*

プロ写真家のアドバイス Part.2 テーマについて

公開日: : 最終更新日:2013/08/21 デジタルカメラ全般, 撮影会・写真展・セミナー情報 ,

2013年8月18日(日)に、ニッシンジャパン内セミナールームで行われた「阿波おどりのためのストロボライティング講習」に参加してきました。

 

「阿波おどりのためのストロボライティング講習」

http://camera-hikaku.com/archives/2873

 

講師は阿波おどりや手筒花火の撮影で著名な中野裕先生です。

 

セミナーが終了後に、管理人が撮影をした写真を見せて、個人的にアドバイスをもらいました。

 

この記事は「Part.2」ですので「Part.1」は下記をクリックして読んで下さいね。

http://camera-hikaku.com/archives/3043

 

管理人が撮影した写真についてのアドバイスですので、このブログを読んで下さっている方の中には、当てはまらない方も多いかもしれません。

 

が、中野裕先生がどのようなアドバイスをされたのか、気になる方もいらっしゃると思いますので、今回、記事として書きますね。

 

ちなみに、中野裕先生の最新刊はこの本です。

 

旅の途中-1 一眼レフで旅する人へ

 

旅の途中-1 一眼レフで旅する人へ

 

 

アドバイス・その2「写真のテーマについて」

 

管理人の写真を見て「テーマ」についてのアドバイスを頂きました。

 

これも、Part.1 の「構図」と同じく、写真を何年か撮っている方でしたら、現在、同じ段階にいらっしゃる方も多いかもしれません。

 

管理人は撮影の時は、シャッターチャンスを逃さないように「いい写真」を撮ろうと頑張っています。

 

「いい写真」を量産することに力を入れているのです。

 

そのために、最初は「EOS Kiss」でスタートしたカメラの機材が、だんだんとスペックアップしてきて、動く被写体を撮影する場合、現在は、ニコンのフラッグシップモデルである「D4」を使っています。

 

動く被写体を撮影する場合、ある程度の撮影技術があれば、カメラをレベルアップすることで、いい写真が撮れる確率が高まります。

 

連写をすることでシャッターチャンスを逃しにくくなったり、ピントが合った写真が多くなるからです。

 

撮影技術は、写真関係の本を読んだり、カメラ雑誌を欠かさず読むことで、撮影ノウハウを学ぶことができます。

 

もちろん、読むだけでは写真のレベルは上がらないので、週末は、ほぼ毎週のように、写真を撮りに行ってます。

 

そのため、「いい写真」を撮ろうと思えば、確率論で、必ず、いい写真が撮れるのです。

 

つまり、「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」が現在の状態です。

 

中野裕先生が管理人が撮影した「阿波踊りの写真」を20~30枚ほど見てからのアドバイスは「阿波踊りを俯瞰して、テーマを決めて撮った方がいい。」というものでした。

 

「いい写真」が何枚もあったとしても、統一性がないのです。

つまり、「テーマ」がないのです。

 

これも、まさしく「図星」でした!

 

「いい写真」を撮ることに、これまでは力を入れてきましたが、次のステップに行くには「テーマ」を決めて撮るという段階に進まなければいけません。

 

これは、撮影技術や撮影機材で解決する問題ではありませんので、難しい課題です。

 

しかし、この課題をしっかりと乗り越えないと、いつまでも同じレベルでとどまったままになってしまいます。

 

管理人もこのことは薄々気がついていて「テーマ」を決めて撮らないと。

とは思っていたのですが、実行しないと次のステップに進めません。

 

今回、先生からずばりと指摘していただきましたので、次のレベルにステップアップできるように、統一性がある写真が撮れるように、これからは頑張りたいと思います。

 

 

ひとこと

 

先生のアドバイスは、まさしく、現在の管理人の状態を見極めて、ばしっとアドバイスをしれくれました。

 

写真の基礎が大体分かってきて、「いい写真」が撮れるようになってきたら、まさしく次のステップは「テーマ」を決めて撮ることだと思います。

 

ただ、このステップに進むのは、かなり難易度が高いので、多くの方は「いい写真が撮れた!」というステップで終わっている方が多いのだと思います。

 

また、「テーマ」を決めたから、と言っても、すぐに「テーマに添った写真」が撮れるかというと、そうでもないと思います。

 

やはり、「テーマ」を決めたとしても、「テーマに添った写真」がしっかりと撮れるようになるには、長い時間がかかると思います。

 

今すぐ、テーマが思い浮かぶ訳ではないので、まずは、2014年の徳島の阿波踊りまでには「このような写真を撮る」というテーマを決めたいと思います。

 

このアドバイスですけれど、管理人と同じステップにいる方もいらっしゃると思いますので、良かったら、この記事を参考にしてみて下さいね。

 

それでは、Part.3 のアドバイスもまた記事にしますので、お楽しみに~!

本日のバーゲン情報
【緊急値下げ】 Canon / Nikon / OLYMPUS / PENTAX

【タイムセール】 一眼レフ・ミラーレス一眼・ビデオカメラ

【70%OFF】 コンパクトデジタルカメラ



adsense

adsense

関連記事

no image

ババロアモデル撮影会 レビュー

2013年5月19日(日)に、愛知県の「安城デンパーク」で行われたババロアモデル撮影会に参加してきま

記事を読む

yodobashi

ヨドバシカメラ ネットで注文した商品が24時間受け取り可能に!

ヨドバシカメラは「ネットで注文、店舗で受け取りサービス」の受け取り可能時間を24時間、いつでも可能に

記事を読む

no image

ミラーレス一眼が海外で不人気の理由

2013年12月5日の毎日新聞の記事に、デジカメの販売不振についての記事があります。 &nbs

記事を読む

sony1

ソニーがバックアップ専用のSDカードを発表

ソニーが、パソコンのカードスロットに入れておくだけで、自動的にパソコン内の指定されたフォルダのデータ

記事を読む

no image

ガラス越しの撮影で、映り込みを消す方法

ガラス越しの撮影で一番困るのが「映り込み」ではないでしょうか?   展望台など

記事を読む

no image

イルミネーション撮影のカメラの設定について

カメラ比較.com の管理人は、このブログには掲載していませんが、イルミネーションの写真も撮っていま

記事を読む

no image

「サジタルコマフレア」とは?

「サジタルコマフレア」という言葉が最近、良く使われてきているような気がします。 以前は、たまにしか

記事を読む

no image

背面モニターの保護フィルムの貼り替えについて

カメラ比較.com が所有しているペンタックス「K-7」の 上部にあるサブモニターは上下を間違えて貼

記事を読む

toshiba

東芝の FlashAir と Eye-fi の比較

東芝が「FlashAir」の2代目になる「FlashAir W-02」を発売しました。 amazo

記事を読む

no image

デジカメのアスペクト比について

デジタルカメラで設定できるアスペクト比は、最近は4種類の設定できる機種が増えてきました。 少し前ま

記事を読む

写真ブログ


本日の女性ポートレイト・ランキング

本日のデジタル一眼レフカメラ・ランキング

本日のカメラ・レンズ・撮影機材・ランキング

お祭りやイルミネーションの写真集



ツイッター


ちょっと気になるカメラ情報はツイッターでお届けしています。
素敵な写真はリツイートしていますので、是非、フォローして下さいね。

カメラ比較.com の管理人のツイッター



コメント


カメラ比較.com では、コメントやメッセージを受け付けています。
ご意見やご要望、気がついたことなどは、下記から投稿して下さいね。
メールアドレスとウェブサイトは省略可能です。
コメントは承認後に表示されます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

adsense

no image
ポートレイト写真集(栗原優梨亜)Part.2

2015年3月28日に、フレッシュ撮影会にてポートレイト撮影をしてきま

no image
ポートレイト写真集(栗原優梨亜)Part.1

2015年3月28日に、フレッシュ撮影会にてポートレイト撮影をしてきま

panasonic1
パナソニック 「LUMIX GH4」の空間認識AFは他社製レンズでは機能しない。

パナソニックは「LUMIX GH4」を2014年4月24日に発売しまし

nikon
ニコン1で「FXレンズ」に要求される解像度は1億画素以上

ニコンは、2014年3月13日に、「Nikon1 V2」の後継機になる

nikon
ニコン 「1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6」は「土星の輪」も解像する。

ニコンは、2014年6月30日に、「Nikon1」用の望遠レンズ「1

→もっと見る



PAGE TOP ↑