*

三脚を使わずに不安定な場所でカメラを安定させる方法

公開日: : 最終更新日:2014/01/14 デジタルカメラ全般

風景写真や夜景写真を撮影する時は、「三脚」を使って撮影される方が多いと思います。

 

しかし、展望台などのように、場所によっては、三脚が使えない場所もありますし、三脚を広げて撮影をしたくない場所もあります。

 

また、不安定な所にカメラを置いて、水平を取って撮影をしたい時もあります。

例えば、「手すりの上」や「欄干の上」などです。

 

そのような場合、みなさんは、どのような工夫をして撮影されていますでしょうか?

 

カメラ比較.com の管理人は、今まで、いろいろと試行錯誤をしてきました。

 

ハンカチなどを折りたたんで、その上にカメラを置くことは良く使いましたが、これはできる場所がかなり限定されます。

 

水平を取る場合は、折りたたむ回数で、水平の微調整をするのですが、これは簡単そうに見えて、非常に難易度が高いのです。

 

微調整をするたびに、カメラとハンカチを持ち上げますので、次にカメラを置いた時は、調整具合が変わってしまうのです。

 

平らに見える場所でも、実際は平らではないことが多いみたいで、なかなか調整ができません。

 

また、日の出の撮影などは時間との勝負なので、急いでカメラの設置をしたい時が多いのですが、この方法だと、時間がかかりすぎるので、急いでいるときにも使えません。

 

急いでいる時は、手すりなどの台の上に両手を置いて、両手でカメラを支えながら、水平を調整して撮影していましたが、水平を取ることは難しいですし、この方法ではシャッタースピードが遅いとぶれてしまいます。

 

いろいろと試行錯誤していましたが、いい方法が見つからなくて、悩んでいた時期がありました。

 

しかし、現在は、決定版と言える方法が見つかりましたので、その方法をこの記事でお伝えしますね。

 

 

不安定な場所でカメラを安定させたり水平を取る方法

 

不安定な場所や三脚が使えない場所は、いろいろあります。

 

管理人は、特に「手すりの上」で撮影をしたいと思うことが多く、何かいい方法がないかな?

 

といつも悩んでいた頃がありました。

 

その時、何かの雑誌で下記の商品が紹介されているのを見つけたのです。

 

GREEN pod

GREEN pod 国内正規品 

(望遠レンズ用)

 

 

RED pod

RED pod 国内正規品

(ミラーレスやコンパクト、広角レンズ用)

 

ちなみに、カメラ比較.com は、両方とも買いました。

 

どのような商品かというと、三脚を取り付けるねじ穴に取り付けるカメラの台です。

中には「プラスティックの粒」が入っていて、カメラを押しつけると変形します。

 

そのため、水準器があれば「自由雲台」と同じような感覚で、カメラの重心を右や左に傾けることで、簡単に水平を取ることができるのです。

 

また、不安定な場所でも、この台があれば、構図を決めることが簡単にできます。

 

この台がない場合は、カメラを安定させることが難しいので、アバウトな構図になってしまいますが、この台があれば、カメラを下に押しつけることで、カメラを固定できるからです。

 

そのため、2分の1秒程度のシャッタースピードでしたら、スローシャッターでもぶれることなく撮影できることが多いです。

 

さすがに、1秒を超えると、ぶれてしまう場合が多くなりますが、カメラの固定が得意な方でしたら、1秒以上でも可能かもしれません。

 

あと、一番うれしいのは、時間がない時でもすぐに水平を取ったり構図を決めることができることです。

 

三脚のように、脚を広げたりする必要がありませんし、付けっぱなしにすれば、この台を取り付ける時間も短縮できます。

 

付けっぱなしにすると少し重くなりますが、三脚を付けっぱなしにするよりかはずっと軽いです。

 

また、水平を取ったり、構図を決めるのは「自由雲台」のような感じで、調整するだけですので、急いでいる時でも、シャッターチャンスを逃してしまう可能性が激減するのです。

 

そのため、最近は、三脚を使わずに撮影をする場合は、カメラにこの「Green pod」や「Red Pod」と水準器を付けて撮影をすることが多くなりました。

 

三脚を持って行かない時や、三脚が禁止されている所に、夜に撮影にでかける時は、この「Green pod」や「Red Pod」をカバンの中に入れておきます。

 

撮影する時は、「Green pod」や「Red Pod」を取り付けたカメラをどこかに置いて撮影をします。

 

三脚を広げなくてもいいので、あまり目立つこともないですし、構図もすぐに決められますので、急いで撮影をしたい時でも、これがあれば、バッチリです。

 

三脚の代わりにはなりませんが、三脚が禁止の場所で撮影することができるので重宝しています。

 

ちなみに、地面に置けば、ローアングル撮影でも、カメラを傷つけることはありませんし、スローシャッターの撮影も簡単にできます。

 

また、展望台は三脚が禁止されている所が多いですが、この「Green Pod」は禁止されていませんので、展望台で写真を撮るときにも使えます。

 

ひとこと

 

前の記事でご紹介した「水準器」とこの「Green Pod」は、特に、ミラーレスカメラとの相性が抜群です。

 

電子水準器を使うと水平が微妙に傾く理由とその対策

http://camera-hikaku.com/archives/6742

 

風景や日の出の写真などを撮影する時は、ピント合わせはマニュアルにしていますが、ミラーレスカメラの場合、ピントを合わせたい所を「拡大」して合わせることができます。

 

そして、ローアングルの場合、ファインダーを覗くことが困難なシチュエーションがありますが、ミラーレスカメラの場合は、チルト液晶の機種を使えば、モニター画面を見ることも簡単です。

 

もちろん、一眼レフでも「ライブビュー」撮影をすると、モニターの画面を見ながら撮影をすることは可能ですが、ミラーレス一眼との違いは「ミラーショック」です。

 

ライブビューで撮影をすると、ミラーショックがあります。

 

ミラーショックを防ぐモードもありますが、ブラケット撮影などで連写をすることができないため、やはり、風景写真を撮る場合は、ミラーレス一眼の方が向いていると思います。

 

ちなみに、カメラ比較.com では、この「Pod」を2個所有しています。

2個あれば、だるま落としのように、二段重ねをして、高さを稼ぐことも可能です。

 

二段重ねをして撮影をしたことはありませんが、「あと少し高さがあれば・・・」と思うようなシチュエーションがあれば、2段重ねをすることもできますし、もっと高さが欲しい場合は、3段重ねという方法も可能です。

 

展望台などで台の上にカメラを置いて撮影する時は、高さが必要な時がありますので、三脚が使えない所では、二段重ねや三段重ねが有効かも?

 

もちろん、本来の使い方ではありませんので、自己責任で。。。

 

また、この「Pod」をカメラに取り付けておけば、カメラを地面に置くときのショックも和らぎますし、カメラの下部に傷がつくことも防ぐことができます。

 

この「Pod」は「不安定な場所にカメラを固定する」という役割以外にも、カメラのプロテクションとしても役立ちますので、良かったら、参考になさって下さいね。

 

商品情報

 

GREEN pod

RED pod

本日のバーゲン情報
【緊急値下げ】 Canon / Nikon / OLYMPUS / PENTAX

【タイムセール】 一眼レフ・ミラーレス一眼・ビデオカメラ

【70%OFF】 コンパクトデジタルカメラ



adsense

adsense

関連記事

no image

新年、あけましておめでとうございます。

新年、あけましておめでとうございます。   昨年は、たくさんの方々にブログを読んでいた

記事を読む

no image

「蔵Cura 光学レンズ専用クリーナー」のレビュー

クリーナーのレビューの2回目として、今回は「蔵Cura 光学レンズ専用クリーナー」のレビューをお届け

記事を読む

no image

2014年春のお勧めのコンパクトデジカメ(コンデジ)

2014年度のカメラ機器の展示会「CP+2014」が終了しました。 今まではコンパクトデジタル

記事を読む

no image

デル 7万円以下の格安4Kモニターを発売

デルは、28型の4K(3840×2160ドット)ディスプレイを発売することを発表しました。 ア

記事を読む

no image

大量の写真を取捨選択する方法 Part.3

以前の記事は「キャノン編」でしたが、今回は「ニコン編」です。   カメラ比較.com

記事を読む

no image

2013年のデジタル一眼カメラのランキング

2013年は、コンパクトカメラの販売が激減しました。 しかし、BCNランキングによると、デジタル一

記事を読む

no image

ガラス越しの撮影で、映り込みを消す方法

ガラス越しの撮影で一番困るのが「映り込み」ではないでしょうか?   展望台など

記事を読む

no image

気泡が入らないように液晶保護フィルムを貼る方法

液晶保護フィルムを貼る時に、気泡ができてしまい、何度も貼り直した経験がある方も多いのではないでしょう

記事を読む

no image

「阿波おどりのためのストロボライティング講習」をニッシンが開催

ニッシンジャパン株式会社は8月18日に、ニッシンジャパンセミナールームで「阿波おどりのためのストロボ

記事を読む

no image

防湿庫は必要か?

カメラやレンズは放っておくと、カビが生えるとよく言われます。 梅雨の時期は湿度が高いですし、冬と言

記事を読む

写真ブログ


本日の女性ポートレイト・ランキング

本日のデジタル一眼レフカメラ・ランキング

本日のカメラ・レンズ・撮影機材・ランキング

お祭りやイルミネーションの写真集



ツイッター


ちょっと気になるカメラ情報はツイッターでお届けしています。
素敵な写真はリツイートしていますので、是非、フォローして下さいね。

カメラ比較.com の管理人のツイッター



コメント


カメラ比較.com では、コメントやメッセージを受け付けています。
ご意見やご要望、気がついたことなどは、下記から投稿して下さいね。
メールアドレスとウェブサイトは省略可能です。
コメントは承認後に表示されます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

adsense

no image
ポートレイト写真集(栗原優梨亜)Part.2

2015年3月28日に、フレッシュ撮影会にてポートレイト撮影をしてきま

no image
ポートレイト写真集(栗原優梨亜)Part.1

2015年3月28日に、フレッシュ撮影会にてポートレイト撮影をしてきま

panasonic1
パナソニック 「LUMIX GH4」の空間認識AFは他社製レンズでは機能しない。

パナソニックは「LUMIX GH4」を2014年4月24日に発売しまし

nikon
ニコン1で「FXレンズ」に要求される解像度は1億画素以上

ニコンは、2014年3月13日に、「Nikon1 V2」の後継機になる

nikon
ニコン 「1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6」は「土星の輪」も解像する。

ニコンは、2014年6月30日に、「Nikon1」用の望遠レンズ「1

→もっと見る



PAGE TOP ↑