*

センサーについたゴミを自分で除去する方法

公開日: : 最終更新日:2014/02/28 デジタルカメラ全般

センサーについたゴミを除去する場合、サービスセンターに持って行けば、除去してもらえます。

例えば、ニコンの場合は、サービスセンターに持って行くと、1000円でセンサークリーニングをしてもらえます。

ただ、持って行くタイミングにも寄ると思うのですが、待ち時間が非常に長く、今まで2回程度、クリーニングをしてもらっていますが、早くて約1時間は待たないといけませんでした。

サービスセンターに持って行く時間と手間、そして、料金を考えると、やはり、自分でクリーニングできた方がいいです。

毎回1000円を使うのは、ちょっともったいないですよね。

それに、サービスセンターは24時間開いているわけではありませんし、お正月休みなどは、ずっとお休みです。

また、長期で撮影をする場合は、サービスセンターに持って行くことができません。

撮影場所でゴミが入る時もありますが、自分でクリーニングができない場合は、ゴミが写り込んだまま、撮影を続けないといけないのです。

自分でクリーニングができたら、撮影場所でクリーニングをすることもできます。

というわけで、カメラ比較.com では、センサーを自分でクリーニングするために、クリーニングキットを購入しました。

イメージセンサーを除去するキット

センサーについたゴミを除去する場合は、専用のクリーニングキットで行います。

カメラ比較.com では、ペンタックスのクリーニングキットを購入しました。

このクリーニングキットは、ペンタックスのサービスセンターでも使っているそうですので、サービスセンターに頼むのと同じことが自分でできるようになります。

もちろん、ニコンでもキャノンでも、カメラメーカーを問わず使えます。

また、amazonのレビューを読むと、誰でも簡単にできる。

という投稿がたくさんあったのも、この商品を選んだ理由の一つです。

PENTAX イメージセンサークリーニングキット
PENTAX イメージセンサークリーニングキット O-ICK1 39357

センサーについたゴミを取る、というと、少し難しそうなイメージがあると思いますが、このクリーニングキットを使えば、本当に簡単にできてしまいます。

まずは、ホコリのない所で、カメラからレンズをはずします。

次に、カメラによって違いますが、メニューから「センサークリーニング」の項目を選びます。

そして、「クリーニング開始」のボタンをクリックすると、レンズを取り付けるマウントから、センサーが見えるようになります。

その次に、このクリーニングキットのスティック(棒)をセンサーに軽く付けるだけで、ゴミが取れてしまいます。

粘着テープでゴミを取るような感じです。

そして、クリーニングが終われば、電源をオフにすれば、クリーニング完了です。

(説明書がついていますので、最初は説明書を読んでから作業をしましょう。)

センサーのクリーニング前とクリーニング後の写真

今朝、朝日の写真を撮っていると、センサーのゴミに気がつきました。

下記の写真の右上の空の部分に「黒い点」が写っています。

はじめは「鳥かな?」と思ったのですが、何枚撮影しても、同じ場所に写っていましたので「センサーのゴミ」であることに気がつきました。

IMGP0560

そこで、センサーをクリーニングしてから撮影した写真が下記の写真です。

右上のゴミが写ることなく、ばっちりゴミが取れました。

慣れると、1分程度でクリーニングできるようになります。

IMGP0577

※ビルが歪んでいますが、サンプル写真ですので、気にしないで下さい。(笑)


ひとこと

センサーのゴミを取るというと、ちょっと難しそうなイメージがありますが、このクリーニングキットを使えば、粘着テープでゴミを取るような感じで、簡単に取れるようになります。

毎回、クリーニング代も要りませんし、サービスセンターが遠い方でしたら、行くだけで交通費が結構かかると思いますが、このキットを使えば、交通費も必要ありません。

そのことを考えると、コストパフォーマンスは抜群です。

このキットを使って、取れなかったゴミは一回もありませんので、ゴミがつくたびに、毎回サービスセンターに持って行かれている方は、是非、一度使ってみて下さいね。

ちなみに、ファインダーを覗くと、黒い点などが見えている場合でも、写真を撮ればゴミが写っていない場合は、それはセンサーについているゴミではありません。

ファインダーに入り込んだゴミの可能性が高いです。


商品情報

PENTAX イメージセンサークリーニングキット

本日のバーゲン情報
【緊急値下げ】 Canon / Nikon / OLYMPUS / PENTAX

【タイムセール】 一眼レフ・ミラーレス一眼・ビデオカメラ

【70%OFF】 コンパクトデジタルカメラ



adsense

adsense

関連記事

no image

個性的でユニークな写真のタイトルを付ける方法

フォトコンや写真展などで、タイトルで悩んでいる方は、かなり多いのではないでしょうか?  

記事を読む

no image

容量無制限でデータをクラウドに保存できる「bitcasa」のレビュー

管理人は、デジタルカメラで撮影を始めたのが2001年ですので、デジカメ歴は10年以上あります。 &

記事を読む

no image

イコニワークスが自分で組み立てるデジタルカメラ「Bigshot」を発売

海外で2013年8月に発売されたデジタルカメラの自作キット「Bigshot」を10月下旬に国内で発売

記事を読む

no image

イルミネーション撮影のカメラの設定について

カメラ比較.com の管理人は、このブログには掲載していませんが、イルミネーションの写真も撮っていま

記事を読む

no image

デジカメで撮影した写真の焦点距離をファイル名にするフリーソフト

カメラ比較.com では、女性ポートレイト写真のカテゴリーがあり、焦点距離別にポートレイト写真を並べ

記事を読む

no image

夏に使うカメラバッグの選び方

先日、お祭りの写真を撮りに行ってきました。 天候に恵まれましたので、少し太陽にあたると日焼けす

記事を読む

no image

プロ写真家のアドバイス Part.1 構図について

2013年8月18日(日)に、ニッシンジャパン内セミナールームで行われた「阿波おどりのためのストロボ

記事を読む

no image

なかなか外れないレンズフードの外し方

カメラ比較.com では、シグマの「APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM」

記事を読む

no image

三脚を使わずに不安定な場所でカメラを安定させる方法

風景写真や夜景写真を撮影する時は、「三脚」を使って撮影される方が多いと思います。  

記事を読む

no image

「ブルーライト」をカットする目が疲れにくいディスプレイ

カメラ比較.com では、写真の編集作業をしますので、ノートパソコンに外部ディスプレイを繋げて作業を

記事を読む

写真ブログ


本日の女性ポートレイト・ランキング

本日のデジタル一眼レフカメラ・ランキング

本日のカメラ・レンズ・撮影機材・ランキング

お祭りやイルミネーションの写真集



ツイッター


ちょっと気になるカメラ情報はツイッターでお届けしています。
素敵な写真はリツイートしていますので、是非、フォローして下さいね。

カメラ比較.com の管理人のツイッター



コメント


カメラ比較.com では、コメントやメッセージを受け付けています。
ご意見やご要望、気がついたことなどは、下記から投稿して下さいね。
メールアドレスとウェブサイトは省略可能です。
コメントは承認後に表示されます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

adsense

no image
ポートレイト写真集(栗原優梨亜)Part.2

2015年3月28日に、フレッシュ撮影会にてポートレイト撮影をしてきま

no image
ポートレイト写真集(栗原優梨亜)Part.1

2015年3月28日に、フレッシュ撮影会にてポートレイト撮影をしてきま

panasonic1
パナソニック 「LUMIX GH4」の空間認識AFは他社製レンズでは機能しない。

パナソニックは「LUMIX GH4」を2014年4月24日に発売しまし

nikon
ニコン1で「FXレンズ」に要求される解像度は1億画素以上

ニコンは、2014年3月13日に、「Nikon1 V2」の後継機になる

nikon
ニコン 「1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6」は「土星の輪」も解像する。

ニコンは、2014年6月30日に、「Nikon1」用の望遠レンズ「1

→もっと見る



PAGE TOP ↑