*

デジカメでピントの的中率を上げる方法

公開日: : 最終更新日:2013/05/04 デジタルカメラ全般 ,

デジカメの雑誌などには、ピントの的中率を上げる方法などが書いてありますが、多くの場合は、当たり前のことしか書いてありません。

 

しかし、カメラ比較.com では、スポーツ撮影もしていますので、デジカメの能力を最大限まで引き出して、一瞬のチャンスを逃したくない撮影したい時が良くあります。

 

そのために、必要なことを、今までの撮影の経験から書きますね。

 

もちろん、これはメーカーの公式ページなどに書いてあることではありません。

もちろん、雑誌などに書いてあったことでもありません。

 

また、何かで測定した訳でもありません。

あくまでも、体感レベルの話です。

 

読んでしまうと、当たり前のように感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、一瞬を逃してはいけないスポーツ撮影などをされている方には、役立つと思いますので、ここに書きますね。

 

たくさんの写真を撮られている方の場合、「カメラの調子」がいい時と悪い時を経験された方も多いと思います。

 

いつもと同じように撮影しているにも関わらず、スポーツ撮影などで、ピントがバシバシ合う時と、合わない時がある場合などです。

 

もちろん、その時の自分の体調(コンディション)やスキル(技術)によるものも多いと思いますけれど、経験を重ねていくと、これは明らかに「カメラの調子」があまり良くないために、ピントが合っていない。

 

と感じることもあると思います。

 

自分は絶好調なのにも関わらず、カメラがいつものように、自分の思い通りに動いてくれない時が良くあるのです。

 

その時を分析してみましたが、やはり、撮影をスタートしたばかりの時は、カメラの能力が、100%発揮できていないような感じがします。

 

シャッターを数百回切っていくと、本当に微妙かもしれませんが、少しずつ、能力がアップしていくような気がするのです。

 

つまり、カメラの能力を最大限引き出すには、人間と同じで、ウォーミングアップが必要なのかもしれません。

 

そして、そのカメラの能力を最大限引き出した時の調子が一番よく分かるのが、動体の撮影での連写でのピントの的中率です。

 

カメラの能力が一番必要とされる部分だと思いますので。。。

 

ウォーミングアップが必要な理由として、真っ先に考えられるのが「電池の温度」です。

 

極寒の地では、電池の温度が下がるので、カメラの能力が落ちたり、すぐにバッテリーが使えなくなることは、良く知られていますよね。

 

常温で撮影する場合でも、撮影を始めたばかりの時は、電池の温度が低いことが原因で、カメラの能力が最大限発揮できていないのかもしれません。

 

電池が切れかかって、交換をする時は、今まで使っていた電池は暖かいですので、撮影をしていると、電池の温度が上がります。

 

しかし、体感上、電池(電流や電圧)だけの問題ではないような気がします。

 

その他の部品なども、撮影をしていくうちに、暖かくなってくることで、スムーズに動くようになって、最大限の能力が発揮できるようになるのではないでしょうか?

 

もちろん、ただ単にシャッターを切っているだけでは駄目で、動いているものにピントを合わせ続けたり、実際の撮影と同じことをしないといけないと思いますけれど、体感上では、数百ショットを撮った当たりから、カメラの能力はアップしていくような気がします。

 

これは、もちろん、体感上のことですので、数値を取って計ってみたりしても、もしかして、あまり変わらないかもしれません。

 

しかし、カメラの調子がベストではない場合、10枚連写をして、的中率が8枚だったとすれば、ウォーミングアップをすると、9枚以上になるような感じがします。

 

カメラの調子がいいときは、ピントがバシバシ合っていると感じますので。。。

 

もし、体感レベルではなく、本当にそうだったら、10%以上も的中率がアップしていることになります。

 

ここに書いたことは、体感レベルでの話ですので、実際にテストをした訳ではありませんので、カメラ比較.com なのに、比較したデータを出せなくて申し訳ないのですが、もし良かったら、参考になれば幸いです。

 

本当は比較をしたいのですが、本当に微妙なレベルでのことですし、撮影者のコンディションやスキルに、計測がかなり影響されてしまいますので、実戦で比較をするのは、非常に困難だと思いますので、比較できない点はご了承下さい。

 

恐らく、スポーツ撮影をされている方でしたら、この記事で書いたのと同じような経験をされている方はいらっしゃるとは思うのですが、カメラ雑誌などの記事でも、このようなことが書いていないのは、実際にテストができないからかもしれませんね。

本日のバーゲン情報
【緊急値下げ】 Canon / Nikon / OLYMPUS / PENTAX

【タイムセール】 一眼レフ・ミラーレス一眼・ビデオカメラ

【70%OFF】 コンパクトデジタルカメラ



adsense

adsense

関連記事

no image

マルミの保護フィルター DHG Super Lens Protect (DHG スーパーレンズ プロテクト) レビュー

先日、保護フィルターを割ってしまいましたので、新しく保護フィルターを購入しました。  

記事を読む

no image

「阿波おどりのためのストロボライティング講習」をニッシンが開催

ニッシンジャパン株式会社は8月18日に、ニッシンジャパンセミナールームで「阿波おどりのためのストロボ

記事を読む

no image

容量無制限でデータをクラウドに保存できる「bitcasa」のレビュー

管理人は、デジタルカメラで撮影を始めたのが2001年ですので、デジカメ歴は10年以上あります。 &

記事を読む

no image

デジタル一眼レフのピントを補正できる「Spyder Lenscal」について

カメラ比較.com では、ペンタックスの「K-5」を2台所有していますが、最初に購入した「K-5」の

記事を読む

no image

センサーについたゴミを自分で除去する方法

センサーについたゴミを除去する場合、サービスセンターに持って行けば、除去してもらえます。 例え

記事を読む

no image

2014年に開催される「CP+2014」の開催日が決定

一般社団法人カメラ映像機器工業会(CIPA)が、毎年行われているカメラと写真の総合展示会「CP+」(

記事を読む

no image

「ブルーライト」をカットする目が疲れにくいディスプレイ

カメラ比較.com では、写真の編集作業をしますので、ノートパソコンに外部ディスプレイを繋げて作業を

記事を読む

no image

「サジタルコマフレア」とは?

「サジタルコマフレア」という言葉が最近、良く使われてきているような気がします。 以前は、たまにしか

記事を読む

no image

個性的でユニークな写真のタイトルを付ける方法

フォトコンや写真展などで、タイトルで悩んでいる方は、かなり多いのではないでしょうか?  

記事を読む

no image

三脚を使わずに不安定な場所でカメラを安定させる方法

風景写真や夜景写真を撮影する時は、「三脚」を使って撮影される方が多いと思います。  

記事を読む

写真ブログ


本日の女性ポートレイト・ランキング

本日のデジタル一眼レフカメラ・ランキング

本日のカメラ・レンズ・撮影機材・ランキング

お祭りやイルミネーションの写真集



ツイッター


ちょっと気になるカメラ情報はツイッターでお届けしています。
素敵な写真はリツイートしていますので、是非、フォローして下さいね。

カメラ比較.com の管理人のツイッター



コメント


カメラ比較.com では、コメントやメッセージを受け付けています。
ご意見やご要望、気がついたことなどは、下記から投稿して下さいね。
メールアドレスとウェブサイトは省略可能です。
コメントは承認後に表示されます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

adsense

no image
ポートレイト写真集(栗原優梨亜)Part.2

2015年3月28日に、フレッシュ撮影会にてポートレイト撮影をしてきま

no image
ポートレイト写真集(栗原優梨亜)Part.1

2015年3月28日に、フレッシュ撮影会にてポートレイト撮影をしてきま

panasonic1
パナソニック 「LUMIX GH4」の空間認識AFは他社製レンズでは機能しない。

パナソニックは「LUMIX GH4」を2014年4月24日に発売しまし

nikon
ニコン1で「FXレンズ」に要求される解像度は1億画素以上

ニコンは、2014年3月13日に、「Nikon1 V2」の後継機になる

nikon
ニコン 「1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6」は「土星の輪」も解像する。

ニコンは、2014年6月30日に、「Nikon1」用の望遠レンズ「1

→もっと見る



PAGE TOP ↑