*

「AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED」のレンズフード

公開日: : 最終更新日:2013/08/19 デジタルカメラ全般 ,

先日、お祭りの写真を撮りに行ってきましたが、午前中もお昼も晴天でした。

 

しかし、夕方になると、夕立が降ってきたのです。

 

傘を持ってこなかったので、大雨の時は雨宿りをしましたが、小雨の時はレンズを変えて撮影をしました。

 

雨天の時に役立つレンズと言えば、「防塵防滴」のレンズばかりが紹介されますけれど、大雨で雨に濡れて撮影をする場合は別として、雨が降っていても、傘をさして撮影をする場合は、「防塵防滴」よりも、管理人にとっては大切なことがあります。

 

それは、レンズ面に雨がかからないようにすることです。

 

いくら防塵防滴であったとしても、レンズに雨が付着すれば、シャープな写真が撮れなくなってしまいますよね。

 

大きな雨粒がレンズに付着すると、雨粒が「前ボケ」のようになってしまいます。

 

housetenbosu

 

もちろん、雨粒を前ボケのように活用する場合は別として、できればレンズに雨を付着させずに、撮影をしたいですよね。

 

そこで、雨の日の撮影する場合、管理人が注目しているのは「レンズフード」です。

 

大きなレンズフードは「フレア」や「ゴースト」対策だけではなく、雨の日の撮影では「雨よけ」になるのです。

 

 

雨の日にも役立つレンズフード

 

晴れていた時は、ニコンの「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR」で撮影をしていましたが、このレンズのフードは「おまけ」みたいに小さい花形フードですので、フードを付けていても付けなくてもあまり変わらないような気もします。

 

Nikon AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

 

Nikon 標準ズームレンズ AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR フルサイズ対応

 

そこで、雨が降ってきたので、大きなフードが付いている「AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED」のレンズに変えました。

 

Nikon AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED

 

Nikon 標準ズームレンズ AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED フルサイズ対応

 

このレンズは、レンズ自体も大きいですが、フードも大きいです。

そして、ズームをしても、レンズの全長はほぼ変わりません。

また、防塵防滴のレンズです。

 

レンズの全長は変わりませんが、24mmの時は、レンズが前に繰り出してきて、70mmの時は、レンズが後ろに引っ込みます。

 

そのため、レンズフードは、24mmの広角でも、70mmの時でも、最大限、役立つように作られているのです。

 

このレンズに変えて、小雨の中、撮影をしてみましたが、レンズを上に向けて撮影をしていた時があったため、レンズに雨が少し付着してしまいましたが、少しですので、気になるほどではありません。

 

フードがほとんど雨をブロックしてくれていました。

 

「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR」と「AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED」のレンズを比較すれば、F値の違いだけではなく、屋外での撮影では、レンズフードの違いも実写では画質に差がでてくると思います。

 

 

まとめ

 

「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR」の場合、レンズフードが小さいので、もしかして、付けても付けていなくても、画質は同じかもしれません。

 

しかし、「AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED」のレンズフードは、かなり大きいですので、持ち運びの時に少し不便ですけれど、晴天の時は「フレア」や「ゴースト」対策になりますし、雨の日は「レンズ面の雨よけ」になりますので、大活躍します。

 

晴天の時は、当たり前と言えば、当たり前なのですが、いくら「ナノクリスタルコート」があっても、フードで光を遮断する方が「フレア」や「ゴースト」対策の効果は高いです。

 

フードで遮断しなくても「ハレ切り」をすればいいのでは?

 

と思われた方も多いかもしれませんが、レンズを振り回すスポーツ撮影では、ハレ切りをすることは、かなり難しく、レンズフードが一番の対策になります。

 

その点、「AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED」は、フードの効果が大きいので、「フレア」や「ゴースト」対策の効果は大きいですし、雨の日にも「雨よけ」としても活躍します。

 

この記事では「AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED」のレンズフードを例にしましたが、もちろん、他にもレンズフードが大きいレンズはたくさんあります。

 

またご紹介していきますので、良かったら、是非、参考にしてみて下さいね。

 

Nikon AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED

Nikon AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED

本日のバーゲン情報
【緊急値下げ】 Canon / Nikon / OLYMPUS / PENTAX

【タイムセール】 一眼レフ・ミラーレス一眼・ビデオカメラ

【70%OFF】 コンパクトデジタルカメラ



adsense

adsense

関連記事

no image

タイムラプス動画のおもしろいアイデア

最近のデジカメには「タイムラプス動画」機能が付いているものが増えてきました。  

記事を読む

no image

プロ写真家のアドバイス Part.1 構図について

2013年8月18日(日)に、ニッシンジャパン内セミナールームで行われた「阿波おどりのためのストロボ

記事を読む

no image

ストロボで熱を気にしなくても連写ができる方法

あまり明るくない場所での撮影で、スポーツ撮影をする場合、ストロボを使うか、ストロボを使わないか、迷う

記事を読む

no image

2014年に開催される「CP+2014」の開催日が決定

一般社団法人カメラ映像機器工業会(CIPA)が、毎年行われているカメラと写真の総合展示会「CP+」(

記事を読む

no image

見やすく貼りやすいデジカメの液晶保護フィルムは?

デジカメを購入すれば、一番最初にすることは「保護フィルムを買うこと」という方も多いのではないでしょう

記事を読む

no image

ミラーレス一眼が海外で不人気の理由

2013年12月5日の毎日新聞の記事に、デジカメの販売不振についての記事があります。 &nbs

記事を読む

no image

「サジタルコマフレア」とは?

「サジタルコマフレア」という言葉が最近、良く使われてきているような気がします。 以前は、たまにしか

記事を読む

no image

防湿庫は必要か?

カメラやレンズは放っておくと、カビが生えるとよく言われます。 梅雨の時期は湿度が高いですし、冬と言

記事を読む

no image

2014年春のお勧めのコンパクトデジカメ(コンデジ)

2014年度のカメラ機器の展示会「CP+2014」が終了しました。 今まではコンパクトデジタル

記事を読む

no image

保護フィルターの役割について

  保護フィルターは、必要という方もいれば、必要でない、という方もいます。 そこで、本

記事を読む

写真ブログ


本日の女性ポートレイト・ランキング

本日のデジタル一眼レフカメラ・ランキング

本日のカメラ・レンズ・撮影機材・ランキング

お祭りやイルミネーションの写真集



ツイッター


ちょっと気になるカメラ情報はツイッターでお届けしています。
素敵な写真はリツイートしていますので、是非、フォローして下さいね。

カメラ比較.com の管理人のツイッター



コメント


カメラ比較.com では、コメントやメッセージを受け付けています。
ご意見やご要望、気がついたことなどは、下記から投稿して下さいね。
メールアドレスとウェブサイトは省略可能です。
コメントは承認後に表示されます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

adsense

no image
ポートレイト写真集(栗原優梨亜)Part.2

2015年3月28日に、フレッシュ撮影会にてポートレイト撮影をしてきま

no image
ポートレイト写真集(栗原優梨亜)Part.1

2015年3月28日に、フレッシュ撮影会にてポートレイト撮影をしてきま

panasonic1
パナソニック 「LUMIX GH4」の空間認識AFは他社製レンズでは機能しない。

パナソニックは「LUMIX GH4」を2014年4月24日に発売しまし

nikon
ニコン1で「FXレンズ」に要求される解像度は1億画素以上

ニコンは、2014年3月13日に、「Nikon1 V2」の後継機になる

nikon
ニコン 「1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6」は「土星の輪」も解像する。

ニコンは、2014年6月30日に、「Nikon1」用の望遠レンズ「1

→もっと見る



PAGE TOP ↑