*

ニコンのファインダーでの「顔認識」機能について

公開日: : 最終更新日:2013/05/04 ニコン ,

ミラーレスカメラでは、顔認識が当たり前になりましたが、ファイダーで撮影をしている時に、顔認識ができる一眼レフは、数機種しかありません。

 

ニコンは4機種(D4,D800,D800E,D7100)、キャノンは1機種(EOS 1DX)の合計5機種だけではないでしょうか?

 

1年前にニコンのD4を入手した時、一番最初に試したかったのが、ファイダーでの顔認識機能でした。

 

スポーツ撮影で使えるのかどうか?

これが一番興味があったのです。

 

スポーツ撮影で大変なのは、顔にピントを合わせることです。

それがフルオートでできるのでしたら、これほど撮影が楽になることはありません。

 

というわけで、入手した後はすぐに、よさこいの撮影に出かけました。

もちろん、オートフォーカスはオートに設定しての撮影です。

 

その結果は。。。

 

 

1 顔を認識した時は、顔にピントが来ます。

 

顔を認識した場合は、顔にピントが来て、出来る限り、目にピントを合わせようとしています。

 

これは、ポートレイト撮影などでは、かなり使えるかもしれません。

 

ただ、被写体によっては、認識しない場合もありますので、100%顔認識するわけではありません。

 

また、当たり前のことですが、スポーツ撮影の場合は、どんどんと被写体が動いていきます。

 

そして、顔を認識していない場合は、顔にピントが来ません。

つまり、常に顔を認識できるわけではないのです。

 

顔を認識していない場合は、もちろん、顔にピントが来るとは限りません。

 

 

2 顔を認識するのにタイムラグがある。

 

スポーツ撮影では、被写体が動きますので、フォーカスポイントを赤く光るように設定していると、赤い部分がランダムに動く場合が多いです。

 

顔を認識して追いかけていると、そのようなことはないと思うのですが、動きが激しいと、認識が追いついていないのです。

 

動きが激しいと、演算している間に、被写体が次の所に動いていますので、これも当たり前と言えば、当たり前ですね。

 

被写体がゆっくりと動く場合は、問題はないと思うのですが、動きの激しいスポーツ撮影の場合は、タイムラグがありますので、実戦で使うには少し難しいです。

 

ただ、望遠レンズを使って、ずっと顔をアップに収め続けることができれば、大丈夫かもしれません。。。

 

 

3 顔がフォーカスエリアに入っているとは限らない。

 

 

いくら顔認識に設定をしていても、フォーカスエリア内に顔がない時があります。

 

ミラーレスカメラのように、フォーカスエリアが広ければ、顔を常にフォーカスエリア内に入れておくことは可能かもしれませんが、フルサイズカメラであるD4やD800(D800E)などの場合は、フォーカスエリアがかなり中央寄りですので、顔がフォーカスエリアに入っているとは限りません。

 

この問題を解決するために、クロップ機能を試してみました。

 

キャノンのEOS 1DXには、クロップ機能はありませんが、ニコンのD4やD800(D800E)には、1.2倍クロップと1.5倍クロップをする機能があります。(ファインダーには黒いマスクが入ります。)

 

その結果、1.2倍クロップを使うと、自分が撮りたいと思った画角で、顔がフォーカスエリアの中に入ることが多くなりました。

 

そのため、顔認識を意識して、オートフォーカスを使う場合は、1.2倍のクロップで撮影すればいいかもしれません。

 

もちろん、画素数はかなり落ちてしまいますが、1.5倍にすれば、更に、顔をフォーカスエリアに入れることが楽になります。

 

 

まとめ

 

D4やD800(D800E)に採用されているファインダーでの顔認識機能ですが、結論から言うと、動きの激しいスポーツ撮影で使うには、あまり向いていません。

 

上記に書いた通り、顔を認識するとは限らない、顔認識にタイムラグがある、フォーカスエリアに顔が入っていない時があるからです。

 

逆に言えば、動きが激しくない撮影で、被写体をファイダーに大きく収め、クロップ機能を使えば、十分実用的な機能です。

 

やはり、スポーツ撮影のオートフォーカスにおいては、カメラの機能がいくら進化しても、根本的な撮り方は、変わらないかもしれませんね。

 

 

今後の注目機種

 

カメラ比較.com (camera-hikaku.com)で一番注目しているのは、D300Sの後継機です。

 

2013年3月に発売されたD7100に、1.3倍のクロップ機能が搭載されました。

http://www.nikon-image.com/products/camera/slr/digital/d7100/features01.htm#a10

 

APS-C機で、1.3倍のクロップ機能を使うと、フォーカスエリアがかなり広くなります。左右に関しては、完璧です。

 

D300Sの後継機が発売されるとすれば、この機能は搭載されると思いますので、この機能を使って、スポーツ撮影をすれば、今まで撮れなかった写真が撮れそうです。

 

もちろん、トリミングを前提として撮影されている方には、あまり変わらないかもしれません。

 

しかし、連写などで枚数がどうしても多くなってしまうスポーツ撮影の場合、撮影した後の手間を考えると、できればノートリミングで写真を撮りたいと考えられている方の方が、圧倒的に多いのではないでしょうか?

 

D4やD800(D800E)などのフルサイズの機種では、フォーカスエリアに入っていなかった所に顔が来た場合でも、この機種では、フォーカスエリアに入っているはずですので、ピントを合わせ続けることができるのです。

 

顔がフォーカスエリアに常に入っているという状態を維持できた場合は、動きがあまり激しくないスポーツでしたら、顔認識機能を利用したオートフォーカスが十分実用的になるのではないでしょうか?

 

フォーカスエリアに入っていないフォーカスポイントで、動く被写体を撮影した場合、どうしても、ピントが少しずれてしまう場合が多いと思います。

 

D7100よりも、D300Sの後継機の方が演算速度が速いはずですので、1.3倍のクロップ機能を使って撮影すれば、ピントが少しずれたような写真がかなり減るかもしれません。

 

現時点では、発売されるかどうかは分かりませんが、スポーツ撮影をされる方に撮っては、D300Sの後継機が今から楽しみですね。

本日のバーゲン情報
【緊急値下げ】 Canon / Nikon / OLYMPUS / PENTAX

【タイムセール】 一眼レフ・ミラーレス一眼・ビデオカメラ

【70%OFF】 コンパクトデジタルカメラ



adsense

adsense

関連記事

nikon

ニコン「D610」とキャノン「EOS 6D」の比較

ニコンは、フルサイズの一眼レフカメラ「D610」を2013年10月19日に発売することを発表しました

記事を読む

nikon

ニコン 「1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6」は「土星の輪」も解像する。

ニコンは、2014年6月30日に、「Nikon1」用の望遠レンズ「1 NIKKOR VR 70-30

記事を読む

nikon

ニコンの新商品「COOLPIX S02」の特徴

ニコンは、超小型のデジタルカメラ「COOLPIX S02」を2013年9月19日に発売することを発表

記事を読む

nikon

ニコンが「COOLPIX S6600」を発表

ニコンが「COOLPIX S6600」を2013年8月29日に発売することを発表しました。 htt

記事を読む

ricoh

リコー GR と ニコン COOLPIX A の比較

APS-Cサイズのセンサーを搭載した高級コンパクトデジタルカメラの「GR」が2013年4月17日に、

記事を読む

nikon

ニコン フルサイズ一眼レフ「D610」の特長

ニコンは、フルサイズの一眼レフカメラ「D610」を2013年10月19日に発売することを発表しました

記事を読む

nikon

ニコンが「AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR」を発表

ニコンがDXズームレンズ「AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED

記事を読む

nikon

ニコン 「COOLPIX S02」と「COOLPIX S01」の比較

ニコンは、超小型のデジタルカメラ「COOLPIX S02」を2013年9月19日に発売することを発表

記事を読む

pentax

PENTAX「K-3」とニコン「D7100」の比較

リコーイメージングは、ペンタックスの一眼レフカメラ、Kシリーズのフラッグシップモデル「K-3」を20

記事を読む

no image

ミラーレスカメラで動体予測AFに対応している機種は?

ミラーレスカメラのカタログを見ると、動く被写体でも対応しているようなイメージがあるかもしれませんが、

記事を読む

写真ブログ


本日の女性ポートレイト・ランキング

本日のデジタル一眼レフカメラ・ランキング

本日のカメラ・レンズ・撮影機材・ランキング

お祭りやイルミネーションの写真集



ツイッター


ちょっと気になるカメラ情報はツイッターでお届けしています。
素敵な写真はリツイートしていますので、是非、フォローして下さいね。

カメラ比較.com の管理人のツイッター



コメント


カメラ比較.com では、コメントやメッセージを受け付けています。
ご意見やご要望、気がついたことなどは、下記から投稿して下さいね。
メールアドレスとウェブサイトは省略可能です。
コメントは承認後に表示されます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

adsense

no image
ポートレイト写真集(栗原優梨亜)Part.2

2015年3月28日に、フレッシュ撮影会にてポートレイト撮影をしてきま

no image
ポートレイト写真集(栗原優梨亜)Part.1

2015年3月28日に、フレッシュ撮影会にてポートレイト撮影をしてきま

panasonic1
パナソニック 「LUMIX GH4」の空間認識AFは他社製レンズでは機能しない。

パナソニックは「LUMIX GH4」を2014年4月24日に発売しまし

nikon
ニコン1で「FXレンズ」に要求される解像度は1億画素以上

ニコンは、2014年3月13日に、「Nikon1 V2」の後継機になる

nikon
ニコン 「1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6」は「土星の輪」も解像する。

ニコンは、2014年6月30日に、「Nikon1」用の望遠レンズ「1

→もっと見る



PAGE TOP ↑