*

キャノン APS-C用の超広角ズーム 「EF-S 10-18mm F4.5-5.6 IS STM」を発表

公開日: : キャノン

キャノンは、2014年5月13日、APS-C用の超広角ズームレンズ「EF-S 10-18mm F4.5-5.6 IS STM」を6月上旬に発売することを発表しました。

amazonでは、42,228円で予約受付をしています。

Canon  EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM

Canon 超広角ズームレンズ EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM APS-C対応 EF-S10-18ISSTM

「EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM」との違い

キャノンのAPS-C用の超広角ズームレンズは、今回発表されたレンズが2本目になります。

1本目に発売されたレンズは、約10年前の2004年11月に発売された「EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM」になります。

Canon  EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

Canon 超広角ズームレンズ EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM APS-C対応

スペックは少し違いますので、早速、比較をしていきます。

【1】 画角が違う!

現行レンズ:10-22mm(16-35mm相当)

新レンズ:10-18mm(16-28mm相当)

望遠側の画角が違います。

28mmと35mmですので、利便性は現行レンズの方が上です。

【2】 F値が違う!

現行レンズ:F3.5-4.5

新レンズ:F4.5-5.6

F値が少し暗くなりました。

ただ、最近発売されているカメラは、現行レンズが発売された時と比べると、高感度がかなり良くなっていますので、約1段分暗くなっても、実用上困ることはないかもしれません。

【3】 手ぶれ補正が違う!

現行レンズ:手ぶれ補正なし

新レンズ:4段分の手ぶれ補正あり

新レンズには手ぶれ補正が付きました。

F値が約1段分暗くなっても、4段分の手ぶれ補正がありますので、薄暗い所での撮影に関してのF値が暗いデメリットはかなり解消されそうです。

【4】 モーターが違う!

現行レンズ:超音波モーター搭載

新レンズ:ステッピングモーター搭載

現行レンズは、超音波モーターを採用していますので、光学ファインダーでの撮影には向いていますが、ライブビューの撮影には向いていません。

新レンズは、ライブビューのコントラストAFにも向いている「ステッピングモーター」を採用しています。

動画撮影やライブビュー撮影をする場合は、新レンズの方が向いています。

【5】 フィルター径が違う!

現行レンズ:77mm

新レンズ:67mm

フィルター径が1センチ小さくなりました。

【6】 最短撮影距離が違う!

現行レンズ:24cm

新レンズ:22cm

少しだけ最短撮影距離が短くなりました。

【7】 大きさが違う!

現行レンズ:83.5×89.8mm

新レンズ:74.6×72mm

大きさは一回り小さくなりました。

【8】 重さが違う!

現行レンズ:386g

新レンズ:約240g

約150グラム、軽くなりました。

【9】 価格が違う!

現行レンズ:約78000円

新レンズ:約42000円

amazonの価格では、約35000円の価格差があります。

Canon  EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

Canon  EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM

 

ひとこと

今回のレンズを簡単に説明をすると「小型軽量。動画やライブビューに対応。手ぶれ補正付き。」のレンズになります。

小型軽量の「EOS Kiss」やライブビューが早い「EOS 70D」に向いていると思います。

小型軽量のレンズですので、標準ズームレンズと一緒に、気軽にもう1本レンズをバッグに入れておくことができそうですね。

大きいレンズの場合は、バッグに入れるか入れないか迷いますので。。。

ただ、小型軽量になった分、望遠側が35mmまでカバーしていません。

そのため、第二の標準レンズとして使うには、少し物足りないかもしれません。

カメラ比較.com では「EOS 7D」を使っていますが、動画の撮影はすることなく、静止画専用として使っています。

カメラに1本だけつけてスナップ撮影をする場合は、現行レンズの方が便利だと思いますので、少し大きくて重たくなりますけれど、どちらか1本を購入するとなれば、新レンズではなく、現行レンズを購入すると思います。

ただ、動画を撮影される方は、必ず新レンズを選んで下さいね。

現行レンズで動画を撮影する場合は、AFがかなり厳しくなりますので。。。

 

商品情報

Canon  EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM

Canon  EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

本日のバーゲン情報
【緊急値下げ】 Canon / Nikon / OLYMPUS / PENTAX

【タイムセール】 一眼レフ・ミラーレス一眼・ビデオカメラ

【70%OFF】 コンパクトデジタルカメラ



adsense

adsense

関連記事

no image

比較明合成ができるデジタルカメラは?

「比較明合成」の写真が簡単にできるデジタルカメラが続々と発売されています。 「比較明合成」とは、複

記事を読む

canon

PowerShot 「S120」と「S110」の比較

キヤノンが「PowerShot S120」を2013年9月下旬に発売することを発表しました。「Pow

記事を読む

canon

Canon PowerShot N レビュー Part.3

PowerShot N のレビューの3回目です。   3回目となるこの記事では

記事を読む

canon

キャノンの「PowerShot N」が4月12日から受け付け再開

3月12日の申込み受付開始日に、即日、購入の申込み受付が終了したキャノンの「PowerShot N」

記事を読む

canon

キャノン 「EOS M」と「EOS Kiss X7」の比較

キャノンが2013年12月3日に、ミラーレス一眼「EOS M2」を発表しました。 「EOS M」の

記事を読む

canon

Canon PowerShot N レビュー Part.2

キャノンのPowerShot N が到着して、3日間使用しましたので、そのレビューです。 &n

記事を読む

canon

キヤノン 「PowerShot S120」の特徴

キヤノンが「PowerShot S120」を2013年9月下旬に発売することを発表しました。 「P

記事を読む

canon

キヤノンが「EOS-1Ds Mark III」「EOS-1D Mark IV」「EOS-1D Mark III」の最新ファームウェアを公開

キヤノンが「EOS-1Ds Mark III」「EOS-1D Mark IV」「EOS-1D Mar

記事を読む

cosina

コシナが「カールツァイスApo Sonnar T* 2/135」の発売日を発表

コシナが「カールツァイス」の交換レンズ「Apo Sonnar T* 2/135」のキャノン用とニコン

記事を読む

canon

キャノン 「PowerShot S120」の星空モードについて

キャノンが2013年9月12日に「PowerShot S120」を発売しました。  

記事を読む

写真ブログ


本日の女性ポートレイト・ランキング

本日のデジタル一眼レフカメラ・ランキング

本日のカメラ・レンズ・撮影機材・ランキング

お祭りやイルミネーションの写真集



ツイッター


ちょっと気になるカメラ情報はツイッターでお届けしています。
素敵な写真はリツイートしていますので、是非、フォローして下さいね。

カメラ比較.com の管理人のツイッター



コメント


カメラ比較.com では、コメントやメッセージを受け付けています。
ご意見やご要望、気がついたことなどは、下記から投稿して下さいね。
メールアドレスとウェブサイトは省略可能です。
コメントは承認後に表示されます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

adsense

no image
ポートレイト写真集(栗原優梨亜)Part.2

2015年3月28日に、フレッシュ撮影会にてポートレイト撮影をしてきま

no image
ポートレイト写真集(栗原優梨亜)Part.1

2015年3月28日に、フレッシュ撮影会にてポートレイト撮影をしてきま

panasonic1
パナソニック 「LUMIX GH4」の空間認識AFは他社製レンズでは機能しない。

パナソニックは「LUMIX GH4」を2014年4月24日に発売しまし

nikon
ニコン1で「FXレンズ」に要求される解像度は1億画素以上

ニコンは、2014年3月13日に、「Nikon1 V2」の後継機になる

nikon
ニコン 「1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6」は「土星の輪」も解像する。

ニコンは、2014年6月30日に、「Nikon1」用の望遠レンズ「1

→もっと見る



PAGE TOP ↑