*

高解像度ディスプレイのノートパソコンの比較

公開日: : 最終更新日:2014/02/28 写真家向けのパソコン

アップルが高解像度ディスプレイである「Ratina Display」を搭載した「Mac Book Pro」を発表してから、Windows にも、高解像度ディスプレイが搭載されたパソコンが続々と発売されるようになりました。

先陣を切ったのは、東芝の「Dynabook KIRA」の13.3型です。

13.3型で、2,560×1,440ドットのWQHD液晶を搭載しています。

その次は、富士通の14型です。

3200×1800ドットという驚きの高解像度ディスプレイを搭載しています。

その次はレノボの「Yoga 2 Pro」や「Lavie Z」などになると思います。

高解像度というだけで、写真を見るにはぴったり!

と思って、購入してしまいそうになりますが、どれも万能ではありません。

そのために、ノートパソコンを1台購入するだけで、本当に迷いました。

1台購入すると、そのパソコンを何年間も使うためです。

今まで10台以上のパソコンを購入していますが、何回か失敗していますので、失敗はしたくありませんでした。

そして、半年ほど悩んで、やっと1台購入しましたので、その理由と共に、パソコン選びについて、この記事ではお伝えしていきます。

写真家が使う場合のパソコン選び

【1】RAW現像に向いているノートパソコン

いくら高解像度のディスプレイを搭載していても、色が正確でない場合は、RAW現像をするには向いていません。

この点では、アップルの「Mac Book Pro」のRatina Display モデル(13インチと15インチ)と、東芝の「東芝 dynabook KIRA V834/29KS 」と「dynabook KIRA V634/28KS」が向いています。

どちらも、キャリブレーションをしなくても、sRGB に色調整がされていますので、正確な色が表示されます。

マックを使っている方は、必然的に「Mac Book Pro」になると思いますが、Windows を使っておられる方の場合は、東芝の「Dynabook KIRA」がお勧めです。


東芝 dynabook KIRA V834/29KS 東芝 dynabook KIRA V634/28KS
東芝 dynabook KIRA V834/29KS 東芝 dynabook KIRA V634/28KS

【2】日常的に持ち運びをする場合に向いているノートパソコン

写真家は、機材だけでも重たいので、極力パソコンの重さは軽くしたいです。

機材の軽さで選ぶ場合は、NECの「LavieZ」がぴったりです。

なんと、795グラムと超軽量です。

軽さだけで選ぶ場合は、タブレットも候補に入るかもしれませんが、できることが限られています。

そのことを考えると、写真家の方は「Lavie Z」を持ち運ぶ方がずっと効率的です。

NEC PC-LZ750NSB LaVie Z

NEC PC-LZ750NSB LaVie Z

【3】画面が広くて編集作業がしやすいノートパソコン

せっかく撮影した写真だから、大きな画面で見たい!

という場合は、アップルの「Mac Book Pro」のRatina Display モデルの15インチがお勧めですが、Windows の場合は、富士通の「LIFEBOOK UH90」が軽くてお勧めです。

富士通 LIFEBOOK UH90/M

富士通 ウルトラブック LIFEBOOK UH90/M [Office付き] FMVU90MB (スパークリングブラック) 

Mac Book Pro の15インチは、2,880 x 1,800ピクセル。

富士通 は、14インチで、3200×1800ピクセル。

どちらも超高解像度ですので、他のパソコンと比べると、編集作業がしやすくなります。

ただ、RAW編集作業をする場合は、色の正確さが重要になりますので、富士通よりも「Mac Book Pro」の15インチモデルの方がお勧めです。

また、「縦写真」が多い場合は、ディスプレイのアスペクト比が「16:10」の「Mac Book Pro」の方がお勧めです。

「LIFEBOOK UH90」のアスペクト比は「16:9」ですので、横長になります。

高解像度ディスプレイ選びの注意点

カメラ比較.com の管理人が、ノートパソコンを購入することで最後まで悩んでいたのは、高解像度ディスプレイは、メリットだけではなく、デメリットもあることです。

写真を見たり、写真の編集作業をするだけの場合は、デメリットはないと思います。

しかし、仕事でもパソコンを使う場合は、ドットバイドットで表示させた場合、文字が細かすぎて読むことができません。

そのため、文字を大きく表示させたりする設定をされる方がほとんどだと思いますが、画面の設定を変えた場合、高解像度ディスプレイに対応していないパソコンソフトが多いことです。

そのため、レイアウトなどが正確に表示されません。

この具体例が、下記の記事で詳しく説明されています。

http://gigazine.net/news/20140216-high-dpi-lifestyle-painful/

特に、古いパソコンソフトを使う場合は、フォントサイズなどが崩れてしまうパソコンソフトが多いみたいです。

カメラ比較.com の管理人は、なんと、その記事でも紹介されている「Windows Live Writer」を使っているのですが、このソフトを使うと、フォントと画像のサイズがめちゃくちゃになってしまうそうです。

その他にも、「Windows XP」の時から10年間以上も使っている古いソフトがいくつもありますので、高解像度ディスプレイに対応していないと困るソフトがいくつかあります。

アップルの「Mac Book Pro」も発売された当初は、対応していないソフトがたくさんあることが話題になりました。

マックの場合は、今は、多くのソフトが対応されたために、問題はないと思いますが、Windows の高解像度ディスプレイは、発売開始されてから、まだ間もないです。

そのため、Windows の場合は、多くのパソコンソフトが高解像度ディスプレイに対応していくには、最低でもあと1年程度はかかりそうです。

写真を見るだけに購入したり、写真の編修をするためだけに購入する場合は、高解像度ディスプレイのノートパソコンを購入しても、何の問題もありませんが、仕事などでも使う場合は、使用するソフトが高解像度ディスプレイに対応しているかどうかを確認してからの方がいいかもしれません。

カメラ比較.com が購入したパソコンは?

前置きが長くなりましたが、購入を検討していたパソコンは、上記でお伝えしたパソコンです。

しかし、最後の最後で、GIZAZINE の記事を読んで、高解像度ディスプレイを仕事に使うには、高解像度に対応していないソフトが多いことから、まだ時期尚早であると思い直しました。

そして、1台ですべての作業をするのではなく、2台のパソコンを購入することに決めました。

1つは、15インチの「Mac Book Pro」。

(いつになるか分かりませんが、必要になった時に購入します。)

もう一つは、全く候補に入っていなかった「新しいThinkPad X1 Carbon」です。

(現在「ThinkPad X1」を使っていますので、後継機になります。)

「新しいThinkPad X1 Carbon」には、高解像度モデルもあるのですが、あえて「1600×900ピクセル」の方を購入しました。

「新しいThinkPad X1 Carbon」を選んだ理由は、14インチなので画面が大きいにも関わらず、約1.3キロと小型軽量であること。

今、使っているパソコン「ThinkPad X1」は、13.3インチの「1366×768ピクセル」なのですが、縦のピクセルが短いことが不満でしたので、1600×900ピクセルあれば、不便さが解消されそうです。

それ以外に、バッテリーが14時間持つことも大きな理由の一つです。

実際に使える時間は、公称値の半分程度と考えると、追加バッテリーなしで、7時間程度は持つのではないでしょうか?

現在使っているパソコンは、追加のバッテリーをつけても、実質5時間程度しか持ちません。

そのため、買い換えることで、ACアダプターと追加バッテリーを持ち運ぶ必要がなくなるので、荷物がかなり軽くなります。

ちなみに、RAW現像をする場合は、「ThinkPad X1」の色は正確ではないため、今まで通り、自宅で、外部ディスプレイに接続して作業をすることで対応します。

外出先ではRAW現像の作業ができないのが残念ですが、この点は割り切ることにしました。

ひとこと

悩みに悩んで購入しましたが、最後は、写真用と仕事用で別けることに決めました。

仕事で古いソフトを使わなければ、高解像度モデルでも問題はないのですが、古いソフトをいくつも使っていますので、仕方がありません。。。

マックをずっと使っている方は、Windows パソコンは候補には入らないと思いますが、Windows をずっと使い続けていると、Windows パソコンで使っているソフトを手放すことは、かなり難しいのです。

高解像度モデルには、デメリットもありますので、その点だけは注意して下さいね。

ちなみに、Mac が候補に入らない方が、RAW現像ができるパソコンを購入するとなれば、東芝の「dynabook KIRA V634/28K」が一番いいと思います。

東芝 dynabook KIRA V634/28K

東芝 dynabook KIRA V634/28KS

こちらに関しては、以前、記事に書いていますので、パソコンの購入を検討されている方は、是非、下記の記事も読んでみて下さいね。

dynabook KIRA V634/28Kについて

http://camera-hikaku.com/archives/6912


商品情報

東芝 dynabook KIRA V634/28K

NEC PC-LZ750NSB LaVie Z

富士通 LIFEBOOK UH90/M

Mac Book Pro

本日のバーゲン情報
【緊急値下げ】 Canon / Nikon / OLYMPUS / PENTAX

【タイムセール】 一眼レフ・ミラーレス一眼・ビデオカメラ

【70%OFF】 コンパクトデジタルカメラ



adsense

adsense

関連記事

no image

デル 7万円以下の格安4Kモニターを発売

デルは、28型の4K(3840×2160ドット)ディスプレイを発売することを発表しました。 ア

記事を読む

no image

RAW現像ができる「IGZO液晶」のノートパソコン

カメラ比較.com では、RAW現像ができるノートパソコンの購入を検討しています。  

記事を読む

no image

最速のRAW画像表示ソフト「PhotoMechanic」 レビュー

フィルムカメラで撮影をしていた方が、デジタルカメラで撮影するようになると、一番変化があるのは、撮影枚

記事を読む

no image

Googleが新型ノートPC「Choromebook Pixel」を発売

Google がアスペクト比3:2 で、視野角が178度、更に2560×1700という高解像度のIP

記事を読む

no image

フリーソフトで回復できなかった画像が回復できた付録のソフト

PowerShot N で撮影した写真のデータは、microSDHCカードに入っています。 

記事を読む

no image

焦点距離をファイル名にする方法

「PENTAX-DA★60-250mmF4ED ポートレイト撮影」の記事では、焦点距離別にポートレイ

記事を読む

no image

パソコンで縦写真を縦のまま大きく見る方法

パソコンで縦写真を見ると、ディスプレイが横長のため、横写真と比べると、半分以下の大きさになってしまい

記事を読む

no image

アドビ 「Premiere Elements 12」の動画編集について

アドビが「Adobe Premiere Elements 12」をのダウンロード版を2013年9月2

記事を読む

microsoft

マイクロソフト 写真鑑賞にぴったりの「Surface Pro 3」を発表

マイクロソフトは、5月20日、Windowsタブレットの最新モデル「Surface Pro 3」を発

記事を読む

no image

デジカメのアスペクト比について

デジタルカメラで設定できるアスペクト比は、最近は4種類の設定できる機種が増えてきました。 少し前ま

記事を読む

写真ブログ


本日の女性ポートレイト・ランキング

本日のデジタル一眼レフカメラ・ランキング

本日のカメラ・レンズ・撮影機材・ランキング

お祭りやイルミネーションの写真集



ツイッター


ちょっと気になるカメラ情報はツイッターでお届けしています。
素敵な写真はリツイートしていますので、是非、フォローして下さいね。

カメラ比較.com の管理人のツイッター



コメント


カメラ比較.com では、コメントやメッセージを受け付けています。
ご意見やご要望、気がついたことなどは、下記から投稿して下さいね。
メールアドレスとウェブサイトは省略可能です。
コメントは承認後に表示されます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

adsense

no image
ポートレイト写真集(栗原優梨亜)Part.2

2015年3月28日に、フレッシュ撮影会にてポートレイト撮影をしてきま

no image
ポートレイト写真集(栗原優梨亜)Part.1

2015年3月28日に、フレッシュ撮影会にてポートレイト撮影をしてきま

panasonic1
パナソニック 「LUMIX GH4」の空間認識AFは他社製レンズでは機能しない。

パナソニックは「LUMIX GH4」を2014年4月24日に発売しまし

nikon
ニコン1で「FXレンズ」に要求される解像度は1億画素以上

ニコンは、2014年3月13日に、「Nikon1 V2」の後継機になる

nikon
ニコン 「1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6」は「土星の輪」も解像する。

ニコンは、2014年6月30日に、「Nikon1」用の望遠レンズ「1

→もっと見る



PAGE TOP ↑