*

ソニー 「NEX-7」と「α6000」の比較

公開日: : 最終更新日:2014/05/04 ソニー, ミラーレスカメラ比較 ,

ソニーは2014年2月13日に、「NEX-7」と「NEX-6」の後継機になる「α6000」を発表しました。

SONY(ソニー) α6000

SONY(ソニー) α6000 パワーズームレンズキット(ブラック/デジタル一眼) ILCE-6000L B 

実売価格は、ボディーのみで、68,000円前後、レンズキットで83,000円前後で、3月14日に発売される予定です。

「NEX-6」と「NEX-7」の2機種の後継機を兼ねることになりますが、ネーミングから考えると「α7000」のように「7」が使われていませんので、上位機種である「NEX-7」と比較した場合、何が違うのか、気になる方も多いのではないでしょうか?

そこで、早速ですが「NEX-7」との比較をしていきますね。

SONY(ソニー)NEX-7

SONY ミラーレス一眼カメラ α NEX-7 ズームレンズキット NEX-7K

「NEX-7」と「α6000」の違い

【1】AFの方式が違う!

NEX-7・・・コントラストAF

α6000・・・179点像面位相差AFとコントラストAFのハイブリッド

「α6000」の画素数は「NEX-7」と同じ約2430万画素です。

しかし、センサーに「像面位相差AF」を搭載しています。

「α6000」は、世界最速0.06秒のAFをアピールしていますが、AFのスピードがかなり速くなりました。

また、像面位相差AFを搭載していますので、動く被写体にも対応しています。

【2】動体予測が違う!

NEX-7・・・動体予測なし

α6000・・・動体予測あり

「α6000」は、動く被写体でもピントを合わせることができる動体予測に対応しています。

「NEX-7」は、追尾フォーカスはありますが、動体予測には対応していないため、特に前後に動く被写体を撮影する場合、ピントを合わせることはできません。

【3】連写速度が違う!

NEX-7・・・約10コマ/秒(AFと露出固定)

α6000・・・約11コマ/秒(AF追随)

「NEX-7」の連写は、ピントと露出が1コマ目に固定されますが、「α6000」では、AF追従で、約11コマ/秒の連写が可能です。

【4】画像処理エンジンが違う!

NEX-7・・・BIONZ

α6000・・・BIONZ X(ビオンズ エックス)

α6000では、新世代の高速画像処理エンジンを搭載したことで、高精細感を忠実に再現したり、回折ぼけを低減したり、ノイズを低減することが可能になりました。

【5】ISO感度が違う!

NEX-7・・・ISO100~1600(ISO AUTO)

α6000・・・ISO100~25600(ISO AUTO)

α6000は、高感度に非常に強くなりました。

画像処理エンジンが新世代になっていることと、新しいセンサーを搭載していることで、「NEX-7」と比べると、なんと4段分も高感度に強くなっています。

【6】ファインダーが違う!

NEX-7・・・0.5型、約235万ドット

α6000・・・0.39型、約144万ドット

「NEX-7」の方が少し大きく、高解像度の有機ELファインダーを搭載しています。

【7】操作性が違う!

NEX-7・・・「Tri-Dial Navi(トライ ダイヤル ナビ)」を搭載

α6000・・・「Tri-Dial Navi(トライ ダイヤル ナビ)」はなし

「NEX-7」は、自由に設定できる3つのダイヤルを搭載していることが特長でしたが、「α6000」では、その特長は受け継がれずに、モードダイヤルとコントロールダイヤルだけになりました。

【8】Wifi対応やNFCの対応が違う!

NEX-7・・・Wifi機能なし

α6000・・・Wifi機能を搭載、NFCにも対応

「α6000」では、NFCに対応し、Wifi機能も搭載していますので、スマートフォンとの連携が簡単にできます。

【9】ピクチャーエフェクトが違う!

NEX-7・・・11種類

α6000・・・13種類

「α6000」では、水彩画調とイラスト調が加わりました。

ただ、既存のピクチャーエフェクトでも、かけられる効果がかなり増えていますので、ピクチャーエフェクトに関しては、「α6000」の方が圧倒的に多彩な効果をかけることができます。

【10】ホットシューが違う!

NEX-7・・・オートロックアクセサリーシュー

α6000・・・マルチインターフェイスシューを採用

α6000 と NEX-7 では、ホットシューが違いますので、外付けのフラッシュなどを使う方は、注意が必要です。

【11】マイクが違う!

NEX-7・・・外部マイク端子を搭載。

α6000・・・マイク端子なし。

α6000は、マイク端子がありませんので、動画を撮影される方は、注意が必要です。

ただ、マルチインターフェイスシューを使うことで、ソニーのマイクを使うことができます。

α6000の外部マイクについて

 

ひとこと

細々とした違いは他にもありますが、「NEX-7」と「α6000」の大きな違いは上記の11点になります。

上記の違いを見ると分かりますが、「α6000」は「NEX-7」と比較すると、スペックダウンしている所も多いです。

どのような所がスペックダウンしているかというと、趣味性が高い所です。

例えば、トライダイヤルナビは、カメラが大好きな方は、あるとうれしい機能ですが、なくても困ることはありません。

また、ファインダーのスペックが落ちていますが、ほとんどの方は、液晶モニターを見ながら撮影しますので、スペックが落ちていても困ることはありません。

動画を撮影する場合は、高音質で記録したい場合は、マイク端子は必須ですが、外部マイクをつけて撮影される方は、一握りしかいません。

カメラにこだわりがある方は「NEX-7」の方が楽しく撮影ができることは確かですが、9割以上の方にとっては、「α6000」で十分です。

そのため、操作性にこだわる方、ファインダーの画素数にこだわる方、動画の音質にこだわる方は、「NEX-7」を選んだ方がいいのですが、それ以外の方は「α6000」を選んでも問題ないと思います。

趣味性が高いカメラを購入される方は「α7」を購入すると、ソニーは判断したのかもしれませんね。

SONY デジタル一眼カメラ α7

SONY デジタル一眼カメラ α7ズームレンズキット ILCE-7K/B

ちなみに、「NEX-7」と「α6000」の大きな違いは、AFになると思いますが、それ以外に「高感度」の対応もびっくりするほど違います。

「NEX-7」では「オート設定時」は、ISO1600までだったのが、「α6000」では、ISO25600まで対応になっているのです。

ISO感度のオート設定は、マニュアルで設定できる感度と違い、ノイズが目立たない範囲になると思いますので、α6000では高感度ノイズが激減していると思われます。

ちなみに、NEX-7 では、マニュアル設定で、ISO 16000まで設定することは可能ですが、ノイズが多いと思いますので、あくまでも非常用です。

実用上で使うことができる感度は、基本的にISO AUTO で設定している範囲が目安になりますが、「α6000」は、約2430万画素で、オート設定でISO25600 に対応しているとは、「BIONZ X」の画像処理能力が、一世代前とは比較にならないほど進化していることの証明ですね。

以前は、ISO6400でも凄い!と思っていたのですが、高感度の進化はとどまるところがありません。。。

商品情報

SONY(ソニー)NEX-7

SONY(ソニー) α6000

SONY デジタル一眼カメラ α7

本日のバーゲン情報
【緊急値下げ】 Canon / Nikon / OLYMPUS / PENTAX

【タイムセール】 一眼レフ・ミラーレス一眼・ビデオカメラ

【70%OFF】 コンパクトデジタルカメラ



adsense

adsense

関連記事

sony1

ソニー 「α77Ⅱ」について

ソニーは、2014年5月1日、「α77Ⅱ」を海外で発表しました。 品番は「SLT-A77Ⅱ」になり

記事を読む

sony1

ソニー 「はじめよう一眼キャンペーン」の対象商品について

ソニーが応募者全員に、もれなく5000円のキャッシュバックがある「はじめよう一眼キャンペーン」を20

記事を読む

sony1

ソニー カタログに掲載されていない「α7」と「α7R」の詳細スペック

デジタルカメラマガジンの2014年1月号を購入してきました。   デジタルカメラマガジン

記事を読む

sony1

ソニーがバックアップ専用のSDカードを発表

ソニーが、パソコンのカードスロットに入れておくだけで、自動的にパソコン内の指定されたフォルダのデータ

記事を読む

sony1

ソニー 「α77Ⅱ」の価格について

ソニーは、2014年5月1日、「α77」の後継機となる「α77Ⅱ」を海外で発表しました。 SONY

記事を読む

tamron

タムロンの「SP 70-200mm F2.8 Di USD」のソニー用の発売日が決定

株式会社タムロンが「SP 70-200mm F2.8 Di USD」(Model A009)のソニー

記事を読む

sony1

ソニーがミラーレス一眼の「NEX-3N」を発表

ソニーがミラーレス一眼のエントリーモデルの「NEX-3N」を発表しました。 発売日は、3月8日で、

記事を読む

olympus

オリンパス 「E-P5」と「E-PL6」の比較

オリンパスが2013年5月10日に、ミラーレス一眼カメラの「E-P5」と「E-PL6」を発表しました

記事を読む

fuji

富士フィルム 「X-M1」と「X-A1」の比較

富士フイルムは2013年9月17日、ミラーレスカメラのエントリーモデル「FUJIFILM X-A1」

記事を読む

sony1

ソニーのレンズ型デジカメ「QX100」のレビュー

ソニーが2013年9月12日にレンズ型デジカメ「DSC-QX100」と「DSC-QX10」が10月2

記事を読む

写真ブログ


本日の女性ポートレイト・ランキング

本日のデジタル一眼レフカメラ・ランキング

本日のカメラ・レンズ・撮影機材・ランキング

お祭りやイルミネーションの写真集



ツイッター


ちょっと気になるカメラ情報はツイッターでお届けしています。
素敵な写真はリツイートしていますので、是非、フォローして下さいね。

カメラ比較.com の管理人のツイッター



コメント


カメラ比較.com では、コメントやメッセージを受け付けています。
ご意見やご要望、気がついたことなどは、下記から投稿して下さいね。
メールアドレスとウェブサイトは省略可能です。
コメントは承認後に表示されます。

Comment

  1. まちゃ より:

    α6000の内蔵マイクはステレオじゃなかったですか?
    間違いであれば失礼しました。

    • admin より:

      まちゃさん、ご指摘ありがとうございました!
      確かに、ステレオマイクでした。
      修正完了です。(管理人)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

adsense

no image
ポートレイト写真集(栗原優梨亜)Part.2

2015年3月28日に、フレッシュ撮影会にてポートレイト撮影をしてきま

no image
ポートレイト写真集(栗原優梨亜)Part.1

2015年3月28日に、フレッシュ撮影会にてポートレイト撮影をしてきま

panasonic1
パナソニック 「LUMIX GH4」の空間認識AFは他社製レンズでは機能しない。

パナソニックは「LUMIX GH4」を2014年4月24日に発売しまし

nikon
ニコン1で「FXレンズ」に要求される解像度は1億画素以上

ニコンは、2014年3月13日に、「Nikon1 V2」の後継機になる

nikon
ニコン 「1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6」は「土星の輪」も解像する。

ニコンは、2014年6月30日に、「Nikon1」用の望遠レンズ「1

→もっと見る



PAGE TOP ↑