デジタルカメラの性能の見極め方

デジタルカメラが必要となるシーンと言えば、結婚式や入学式に運動会といったセレモニーであったり、家族旅行の撮影に利用するという方が多いことでしょう。
iPhoneやスマートフォンでも大丈夫!という方もいらっしゃいます。確かに、近年スマホの手振れ補正などの機能も備わり、性能は向上していますので問題視しないのも分からなくもありません。

ですが、コンパクトカメラや一眼レフに搭載されている「センサー」が大きいので細やかな画質で写真に残す場合にはデジタルカメラがベストチョイスになります。
また、iso感度や露出にしぼり(F値)の調整を詳細に行えるのがデジタルカメラの特徴でもあり、スマートフォンに備わっていてもイメージ通りまでの調整が困難となるケースがあるので、デジタルカメラを購入したいという方は少なくはありません。

また、デジタルカメラの性能はメーカーによっても異なってきます。
一万円以下の価格帯のCanon(キャノン)とNikon(ニコン)のカメラであっても、軽量化されている薄型や防水機能に画質の色味といった機能面でも違いが生じるため、カメラ個体の性能、ブランドの強みや特徴を知ることは、しっかりと失敗なく購入できるコツでもあります。

デジタルカメラの両巨塔のCanonとNikon

カメラメーカは、国内ブランドであればOLYMPUS(オリンパス)やSONY(ソニー)にPanasonic(パナソニック)、海外ブランドですとLeica(ライカ)やMinox(ミノックス)にKodak(コダック)などのメーカーもありますが、日本でカメラと言えばCanonとNikonの2社が性能・人気ともに群を抜いています。

フィルムカメラの時代から、CanonとNikonの両巨塔が市場を席巻していたこともあり、デジタルカメラへ移行しても、その人気は変わっていません。そのため、市場でデジタルカメラを購入しようと考える方の大半はCanonとNikonで迷う事が多いでしょう。

CanonとNikonでの購入を迷った場合に、どういった性能の違いがあるのか知っておきましょう。自然な発色を得意とするNikonは風景写真、明るい写真を得意とするCanonは子供撮影などのポートレートに適していると言われています。このようにブランドによっても特徴がありますので、初心者の方は使用するシーンに適したカメラを選ぶことをおすすめします。

  • パナソニック デジタルカメラ DC-FZ1000M2

    パナソニック デジタルカメラ DC-FZ1000M2
    101,925

    大型1.0型センサー、光学16倍ズームレンズを搭載。有効画素数2010万画素、ノイズを抑えながら高画質・高解像度の撮影が実現。光量の少ないシチュエーションにも対応、暗い室内や夜景においてもキレイな画づくりができる。撮影したRAW形式データは、本体内でJPEGに現像。現像前には、さまざまな画質設定の調整も可能。

    101,925
  • パナソニック デジタルカメラ DMC-FZH1

    パナソニック デジタルカメラ DMC-FZH1
    120,500

    光学20倍ズーム、広角から超望遠まで幅広くカバー、高画質な写真描写とプロフェッショナルな動画撮影を実現、高倍率ハイブリッドレンズ一体型モデル。NDフィルター内蔵、晴天下や逆光など、撮影環境にとらわれない画づくり。また、レンズシフト式手ブレ補正を搭載、写真だけでなく動画撮影もサポート、より美しい記録が可能に。

    120,500