*

保護フィルターの役割について

公開日: : デジタルカメラ全般

 

保護フィルターは、必要という方もいれば、必要でない、という方もいます。

そこで、本題に入る前に、保護フィルターの必要性について整理をしておきますね。

 

 

保護フィルターのメリット

 

レンズにダメージを与えてしまうことを防ぐことができる。

 

 

保護フィルターのデメリット

 

保護フィルターをつけると画質が少し劣化する。

保護フィルターを買うお金が必要。

 

 

ちなみに、カメラ比較.com では、フィルターが付けられないレンズを除いては、

ほとんどのレンズに「保護フィルター」を付けています。

 

もちろん、保護フィルターが汚れていたら、画質が劣化しますが、撮影前に、しっかりと保護フィルターをクリーニングして綺麗にしておけば、保護フィルターの有り無しを見比べても、画質の違いが分からないのではないでしょうか?

 

画質の違いが分からない程度の画質の劣化でしたら、フィルター代がかさみますが、保護フィルターを付けて、レンズを守る役割の方が大きいと考えているからです。

 

屋内で撮影をしている方は、レンズの取り扱いに気をつけていれば、保護フィルターは必要ないかもしれませんが、屋外に持ち運びをする場合、どうしても傷などが付きやすくなります。

 

特に、大口径のレンズは、レンズ面が大きいので傷が付きやすいです。

 

とは言っても、実際に「保護フィルターをつけていて良かった!」というような経験がなければ、保護フィルターは買わなくてもいいかも?

 

と思われる方も多いと思います。

 

そこで、今回は保護フィルターが割れてしまった出来事を書きますね。

 

 

保護フィルターが割れました!

 

お祭りの撮影で場所取りをしていた時に、少し場所を移動しないといけないことがありました。

 

そこで、荷物一式を簡単にまとめて移動していた歩いていた所、なんとカメラを落としてしまったのです。。。

 

そして、その結果がこれです!

 

IMGP1253

 

 

カメラを拾った瞬間、「レンズが割れた!」と思ったのですが、しっかりと見てみると、保護フィルターが割れただけで、レンズ自体は割れていませんでした。

 

そこで、保護フィルターを取り外そうと思ったのですが、写真を見ても分かる通り、上の部分が、落とした衝撃で凹んでいますので、ねじがつぶれてしまっています。

 

そのため、どれだけ力を入れても、取り外すことができませんでした。

 

そのため、オリンパスのサービスセンターに持ち込んで見てもらったところ、保護フィルターをはずすだけだったら、無料でしてくれるとのこと!

 

というわけで、お願いしました。

 

「保護フィルターのレンズを割ってもいいですか?」と聞かれましたので「いいですよ」と答えた所、約15分ではずしてくれるとのことでした。

 

そして、その結果がこちら!

 

IMGP1968 IMGP1953

 

 

保護フィルターをはずしてもらう前は、ねじが凹んでしまっていましたので、キャップが付けられませんでしたが、ねじの部分も修復して下さったので、キャップが付けられるようになりました。

 

そして、その他の部分は特に壊れていないとのことでした。

(オリンパスさん、ありがとうございました。)

 

 

保護フィルターの役割について

 

今回、保護フィルターが割れることで、かなり衝撃を緩和してくれたと思いますので、レンズ自体には何も問題がなかったのですが、もし、保護フィルターを付けていなければ、衝撃がダイレクトにレンズに伝わりますので、有料の修理に出さなければいけなかった可能性が高いです。

 

ちなみに、落とした場合は、保証期間であったとしても、修理は有料になります。

 

また、レンズの打ち所が悪いと、修理では治らない可能性もあったと思います。

 

レンズは、保護フィルターみたいに簡単には割れませんが、保護フィルターは、割れることで衝撃を緩和する役割があることが分かりました。

 

また、割れた破片でレンズに傷が付かないように、粉々に割れないようになっています。

 

つまり、保護フィルターは体を張って、レンズを守ってくれたのです。

レンズのボディーガードですね。

 

保護フィルターは、本当に「保護」することを目的に、しっかりと考えて作られていることが分かった事件でした。

 

もちろん、保護フィルターと一言で言っても、安いものから高いものまでありますので、ピンキリです。

 

カメラ比較.com で購入しているものは、少し高いですが、マルミの「DHGスーパーレンズプロテクト」をよく購入しています。

 

marumi 52 mm DHGスーパーレンズプロテクト

 

marumi カメラ用フィルター 保護用フィルター 52 mm 無色透明 DHGスーパーレンズプロテクト 066075

 

 

何種類かの保護フィルターを今まで使ってきましたが、「防汚、撥水、撥油」と3つ揃っていますので、これが一番良かったからです。

 

もし良かったら、参考になさって下さいね。

本日のバーゲン情報
【緊急値下げ】 Canon / Nikon / OLYMPUS / PENTAX

【タイムセール】 一眼レフ・ミラーレス一眼・ビデオカメラ

【70%OFF】 コンパクトデジタルカメラ



adsense

adsense

関連記事

no image

反射光による周辺部のフレアを取り除く撮影方法

先日、お祭りの撮影をしてきたのですが、夕方には夕陽が原因のフレアがでてしまいました。  

記事を読む

no image

寒いところでも快適に撮影ができる撮影用グローブ

カメラ比較.com の管理人は、5年連続で札幌の雪祭りと旭川の冬祭りに行きました。 その年の気

記事を読む

no image

GeChic がIPS液晶のモバイルディスプレイ「On-Lap 1502」を発売

テックウインド株式会社は、台湾GeChic製のIPS液晶のモバイルディスプレイ「On-Lap 150

記事を読む

nikon

「AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED」のレンズフード

先日、お祭りの写真を撮りに行ってきましたが、午前中もお昼も晴天でした。   し

記事を読む

no image

見やすく貼りやすいデジカメの液晶保護フィルムは?

デジカメを購入すれば、一番最初にすることは「保護フィルムを買うこと」という方も多いのではないでしょう

記事を読む

no image

新年、あけましておめでとうございます。

新年、あけましておめでとうございます。   昨年は、たくさんの方々にブログを読んでいた

記事を読む

no image

2013年のミラーレス一眼カメラのランキング

2013年は、ミラーレスカメラが飛躍した1年になりました。 BCNランキングによると、レンズ交

記事を読む

no image

2014年に開催される「CP+2014」の開催日が決定

一般社団法人カメラ映像機器工業会(CIPA)が、毎年行われているカメラと写真の総合展示会「CP+」(

記事を読む

no image

デル 7万円以下の格安4Kモニターを発売

デルは、28型の4K(3840×2160ドット)ディスプレイを発売することを発表しました。 ア

記事を読む

no image

「サジタルコマフレア」とは?

「サジタルコマフレア」という言葉が最近、良く使われてきているような気がします。 以前は、たまにしか

記事を読む

写真ブログ


本日の女性ポートレイト・ランキング

本日のデジタル一眼レフカメラ・ランキング

本日のカメラ・レンズ・撮影機材・ランキング

お祭りやイルミネーションの写真集



ツイッター


ちょっと気になるカメラ情報はツイッターでお届けしています。
素敵な写真はリツイートしていますので、是非、フォローして下さいね。

カメラ比較.com の管理人のツイッター



コメント


カメラ比較.com では、コメントやメッセージを受け付けています。
ご意見やご要望、気がついたことなどは、下記から投稿して下さいね。
メールアドレスとウェブサイトは省略可能です。
コメントは承認後に表示されます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

adsense

no image
ポートレイト写真集(栗原優梨亜)Part.2

2015年3月28日に、フレッシュ撮影会にてポートレイト撮影をしてきま

no image
ポートレイト写真集(栗原優梨亜)Part.1

2015年3月28日に、フレッシュ撮影会にてポートレイト撮影をしてきま

panasonic1
パナソニック 「LUMIX GH4」の空間認識AFは他社製レンズでは機能しない。

パナソニックは「LUMIX GH4」を2014年4月24日に発売しまし

nikon
ニコン1で「FXレンズ」に要求される解像度は1億画素以上

ニコンは、2014年3月13日に、「Nikon1 V2」の後継機になる

nikon
ニコン 「1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6」は「土星の輪」も解像する。

ニコンは、2014年6月30日に、「Nikon1」用の望遠レンズ「1

→もっと見る



PAGE TOP ↑