*

キャノン 「PowerShot S120」の星空モードについて

公開日: : 最終更新日:2014/03/21 キャノン, 空や星の撮影情報と写真集 ,

キャノンが2013年9月12日に「PowerShot S120」を発売しました。

 

約1210万画素の「1/1.7型の裏面照射型のCMOSセンサー」を搭載しているコンパクトデジタルカメラです。

 

Canon PowerShot S120

 

Canon デジタルカメラ PowerShot S120(ブラック) F値1.8 広角24mm 光学5倍ズーム PSS120(BK)

 

 

このカメラが発表された時から、注目していた機能があります。

 

それは「星空モード」です。

http://cweb.canon.jp/camera/dcam/lineup/powershot/s120/feature-mode.html

 

コンパクトデジタルカメラでは、天体撮影は難しいのですが、このモードを使えば、シャッターボタンを押すだけで、星空を簡単に撮影することができます。

 

しかも、「星空夜景」「星空軌跡」「星空インターバル動画」の3種類の撮影モードを備えています。

 

この機能でどのような写真が撮れるのか、レビュー記事を楽しみにしていたのですが、マイナビニュースで、レビュー記事がありましたので、ここでご紹介しますね。

 

 

「PowerShot S120」の「星空軌跡」について

 

実際に星空モードを使って撮影した体験記が書いてあります。

 

キヤノン「PowerShot S120」で冬の星空を撮りに行こう!

http://news.mynavi.jp/articles/2013/11/21/powershot_shootingstar/index.html

 

一部を引用すると。。。

 

オススメは圧倒的に星空軌跡だ。レンズを星空に向け、記録時間をセットしてシャッターを押すと、カメラが自動的にインターバル撮影を開始。

撮影した画像を合成して、星が移動軌跡を描いた写真にしてくれるのである。

記録時間は、10分から1時間30分の間で10分刻みにセット可能。

当然、長時間にセットするほど軌跡は長くなる。

子供の頃、理科の教科書や百科事典で見た”あの写真”が簡単に撮れてしまうのだ。

 

これを読むと、今日の夜にでも、星空の撮影をしにいきたくなりますね。

しかし、実際に撮影をするとなると、思い通りにはいかないみたいです。

 

そのため、注意事項をまとめてみました。

 

 

「星空軌跡」の撮り方の注意点

 

1点目 天気

 

一番の大敵は「天気」です。

天気が悪いと、星が見えませんし、雲が多くても星空は見えません。

 

これは、一眼レフで撮影をしても同じですけれど、やはり、星空の撮影にいく時は「天候」がいい日に撮影に行かないと、いい写真は撮れません。。。

 

 

2点目 背景

 

星空の撮影だからといっても、星空だけを撮影しても、傑作は撮れないみたいです。

静止している背景を写真の中に入れて、構図を決めるのがポイントです。

 

記事に書いてあるアドバイスを一部抜粋します。

 

地平線周辺はどうしても明るく写ってしまうので、これを嫌ってレンズを上に向け、画面いっぱいに空を入れてしまうと、味気ない写真になってしまう。

周囲の木々や建物など、静止している背景を上手く入れ込もう。

 

 

3点目 構図

 

北極星を中心に回転するので、どのように星が流れていくのかを計算して撮影をしないと、あまりいい写真は撮れないみたいです。

 

そのため、ただ単に星空を撮るのではなく、どの星座を撮るのかなどを決めた方がいい写真が撮れそうです。

 

記事に書いてあるアドバイスを一部抜粋します。

 

なるべく星が明るく見えるところを選んで写したいのはもちろん、星空は北極星を中心に回転する(ように見える)ので、東西南北で星の流れる方向や角度が変わることも考慮したい。キャッチーな星や星座が構図に入る時間を計算して出かける、なんてのもいい。

 

ちなみに、星の名前や星座などは、スマートフォンのアプリを使えば、簡単に分かります。

 

記事では、スマホのAndroidのアプリ「スカイマップ」の紹介がありましたが、iPhoneの場合は管理人も使っていますが「StarWalk」がいいと思います。

 

これがあれば、スマホを空に向けるだけで、星や星座が分かりますので、スマホをお持ちの方は、星空の撮影に行く前には、上記のアプリを入れておきましょう。

 

 

4点目 バッテリー

 

星空撮影をする場合、長時間の撮影になりますので、バッテリーが消耗します。

また、気温が低いと、バッテリーの持ちが悪くなります。

 

コンデジのバッテリーは一眼レフと比べるとかなり小さいので、星空の撮影に行くときは、予備のバッテリーを持って行った方が良さそうです。

 

もちろん、満充電にすることを忘れないように。。。

 

 

5点目 防寒着

 

冬の夜は寒いので、防寒着を忘れないようにしないといけません。

体調管理にはくれぐれも注意しないといけませんね。

カイロなども持って行くといいかもしれません。

 

 

6点目 三脚

 

記事には書いてありませんでしたが、コンデジとは言え、長時間の撮影になりますので、三脚は必要です。

 

場所によっては、ミニ三脚でもいいかもしれません。

 

三脚は絶対に忘れないようにしましょう。

 

ひとこと

 

「星空モード」があるからと言っても、このモードを使えば、星空写真の傑作が撮れるという訳ではありません。

 

当たり前と言えば、当たり前ですけれど、他の写真を撮るときと気をつけることは全く同じですね。

 

この記事では「PowerShot S120」を例に書いていますけれど、他のカメラで撮影をする場合でも参考になることは多いと思います。

 

この記事を参考に、是非、星空の写真を撮りに行って下さいね。

 

また、この記事を読んで、星空写真を撮ってみたい!

 

と思われた方は、「PowerShot S120」を購入するのもいいかもしれません。

 

このカメラは、コンデジの中では画質はトップクラスですし、評価も高いので、購入してがっかりすることは、まずないと思います。

 

ちなみに、カメラ比較.com の管理人は大阪市内に住んでいますが、大阪市内では星空の写真を撮ることが非常に難しいです。

 

大阪市内は真夜中でも空が明るいので、星があまり写らないのです。

 

都会はカメラ屋さんに行く時は便利ですが、星の撮影をする場合は、あまり向いていません。。。

 

商品情報とレビュー

 

Canon PowerShot S120

本日のバーゲン情報
【緊急値下げ】 Canon / Nikon / OLYMPUS / PENTAX

【タイムセール】 一眼レフ・ミラーレス一眼・ビデオカメラ

【70%OFF】 コンパクトデジタルカメラ



adsense

adsense

関連記事

canon

キャノン 「EOS-1D X」の新ファームウェアを発表

キャノンは、フラッグシップ機であるデジタル一眼レフカメラ「EOS-1D X」の新しいファームウェアを

記事を読む

no image

【撮影情報】12月14日の夜に「ふたご座流星群」がピーク

ふたご座流星群は、毎年12月上旬から中旬にかけて、観測されることが多いです。   そし

記事を読む

canon

キヤノンが「EOS 6D」の最新ファームウェアを公開

キヤノンが2013年4月9日に「EOS 6D」の最新ファームウェアを公開しました。 http://

記事を読む

canon

Power Shot SX50 HS レビュー Part.1

キャノンの「Power Shot SX50 HS」は、世界最高の50倍ズームレンズを採用したコンパク

記事を読む

canon

PowerShot 「G16」と「G15」の比較

キヤノンが「PowerShot G16」を2013年9月下旬に発売することを発表しました。「Powe

記事を読む

canon

キャノン 新商品の「自分撮りカメラ(iVIS mini)」の特徴

キヤノンは、自分撮りカメラ「iVIS mini」を2013年9月中旬に発売することを発表しました。

記事を読む

canon

キャノン EOS 7D 後継機 について

カメラ比較.com では、EOS 7Dを所有していますが、ずっと後継機を待っています。 2010年

記事を読む

canon

キヤノン 「PowerShot G16」の特徴

キヤノンが「PowerShot G16」を2013年9月下旬に発売することを発表しました。 「Po

記事を読む

no image

朝焼けの写真(2013年11月17日)

2013年11月17日に、朝焼けの写真を撮りました。   ペンタックス「K-01」で撮

記事を読む

canon

キャノン 「PowerShot S200」と「S120」の比較

キャノンが、1/1.7型のCCDセンサーを採用したコンパクトデジタルカメラ「PowerShot S2

記事を読む

写真ブログ


本日の女性ポートレイト・ランキング

本日のデジタル一眼レフカメラ・ランキング

本日のカメラ・レンズ・撮影機材・ランキング

お祭りやイルミネーションの写真集



ツイッター


ちょっと気になるカメラ情報はツイッターでお届けしています。
素敵な写真はリツイートしていますので、是非、フォローして下さいね。

カメラ比較.com の管理人のツイッター



コメント


カメラ比較.com では、コメントやメッセージを受け付けています。
ご意見やご要望、気がついたことなどは、下記から投稿して下さいね。
メールアドレスとウェブサイトは省略可能です。
コメントは承認後に表示されます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

adsense

no image
ポートレイト写真集(栗原優梨亜)Part.2

2015年3月28日に、フレッシュ撮影会にてポートレイト撮影をしてきま

no image
ポートレイト写真集(栗原優梨亜)Part.1

2015年3月28日に、フレッシュ撮影会にてポートレイト撮影をしてきま

panasonic1
パナソニック 「LUMIX GH4」の空間認識AFは他社製レンズでは機能しない。

パナソニックは「LUMIX GH4」を2014年4月24日に発売しまし

nikon
ニコン1で「FXレンズ」に要求される解像度は1億画素以上

ニコンは、2014年3月13日に、「Nikon1 V2」の後継機になる

nikon
ニコン 「1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6」は「土星の輪」も解像する。

ニコンは、2014年6月30日に、「Nikon1」用の望遠レンズ「1

→もっと見る



PAGE TOP ↑