*

ニコン スペックには表れない「Df」のレビュー

公開日: : 最終更新日:2013/12/05 ニコン

ニコンのフルサイズ一眼レフカメラ「Df」が2013年11月28日に発売されました。

 

Nikon ニコン Df ブラック Nikon ニコン Df シルバー
Nikon ニコン Df ブラックDFBK Nikon ニコン Df シルバーDFSL

 

早速、ヨドバシカメラの店頭で「Df」を触ってきましたので、外観やフィーリングなどを他のニコン機と比較をしてみました。

 

ちなみに、店頭では「デモモード」になっていましたので、背面モニターにはかなり「鮮やか」な画質が表示されていました。

 

背面モニターの画質は、あまり参考になりませんが、画質は「D4」と同じですので、全く心配する必要はありません。

 

 

ニコン 「Df」の外観の比較

 

ニコンの「Df」は、同社製のFXフォーマットのボディーの中では、最小、最軽量ボディーをアピールしています。

 

そして、実際にボディーと初対面をしたところ「大きい!」というのが第一印象です。

正確に言うと「大きい」というよりか「ごつい!」という感じです。

 

横に並べてじっくりと見たら、また別の印象になるかもしれませんが、「D600」や「D610」、「D700」を見てから、しばらく時間をおいて「Df」を見ると、「Df」の方が大きいのでは?

 

と感じるかもしれません。

 

それは、上記の正面からの写真を見ただけでも分かると思うのですが、ペンタ部が大きいからだと思います。

 

他の機種のように丸まっていません。

三角形でとんがっています。

 

そのため、見た感じが「ごつく」感じます。

 

また、とんがっていますので、カメラバッグへの収納もデッドスペースが大きくなるかも?

 

と持ち運ぶ時の心配も考えてしまいました。

 

また、ダイヤルも大きく感じました。

 

フィルム時代のカメラのように、ダイヤルの二段重ねをしていますので、ダイヤルも他のカメラと比較すると、大きく感じます。

 

スナップに持ち出すには、大きすぎるかも?

 

というのが第一印象です。

 

 

ニコン「Df」の重さの比較

 

ニコン「Df」を実際に手に取ってみました。

 

すると、「軽い!」というのが第一印象です。

正確に言うと「かるっ!」とちょっと驚きました。

 

外観が大きく感じがこともあって、持つ前は、勝手に「重い」というイメージをしていたからかもしれません。

 

また、カメラ比較.com では「D700」や「D4」を使っていますので、その感覚と比較したからかもしれませんが、ニコンのFXフォーマットを使っておられる方でしたら、「軽い」と感じると思います。

 

さすがは、FXフォーマットで最小・最軽量をアピールしているだけあります。

 

いつもカバンに入れるカメラにはなりませんが、撮影に行く時に持ち出すカメラとしては、あまり負担にならずにすみそうです。

 

「D700」や「D4」は、「撮影に行くぞ!」というモードの時以外は、気楽に持ち出す気持ちにはなりませんが、「Df」の場合は「撮影モード」ではなく、気楽に撮影する「趣味モード」の時に、持ち出しができるカメラになりそうです。

 

ちなみに、カメラ比較.com では、その役割が「K-5」になっていますが、「Df」があれば、「Df」になるかもしれません。

 

 

ニコン「Df」の操作の比較

 

ニコン「Df」の設定をいろいろと触ってみました。

 

さすがは、露出補正やISO、シャッタースピードなどが専用ダイヤルになっていますので、設定を変更するのが非常に簡単です。

 

ボタンを押して変更するよりも、ダイヤルの方が格段に操作がしやすいです。

 

また、キヤノンの「EOS 7D」では、ダイヤルがロックされないので、勝手に設定が変わっていて失敗したことが何度もありますが、「Df」ではダイヤルがロックされています。

 

カバンの中に入れていたり、違う操作などをしている時に、勝手に設定が変更されることもないので、その点でも安心です。

 

もちろん、専用ボタンが多いですので、ニコンの他の機種とは操作が少し変わると思いますが、直感的に操作方法が分かりますので、すぐに操作は慣れると思います。

 

このダイヤルによる設定操作ですが、ニコンの他の機種と比べても、一番設定変更が分かりやすい機種だと思います。

 

ボタンを押して、設定変更をしている間に、シャッターチャンスを逃してしまった経験は、誰でも一度や二度はあると思いますが、この「Df」を使えば、設定変更が直感的に一瞬でできてしまいます。

 

設定変更ミスもないと思いますし、設定変更するためにかかる時間も最小限で済むと思います。

 

そして、何よりも、撮影が楽しくなりそうです。

 

ボタンを押すのと違って、ダイヤルを動かすのは「操作する楽しみ」があります。

 

設定変更が分かりやすいということに加えて、操作が楽しい。

 

この2つを兼ね備えた機種が「Df」です。

 

 

「Df」のシャッターフィーリングの比較

 

「Df」のシャッター音は、発売前から「ティザー広告」で聴いていましたので、かなり期待していましたが、実際に、シャッターを押してみると、それ以上に、素晴らしかったです。

 

シャッター音だけではなく、シャッターを押した時に伝わる振動の感覚(シャッターフィーリング)も最高でした。

 

開発の方が、シャッター音やシャッターフィーリングに、かなりこだわって作り込んだに違いありません。

 

メカ的な感じではなく、感性に訴えかけるような暖かみがあるシャッター音やシャッターフィーリングです。

 

文章で書くのは難しいのですが、「Df」のシャッターボタンを押すと、「Df」が「シャッターボタンを押してくれてありがとう!期待に応えられるように、いい仕事をするから任せてね!」という感じで、応えてくれるような感覚があります。

 

最近発売されたカメラは、スペックを重視したために、メカ的なシャッター音やシャッターフィーリングになっているカメラが多かったような気がするのですが、久々に、感性に訴えかけるような感じのカメラに出会いました。

 

これは、撮影すると、いくらでも写真を撮りたくなる魅力があるカメラです。

 

少し、カメラから遠ざかっている方は、このカメラを購入すれば、撮影に行きたくなるかもしれません。

 

ダイヤルの操作も楽しいですし、シャッターを押すのも楽しいからです。

 

ただ、静音モードの「Q」は別です。

 

このモードは「できるだけ音を立てないように頑張るけれど、ちょっとしんどいので、あまり使わないでね。」とカメラが訴えてくるようなモードです。

 

通常モードは、軽快に楽しく撮影をすることができますが、静音モードは「Df」に負担をかけているような感じがするモードです。

 

そのため、静音モード(Qモード)は、このカメラで撮影をするにはあまり向いていないと思います。

 

シャッター音を抑えて撮影をしたい場合は、このカメラを使うより、ミラーレスカメラを使ったり、一眼レフの場合は「K-5」や「K-3」を使うといいと思います。

 

「K-5」や「K-3」は、シャッター音が小さい一眼レフですので、「Df」の静音モードより小さい音で普通に写真を撮ることができると思います。

 

ひとこと

 

このデザインが気に入った方でしたら、「Df」は趣味のカメラとしては、最高の相棒になりそうです。

 

もちろん、「D4」と同じ画質ですので、仕事用にも使うことができます。

 

30万円近い価格ですので、趣味として使うには、ちょっと値段が高いかなぁ~と思っていたのですが、ダイヤルの操作感やシャッターフィーリングを考えると、この値段でも十分購入したいと思えるカメラでした。

 

特に、高感度は「D4」と同じですので、ISO12800でも、十分実用になりますので、高感度重視の方には特にお勧めです。

 

デザイン重視・・・Df

高感度重視・・・D4,Df

画素数重視・・・D800,D800E

バランス重視・・・D600,D610

動体撮影重視・・・D4

 

FXフォーマットの分類は、このようになるのではないでしょうか?

 

ニコンは機種ごとに、明確な差別化をしていますので、購入の時に、機種を絞り込むことが簡単にできます。

 

ただ、「Df」の良さは、スペックには表れない部分が大きいですので、これから購入を考えておられる方は、是非、店頭で一度、触ってきてみることをお勧めします。

 

そして、触ってみて気に入ったら、購入するのがいいかもしれませんね。

 

撮影している時の「楽しさ」などは、値段に置き換えられませんので、「Df」の購入を考えておられる方には、是非、この記事を参考にしてみて下さい。

 

少し値段が高くても、実際に触ってみて気に入ったら、後悔することはないと思います。

 

商品情報

 

Nikon ニコン Df ブラック

Nikon ニコン Df シルバー

本日のバーゲン情報
【緊急値下げ】 Canon / Nikon / OLYMPUS / PENTAX

【タイムセール】 一眼レフ・ミラーレス一眼・ビデオカメラ

【70%OFF】 コンパクトデジタルカメラ



adsense

adsense

関連記事

nikon

ニコン サイズに拘った一眼レフカメラの発売を予告

ニコンが「デジカメWatch」のインタビューにおいて、新商品の予告をしています。  

記事を読む

nikon

ニコン「D4」のオートホワイトバランス性能が向上

ニコン(NIKON)は、2013年4月2日、デジタル一眼レフカメラの「D4」の最新ファームウェア(A

記事を読む

nikon

ニコン 「D600」のセンサーのゴミ対応が保証期間外でも無料に

ニコンは「D600」の発売当時から話題になっていたセンサーのゴミ問題ですが、2014年2月26日に、

記事を読む

nikon

ニコン D4 ポートレイト撮影について(顔認識)

2013年4月13日と14日の2日間、ポートレイト撮影会に行ってきました。  

記事を読む

nikon

ニコン 「Nikon 1 AW1」のブラックカラーの受注販売を発表

ニコンが今月の10月10日から発売する防水・耐衝撃のミラーレス一眼「Nikon1 AW1 」のブラ

記事を読む

kenko

トキナー ニコン用の望遠レンズ「AT-X 70-200 F4 PRO FX VCM-S」の発売日と価格を発表

株式会社ケンコー・トキナーは、2014年5月16日に、ニコンマウントの望遠レンズ「AT-X 70-2

記事を読む

nikon

ニコン 「AF-S NIKKOR 35mm F1.8 G ED」を発表

ニコンは2014年1月7日に、FXフォーマット対応の広角単焦点レンズ「AF-S NIKKOR 35m

記事を読む

nikon

ニコン1で「FXレンズ」に要求される解像度は1億画素以上

ニコンは、2014年3月13日に、「Nikon1 V2」の後継機になる「Nikon1 V3」を発表し

記事を読む

pentax

PENTAX「K-3」とニコン「D7100」の比較

リコーイメージングは、ペンタックスの一眼レフカメラ、Kシリーズのフラッグシップモデル「K-3」を20

記事を読む

nikon

ニコン 「COOLPIX P7800」と「COOLPIX P7700」の比較

ニコンが高級コンパクトデジタルカメラ「COOLPIX P7800」を2013年10月10日に発売する

記事を読む

写真ブログ


本日の女性ポートレイト・ランキング

本日のデジタル一眼レフカメラ・ランキング

本日のカメラ・レンズ・撮影機材・ランキング

お祭りやイルミネーションの写真集



ツイッター


ちょっと気になるカメラ情報はツイッターでお届けしています。
素敵な写真はリツイートしていますので、是非、フォローして下さいね。

カメラ比較.com の管理人のツイッター



コメント


カメラ比較.com では、コメントやメッセージを受け付けています。
ご意見やご要望、気がついたことなどは、下記から投稿して下さいね。
メールアドレスとウェブサイトは省略可能です。
コメントは承認後に表示されます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

adsense

no image
ポートレイト写真集(栗原優梨亜)Part.2

2015年3月28日に、フレッシュ撮影会にてポートレイト撮影をしてきま

no image
ポートレイト写真集(栗原優梨亜)Part.1

2015年3月28日に、フレッシュ撮影会にてポートレイト撮影をしてきま

panasonic1
パナソニック 「LUMIX GH4」の空間認識AFは他社製レンズでは機能しない。

パナソニックは「LUMIX GH4」を2014年4月24日に発売しまし

nikon
ニコン1で「FXレンズ」に要求される解像度は1億画素以上

ニコンは、2014年3月13日に、「Nikon1 V2」の後継機になる

nikon
ニコン 「1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6」は「土星の輪」も解像する。

ニコンは、2014年6月30日に、「Nikon1」用の望遠レンズ「1

→もっと見る



PAGE TOP ↑