*

キャノン 「EOS M」と「EOS Kiss X7」の比較

キャノンが2013年12月3日に、ミラーレス一眼「EOS M2」を発表しました。

「EOS M」の後継機になり、発売は12月中旬の予定です。

 

アマゾンでは、ボディーのみで 65,798円で予約受付をしています。

 

Canon EOS M2 (ボディー)
Canon ミラーレス一眼カメラ EOS M2 ボディ(ブラック) EOSM2BK-BODY

 

「EOS M2」は、オートフォーカス性能がアップし、「ハイブリッド CMOS AFⅡ方式」になりました。

 

この方式は「EOS Kiss X7」に搭載されている「ライブビュー」でのオートフォーカスと同じです。

 

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X7

 

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X7 レンズキット EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM付属 KISSX7-1855ISSTMLK

 

 

「EOS Kiss X7」をミラーレスにしたのが「EOS M2」と言っても過言ではありません。

 

そのため、ミラーレスか一眼レフか、どちらを購入すればいいか、迷っている方も多いのではないでしょうか?

 

それぞれ、得意な被写体、得意でない被写体がありますが、カタログには書いてありません。

 

そのため、今回は「EOS Kiss X7」と「EOS M2」の比較をしていきますね。

 

 

「EOS M2」と「EOS Kiss X7」の違い

 

【1】「ファインダー」の有無が違う!

 

「EOS M2」・・・ファインダーなし。

「EOS Kiss X7」・・・ファインダーあり。

 

一番の違いは「ファインダー」になると思います。

 

「EOS Kiss X7」には、光学ファインダーがありますので、ファインダーを見ながら、撮影をすることができます。

 

電子ファインダーではなく、光学ファインダーですので、ファインダーには遅延がありません。

 

しかし、「EOS M2」にはファインダーがありませんので、背面モニターを見ながらの撮影になります。

 

背面モニターは、レンズ越しの映像を電気信号に変換しないといけないため、表示に遅延があります。

 

また、晴天の日中は、背面モニターが非常に見にくい時があります。

 

ちなみに、「EOS Kiss X7」でもライブビューモードがありますので、背面モニターを見ながら撮影することは可能ですが、ファインダーと切り替えたりする手間などを考えると「EOS M2」の方が快適に撮影ができます。

 

 

【2】動いている被写体のピント合わせが違う!

 

「EOS M2」・・・動いている被写体のピント合わせが難しい。

「EOS Kiss X7」・・・動いている被写体でもピント合わせができる。

 

「EOS M2」は、位相差AFでピントをある程度まで合わせた後、コントラストAFで最後のピント調節をします。

 

そのため、動いている被写体にピントを合わせるのが、仕組み上、難しいのです。

ピント調節をしているうちに、被写体はどんどんと動いていくからです。

 

また、背面モニターに映し出される画像は、少し遅れて表示されますので、背面モニターを見ながらシャッターを押すと、被写体が違う場所にいたり、違う動きをしていますので、シャッターチャンスを逃してしまう場合があります。

 

その点、「EOS Kiss X7」をファインダーで撮影をする場合は、位相差AFだけで一気にピントを合わせますので、動いている被写体でもピントを合わせることができます。

 

また、動体予測機能もありますので、動いている被写体でもピント合わせをすることができます。

 

もちろん、ファインダーには遅延がありませんので、シャッターチャンスを逃すことは少なくなります。

 

 

【3】連写速度が違う!

 

「EOS M2」・・・最高4.6コマ/秒

「EOS Kiss X7」・・・最高4コマ/秒

 

「EOS M2」の方が少し早く連写をすることができます。

 

 

【4】連続撮影枚数が違う!

 

「EOS M2」・・・約17枚(JPEG/ラージ)

「EOS Kiss X7」・・・約1140枚(JPEG/ラージ)

 

UHS-Ⅰ対応のSDカードを使った場合、「EOS M2」では約17枚しか連写はできませんが、「EOS Kiss X7」では、1000枚以上も連写を続けることができます。

 

 

【5】ライブビュー撮影のミラーショックが違う!

 

「EOS M2」・・・ミラーショックなし

「EOS Kiss X7」・・・ミラーショックあり

 

「EOS Kiss X7」でライブビュー撮影をした場合、「EOS M2」とほぼ同じと思ってしまうかもしれませんが、実際の撮影では、同じではありません。

 

「EOS Kiss X7」で撮影をすると、シャッターを押した時に「ミラーショック」と呼ばれる振動があります。

 

そのため、シャッター速度が遅い場合は、手ぶれがしやすくなります。

 

その点、「EOS M2」で撮影をした場合、シャッターを押しても「ミラーショック」はありませんので、快適に撮影をすることができます。

 

 

【6】内蔵ストロボの有無が違う!

 

「EOS M2」・・・ストロボなし

「EOS Kiss X7」・・・ストロボあり

 

「EOS M2」には、内蔵ストロボがありません。

ただ、レンズキットを購入すれば、外付けのストロボが付属します。

 

 

【7】Wifi機能の有無が違う

 

「EOS M2」・・・Wifiあり

「EOS Kiss X7」・・・Wifiなし

 

「EOS M2」は、wifi機能が内蔵されていますので、スマートフォンで撮影した写真を見たり、シャッターを切ることが可能ですが、「EOS Kiss X7」には、wifi機能はありません。

 

 

【8】バッテリーの撮影可能枚数が違う!

 

「EOS M2」・・・約230枚

「EOS Kiss X7」・・・約480枚(ファインダー)

 

「EOS Kiss X7」の方が約2倍多く撮影することが可能です。

 

 

【9】大きさが違う!

 

 

「EOS M2」・・・約104.9(幅)× 65.2(高さ)×31.6(奥行)mm

「EOS Kiss X7」・・・約116.8(幅)× 90.7(高さ)×69.4(奥行)mm

 

「EOS M2」の方が一回り小さいです。

 

 

【10】重さが違う!

 

「EOS M2」・・・約274グラム

「EOS Kiss X7」・・・約407グラム

 

「EOS M2」の方が130グラムほど軽いです。

 

 

【11】EFレンズの対応が違う!

 

「EOS M2」・・・アダプターが必要

「EOS Kiss X7」・・・アダプター不必要

 

キャノンの一眼レフ用の「EFレンズ」を装着する場合、「EOS M2」の場合は、アダプターを付けないといけません。

 

 

ひとこと

 

一番の違いはファインダーの有無になりますが、スマートフォンを使っての撮影に慣れていると、ファインダーはなくても大丈夫。

 

と思ってしまうかもしれません。

 

しかし、スマートフォンで撮影している被写体を考えると分かると思うのですが、動いていない被写体がほとんどではないでしょうか?

 

例えば、料理であったり、記念写真であったり、風景だったり。。。

 

このような動かない被写体しか撮影をしない場合は、「EOS M2」でも問題ありません。

スマートフォンよりも、ずっと綺麗な写真を撮ることができます。

 

しかし、運動会の写真撮影、ペットや子供の写真撮影となると、ピント合わせが非常に難しくなります。

 

オートフォーカスの方式が違うことが一番大きな原因ですが、それ以外にも、背面モニターに表示される画像には遅延がありますので、動きが速いと、シャッターを押した時には、シャッターチャンスが過ぎ去っている可能性があるからです。

 

また、動いている被写体を撮影する時は、連写をしたくなる時も多いですが、連写の撮影枚数も、比較にならないほど、「EOS Kiss X7」の方が多いです。

 

そのため、動いている被写体を撮りたい場合は「EOS Kiss X7」の方がいいと思います。

 

その他、内蔵ストロボの有無やwifi機能の有無などの違いがあります。

 

暗いところで撮影をすることが多い場合は、外付けストロボを持ち運ばなくてもいい「EOS Kiss X7」の方が便利です。

 

また、SNSにアップする写真を撮る場合は、すぐにwifiでスマホに写真を送ることができる「EOS M2」の方が便利です。

 

大きい小さい、重い軽いだけではなく、被写体や撮影状況に合わせて選べば、満足できる買い物ができると思います。

 

是非、この記事を購入の参考にしてみて下さいね。

 

商品情報

 

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X7

 

Canon EOS M2 レンズキット(ブラック) 

Canon EOS M2 レンズキット(ホワイト)

 

Canon EOS M2 レンズキット(ホワイト)

Canon EOS M2 ダブルレンズキット(ホワイト)

 

Canon EOS M2 トリプルレンズキット(ブラック)

Canon EOS M2 トリプルレンズキット(ホワイト)

本日のバーゲン情報
【緊急値下げ】 Canon / Nikon / OLYMPUS / PENTAX

【タイムセール】 一眼レフ・ミラーレス一眼・ビデオカメラ

【70%OFF】 コンパクトデジタルカメラ



adsense

adsense

関連記事

sigma_logo

シグマ 「24-105mm F4 DG OS HSM」のキャノン用の発売日を発表

シグマは「24-105mm F4 DG OS HSM」のキャノン用を2013年11月15日に発売する

記事を読む

sony1

ソニー 「α77」と「α77Ⅱ」の比較

ソニーは、2014年5月1日、「α77」の後継機となる「α77Ⅱ」を海外で発表しました。 SONY

記事を読む

sony1

ソニー 「α7」と「α7S」の比較

ソニーが2014年4月7日、フルサイズのミラーレス一眼「α7S」を海外で発表しました。 SONY

記事を読む

canon

キャノン PowerShot SX50 HS レビュー Part.4 (月の撮影)

Power Shot SX50 HS のレビューの3回目から、かなり空いてしまいましたが、4回目をお

記事を読む

canon

キャノン EOS 70D と EOS 60D の比較

キヤノンが2013年8月29日にデジタル一眼レフカメラ「EOS 70D」を発売することを発表しました

記事を読む

canon

PowerShot 「G16」と「G15」の比較

キヤノンが「PowerShot G16」を2013年9月下旬に発売することを発表しました。「Powe

記事を読む

pentax

K-5Ⅱ と K-5Ⅱs の比較 Part.2

前の記事では、価格面について詳しく書きましたけれど、次は本体について比較しますね。  

記事を読む

canon

キャノン エントリーモデル「EOS Kiss X70」を発表

キャノンは、2014年2月12日、エントリーモデルの「EOS Kiss X70」を発表しました。

記事を読む

canon

キヤノンが「EOS M」のAF高速化ファームウェアのアップデートを予告

キヤノンがミラーレス一眼カメラの「EOS M」の最新ファームウェアを6月下旬に公開すると発表。

記事を読む

canon

Canon PowerShot N を正式発表

キヤノンは、アメリカのラスベガスで2013年1月8日に開幕したイベント「2013 Internati

記事を読む

写真ブログ


本日の女性ポートレイト・ランキング

本日のデジタル一眼レフカメラ・ランキング

本日のカメラ・レンズ・撮影機材・ランキング

お祭りやイルミネーションの写真集



ツイッター


ちょっと気になるカメラ情報はツイッターでお届けしています。
素敵な写真はリツイートしていますので、是非、フォローして下さいね。

カメラ比較.com の管理人のツイッター



コメント


カメラ比較.com では、コメントやメッセージを受け付けています。
ご意見やご要望、気がついたことなどは、下記から投稿して下さいね。
メールアドレスとウェブサイトは省略可能です。
コメントは承認後に表示されます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

adsense

no image
ポートレイト写真集(栗原優梨亜)Part.2

2015年3月28日に、フレッシュ撮影会にてポートレイト撮影をしてきま

no image
ポートレイト写真集(栗原優梨亜)Part.1

2015年3月28日に、フレッシュ撮影会にてポートレイト撮影をしてきま

panasonic1
パナソニック 「LUMIX GH4」の空間認識AFは他社製レンズでは機能しない。

パナソニックは「LUMIX GH4」を2014年4月24日に発売しまし

nikon
ニコン1で「FXレンズ」に要求される解像度は1億画素以上

ニコンは、2014年3月13日に、「Nikon1 V2」の後継機になる

nikon
ニコン 「1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6」は「土星の輪」も解像する。

ニコンは、2014年6月30日に、「Nikon1」用の望遠レンズ「1

→もっと見る



PAGE TOP ↑