨亜)Part.1

2015年3月28日に、フレッシュ撮影会にてポートレイト撮影をしてきま

panasonic1
パナソニック 「LUMIX GH4」の空間認識AFは他社製レンズでは機能しない。

パナソニックは「LUMIX GH4」を2014年4月24日に発売しまし

nikon
ニコン1で「FXレンズ」に要求される解像度は1億画素以上

ニコンは、2014年3月13日に、「Nikon1 V2」の後継機になる

nikon
ニコン 「1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6」は「土星の輪」も解像する。

ニコンは、2014年6月30日に、「Nikon1」用の望遠レンズ「1

→もっと見る



PAGE TOP ↑