*

マルミの保護フィルター DHG Super Lens Protect (DHG スーパーレンズ プロテクト) レビュー

公開日: : デジタルカメラ全般

先日、保護フィルターを割ってしまいましたので、新しく保護フィルターを購入しました。

 

marumi 保護用フィルター 52 mm DHGスーパーレンズプロテクト

 

marumi カメラ用フィルター 保護用フィルター 52 mm 無色透明 DHGスーパーレンズプロテクト 066075

 

 

保護フィルターが割れた写真

http://camera-hikaku.com/archives/3018

 

カメラ比較.com では、カメラのレンズには、ほぼ全て、マルミの保護フィルターを付けています。

 

保護フィルターを付けない方がいい、とおっしゃる方もいますが、その理由は「画質が落ちるため」という理由です。

 

確かに、その通りだと思います。

 

ただ、保護フィルターはピンキリです。

 

カメラ比較.com で使用しているマルミの最高品質の保護フィルターである「DHGスーパーレンズプロテクト」を「有り・無し」で撮影をして、区別ができるかというと、区別ができないのではないでしょうか?

 

ちなみに、管理人は区別ができません。。。

 

保護フィルターの有り無しよりも、レンズについている落ちない汚れや傷の方が、もっと画質に悪影響を与えると思います。

 

保護フィルターを付けるデメリットよりも、保護フィルター(マルミの「DHGスーパーレンズプロテクト」)をつけないことによるデメリットの方が、大きいと思いますので、カメラ比較.com では、ほぼ全てのレンズに、マルミの「DHGスーパーレンズプロテクト」を付けています。

 

「ほぼ」というのは、フィルターを取り付けることができない「超広角レンズ」や、保護フィルターが1万円以上する「超望遠レンズ」には取り付けていないからです。

 

保護フィルターに1万円以上は、財政上、厳しいです。。。

 

 

「DHG スーパーレンズプロテクト」の特徴

 

カメラ比較.com では、保護フィルターを購入する時は、マルミの「DHGスーパーレンズプロテクト」で統一をしています。

 

その理由の一つは「撥水・撥油性能」があるからです。

「撥水・撥油性能」がある保護フィルターは、ほとんどありません。

 

捜してみたところ、マルミの「DHGスーパーレンズプロテクト」が一番良さそうだったので、購入しました。

 

また、マルミの保護フィルターの中で、最高品質と書いてありましたので、画質に悪影響を与えることは、ほとんどないと判断したからです。

 

 

「DHG レンズプロテクト」との比較

 

商品名に「スーパー」がない「DHGレンズプロテクト」を購入して、使っていたことがあります。

 

「DHGレンズプロテクト」が「Wパック」として、2つセットで安く売っていたからです。

 

marumi 52 58 mm 無色透明 DHGレンズプロテクト

 

marumi カメラ用フィルター 保護用フィルター 52 58 mm 無色透明 DHGレンズプロテクト 501057

 

 

「スーパー」があってもなくても、違いは分からないだろう。

 

と思って購入し、そのまま使っていたのですが、なぜか「DHGレンズプロテクト」は、しっくりきません。

 

もちろん、保護フィルターを付け終わったら、保護フィルターの種類の違いなどは覚えていませんので、意識の問題ではありません。

 

使っているうちに、「いつもと違う」と感じるようになったのです。

 

汚れの落ちが「スーパーDHGレンズプロテクト」と比べると、少し性能が落ちるような感じがしたのです。

 

また、そのためか、少し画質が落ちているような気がしたのです。

写真用語で言えば「抜けが悪い」というような感じです。

 

また、細かな傷も付きやすいような気がしました。

 

もちろん、使用状況はレンズごとに違いますので、明確な比較はできませんが、体感上の比較です。

 

そして、ふと、この保護フィルターは「スーパーDHGレンズプロテクト」ではないことに気がついたのです。

 

つまり、しっくり来なかった理由は「スーパーDHGレンズプロテクト」ではなかったからなのです。

 

当たり前と言えば、当たり前かもしれませんが、「スーパーDHGレンズプロテクト」と「DHGレンズプロテクト」では、性能に差があります。

 

「スーパーDHGレンズプロテクト」は汚れが落ちやすく、なんとなく、「DHGレンズプロテクト」よりも透明度が高いような気がします。

 

あくまでも体感上ですので、2つを撮り比べて、区別が付くか?

と問われたら、区別が付かないかもしれません。

 

しかし、感覚的には「スーパーDHGレンズプロテクト」は画質に影響はほとんどなく、「DHGレンズプロテクト」は画質に少し悪影響があるかもしれません。

 

そのことを感じてから、しばらくした後、小さな傷がついたことをきっかけに、「スーパーDHGレンズプロテクト」に買い換えました。

 

やはり、「DHGレンズプロテクト」と「スーパーDHGレンズプロテクト」は、違いました。

 

その頃、このブログを書いていれば、「DHGレンズプロテクト」と「スーパーDHGレンズプロテクト」で撮り比べをしていたのですが、「DHGレンズプロテクト」はもう処分してしまったため、比較はできません。。。

 

そのため、体感上でのレビューになりましたが、保護フィルターを付ける場合、管理人のお薦めは「スーパーDHGレンズプロテクト」です。

 

 

保護フィルターの意外な役割

 

マルミの「スーパーDHGレンズプロテクト」は、レンズ表面の水滴対策にもなります。

 

これは、下記の記事を読んで、管理人も同じ経験があったので「確かにそうだ!」と納得しましたので、紹介しますね。

 

「OLYMPUS OM-D E-M5【第3回】」の記事の下の方に書いてあります。

 

■ レンズ表面の水滴対策には撥水フィルターの装着がオススメ

http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/longterm/20120727_549400.html

 

 

管理人は保護フィルターがつけられない超広角レンズで、レンズについた水分が綺麗に取れなかった経験があります。

 

しかし、マルミの「スーパーDHGレンズプロテクト」では、そのような経験がないのです。

 

 

衝撃の緩和について

 

保護フィルターが割れた記事を冒頭でご紹介しましたが、保護フィルターは、レンズを落とした時などに、割れたりすることで、レンズに加わる衝撃を緩和してくれます。

 

また、マルミの「スーパーDHGレンズプロテクト」の場合、割れた時に粉々にはなりませんので、保護フィルターが割れた破片で、レンズが傷つくことはありませんでした。

 

レンズは、保護フィルターと違って、割れにくく、傷も付きにくいことは確かです。

 

ただ、落とした時に割れなかったとしても、衝撃を緩和した方が、レンズのトラブルを防ぐことができますし、レンズの寿命も延びると思います。

 

また、レンズは保護フィルターと比べると、傷は付きにくいですが、屋外で撮影をしていると、砂埃がレンズに入ることも良くありますので、傷が付くときは付きます。

 

その時、保護フィルターがあれば、保護フィルターを買い換えるだけで済みますが、保護フィルターを付けていないと、レンズの修理になってしまい、高額な修理費用がかかってしまいますからね。。。

 

 

ひとこと

 

マルミの「スーパーDHGレンズプロテクト」の宣伝のようになってしまいましたけれど、レビュー記事ですので、ご了承下さい。

 

保護フィルターはピンキリのため、商品名を入れておかないと、他の保護フィルターでも同じと勘違いされるといけませんので。。。

 

 

参考記事

 

保護フィルターの役割について

http://camera-hikaku.com/archives/3018

 

 

参考商品

 

カメラ比較.com が購入した「DHGスーパーレンズプロテクト」

marumi 保護用フィルター 52 mm DHGスーパーレンズプロテクト

 

カメラ比較.com が購入した「DHGレンズプロテクト」

marumi 52 58 mm 無色透明 DHGレンズプロテクト

本日のバーゲン情報
【緊急値下げ】 Canon / Nikon / OLYMPUS / PENTAX

【タイムセール】 一眼レフ・ミラーレス一眼・ビデオカメラ

【70%OFF】 コンパクトデジタルカメラ



adsense

adsense

関連記事

yodobashi

ヨドバシカメラ ネットで注文した商品が24時間受け取り可能に!

ヨドバシカメラは「ネットで注文、店舗で受け取りサービス」の受け取り可能時間を24時間、いつでも可能に

記事を読む

no image

レンズを装着したカメラが2セット入るカメラバッグ

スポーツ撮影をされている方の多くは、カメラのボディーを2台体制にしている方が多いです。 &nb

記事を読む

no image

新年、あけましておめでとうございます。

新年、あけましておめでとうございます。   昨年は、たくさんの方々にブログを読んでいた

記事を読む

no image

反射光による周辺部のフレアを取り除く撮影方法

先日、お祭りの撮影をしてきたのですが、夕方には夕陽が原因のフレアがでてしまいました。  

記事を読む

no image

2014年に開催される「CP+2014」の開催日が決定

一般社団法人カメラ映像機器工業会(CIPA)が、毎年行われているカメラと写真の総合展示会「CP+」(

記事を読む

no image

電子水準器を使うと水平が微妙に傾く理由とその対策

デジタルカメラのハイエンドモデルには、電子水準器が搭載されている機種が多いです。  

記事を読む

no image

大量の写真を取捨選択する方法 Part.2

大量の写真を取捨選択する方法について、Part.1 を以前お伝えしましたが、もう一歩進んで、縦写真の

記事を読む

no image

プロカメラマンの機材選択について

先日、レストランを借り切って、講師の先生の話を聞きながら、食事をするという食事会に行ってきました。

記事を読む

no image

センサーについたゴミを自分で除去する方法

センサーについたゴミを除去する場合、サービスセンターに持って行けば、除去してもらえます。 例え

記事を読む

no image

デル 7万円以下の格安4Kモニターを発売

デルは、28型の4K(3840×2160ドット)ディスプレイを発売することを発表しました。 ア

記事を読む

写真ブログ


本日の女性ポートレイト・ランキング

本日のデジタル一眼レフカメラ・ランキング

本日のカメラ・レンズ・撮影機材・ランキング

お祭りやイルミネーションの写真集



ツイッター


ちょっと気になるカメラ情報はツイッターでお届けしています。
素敵な写真はリツイートしていますので、是非、フォローして下さいね。

カメラ比較.com の管理人のツイッター



コメント


カメラ比較.com では、コメントやメッセージを受け付けています。
ご意見やご要望、気がついたことなどは、下記から投稿して下さいね。
メールアドレスとウェブサイトは省略可能です。
コメントは承認後に表示されます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

adsense

no image
ポートレイト写真集(栗原優梨亜)Part.2

2015年3月28日に、フレッシュ撮影会にてポートレイト撮影をしてきま

no image
ポートレイト写真集(栗原優梨亜)Part.1

2015年3月28日に、フレッシュ撮影会にてポートレイト撮影をしてきま

panasonic1
パナソニック 「LUMIX GH4」の空間認識AFは他社製レンズでは機能しない。

パナソニックは「LUMIX GH4」を2014年4月24日に発売しまし

nikon
ニコン1で「FXレンズ」に要求される解像度は1億画素以上

ニコンは、2014年3月13日に、「Nikon1 V2」の後継機になる

nikon
ニコン 「1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6」は「土星の輪」も解像する。

ニコンは、2014年6月30日に、「Nikon1」用の望遠レンズ「1

→もっと見る



PAGE TOP ↑