*

オリンパスの新レンズ 「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO」の特徴

公開日: : オリンパス

オリンパスは、マイクロフォーサーズ用の大口径ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO」を2013年11月下旬に発売することを発表しました。

 

オリンパスの希望小売価格は、112,350円です。

 

「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO」

 

 

「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO」の特徴

 

【1】 高解像・高性能と小型化を両立

 

フォーサーズレンズのハイグレード(HG)シリーズに匹敵する光学性能を実現したレンズです。

 

商品名に「PRO」と付いている通り、プロの写真家が使うことを前提に作られたレンズですが、大きくて重いレンズではなく、大きさは約70mm×84mm、重さは382グラムと小型軽量です。

 

そのため、同時発表された「E-M1」に付けると、持ち運びの負担がかなり軽減されます。

 

 

【2】開放値がズーム全域でF2.8

 

35mm換算で「24-80mm」のズームレンズですが、ズーム全域で開放F値が2.8のため、プロの写真家でも使いやすいスペックになっています。

 

また、ズーム全域でF2.8のスペックにも関わらず、小型軽量です。

 

 

【3】撮像面から20cmまでよれるマクロ機能

 

マクロモードなどの切換え操作無しで、ズーム全域で撮像面から20cmまで寄ることができるレンズです。

 

望遠端では、レンズ先端7cmの接写が可能ですので、35mm換算で、最大撮影倍率0.6倍のクローズアップ撮影が可能です。

 

広角端でもレンズ先端から9cmまで主要被写体に近づけるため、ワイドマクロ撮影もできます。

 

 

【4】ZEROコーティングを採用

 

防ぐことが困難だったゴーストやフレアを徹底的に排除するZERO (Zuiko Extra-low Reflection Optical)コーティングを、レンズ表面に施しています。

 

逆光などの悪条件下でもクリアな描写が可能です。

 

 

【5】防塵・防滴・耐低温

 

計6箇所に設置されたほこりや水分を防ぐ密封シーリングと、防水と通気性を兼ね備えた素材により、防塵・防滴・耐低温性能を実現しています。

 

OM-Dシリーズは防塵防滴ですので、OM-D シリーズと一緒に持ち運ぶにはぴったりです。

 

 

【6】瞬時にマニュアルフォーカスに切替が可能

 

フォーカスリングを手前に引くことで、瞬時にマニュアルフォーカスに切り替わる「マニュアルフォーカスクラッチ機構」を搭載しています。

 

フォーカスリングは至近側と無限側のフォーカス位置にストッパーがあり、従来のマニュアルフォーカスレンズのような使い勝手を実現しています。

 

距離目盛を使った撮影スタイルも可能なため、スナップ写真にはかなり役立ちます。

 

 

【7】リニアモーターによる「MSC機構」搭載

 

リニアモーター駆動方式を採用していますので、動作音もなく、ダイレクトにフォーカス用レンズを駆動させます。

 

俊敏で静粛なオートフォーカス駆動を実現していますので、静止画だけでなく動画でもストレスなく快適な撮影を楽しめます。

 

 

【8】レンズフードにロック機構を搭載

 

同梱のレンズフードに、はずれ防止のロック機構を採用しています。

 

 

 

ひとこと

 

小型軽量、高画質、防塵防滴、ZEROコーティング、ワイド側でマクロ撮影が可能。

 

これは管理人が求めていた理想のスペックです。

 

「E-M1」とセットで購入すると、かなり値段が張ってしまいますので、予算との相談になりますが、このレンズは欲しいレンズです。

 

ワイド側でも被写体に寄りたい時は、ペンタックスの「K-5」とシグマの「17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM」をセットで使っています。

 

しかし、このレンズを使えば、F2.8がズーム全域で使える上に、ワイドでも寄ることができます。

 

さらに、小型軽量で高画質となれば、管理人の要望を全て叶えています。

 

また、マニュアルフォーカスも簡単にできて、無限側にストッパー付き。

 

最近のオートフォーカスのレンズは、無限側に回しきってしまうと、ピントがずれますので、少し戻さないといけません。

 

もし、このレンズが、古いレンズのようにストッパーの位置が「無限遠」でピントが合い、戻さなくても良ければ、特に、風景や夜景の写真を撮る時などは微調整がいらないので本当に楽になりますね。

 

これで、価格が安ければ言うことなしですが、プロ用のレンズですので、仕方がありません。。。

本日のバーゲン情報
【緊急値下げ】 Canon / Nikon / OLYMPUS / PENTAX

【タイムセール】 一眼レフ・ミラーレス一眼・ビデオカメラ

【70%OFF】 コンパクトデジタルカメラ



adsense

adsense

関連記事

olympus

オリンパスがミラーレス一眼「E-P5」を発表

オリンパスがミラーレス一眼「PEN」のフラッグシップモデルである「E-P5」を6月下旬に発売すること

記事を読む

olympus

オリンパス 「E-P5」のポートレイト撮影について

オリンパスの「E-P3」と「E-PL5」の2機種を使ってポートレイト撮影をしてきました。 &n

記事を読む

olympus

オリンパス 300mmF2.8相当のレンズ搭載デジカメ「STYLUS 1」を発表

オリンパスは、28~300mm相当の全域で、F2.8相当の大口径高性能レンズを搭載する「OLYMPU

記事を読む

olympus

オリンパス 「ローパスフィルター」について

オリンパスは「ローパスフィルター」がないことを公式に明言しているのは、先月発表されたフラッグシップ機

記事を読む

olympus

オリンパス 「E-M1」のEVFについて

オリンパスが10月に発売されたフラッグシップ機「OM-D E-M1」について、デジカメWatch に

記事を読む

olympus

オリンパス ドットサイト付きのデジカメ「SP-100」を使えば、超望遠撮影でも鳥などを見失わない理由

先日の記事で、オリンパスがドットサイト(照準器)を搭載した高倍率コンパクトカメラ「SP-100」を海

記事を読む

olympus

オリンパスの「新フラッグシップ機」について

オリンパスが2013年8月27日、新製品体感イベント「OLYMPUS Photo Festa 201

記事を読む

olympus

オリンパスのテレコン「TCON-17X」がパナソニックの「FZ200」に使えるレビューがamazonに多数掲載

オリンパスの「STYLUS 1(スタイラス ワン)」などに使うことができるコンパクトデジタルカメラ向

記事を読む

olympus

E-P3,E-PL5 大型グリップ

E-PL5 に標準で付いているグリップは、厚みがあまりありません。   そのた

記事を読む

micro

マイクロフォーサーズのオートフォーカスについて

マイクロフォーサーズシステムは、共通規格です。   オリンパスとパナソニックによって策

記事を読む

写真ブログ


本日の女性ポートレイト・ランキング

本日のデジタル一眼レフカメラ・ランキング

本日のカメラ・レンズ・撮影機材・ランキング

お祭りやイルミネーションの写真集



ツイッター


ちょっと気になるカメラ情報はツイッターでお届けしています。
素敵な写真はリツイートしていますので、是非、フォローして下さいね。

カメラ比較.com の管理人のツイッター



コメント


カメラ比較.com では、コメントやメッセージを受け付けています。
ご意見やご要望、気がついたことなどは、下記から投稿して下さいね。
メールアドレスとウェブサイトは省略可能です。
コメントは承認後に表示されます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

adsense

no image
ポートレイト写真集(栗原優梨亜)Part.2

2015年3月28日に、フレッシュ撮影会にてポートレイト撮影をしてきま

no image
ポートレイト写真集(栗原優梨亜)Part.1

2015年3月28日に、フレッシュ撮影会にてポートレイト撮影をしてきま

panasonic1
パナソニック 「LUMIX GH4」の空間認識AFは他社製レンズでは機能しない。

パナソニックは「LUMIX GH4」を2014年4月24日に発売しまし

nikon
ニコン1で「FXレンズ」に要求される解像度は1億画素以上

ニコンは、2014年3月13日に、「Nikon1 V2」の後継機になる

nikon
ニコン 「1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6」は「土星の輪」も解像する。

ニコンは、2014年6月30日に、「Nikon1」用の望遠レンズ「1

→もっと見る



PAGE TOP ↑